校長からのメッセージ


メッセージ          

本校は、全国公立高校唯一の保育科、県内唯一の家政科学科そして普通科の三つの科を設置し、平成27年に創立50周年を迎えた伝統ある女子高校です。豊かな緑に囲まれ、静かで落ち着いた環境の中で、「社会人として自立し、地域に貢献できる女性やスペシャリストを育てる」ことを目標に、幅広い教育活動を推進しています。

 

保育科・家政科学科では、家庭に関する各分野のスペシャリストを育成するため、特色ある教育活動を展開しています。
文化祭恒例の「こどものくに」や「ファッションショー」は、その成果の一つです。

 

普通科では、少人数制による授業で、生徒一人一人の学力向上に努め、充実した教育活動を展開しています。専門学科併設の特色を生かした選択科目も充実しており、一日保育体験授業も行っています。

【中学生のみなさんへ】

 

本校では、一日体験入学、体験入部や文化祭など、本校の教育活動に触れていただける様々な機会をたくさんご用意しております。ぜひ一度お越しいただき、皆さん自身の目で、本校の恵まれた環境と躍動する生徒の姿を確かめてみてください。
                                 

校長 亀山 典幸(かめやま のりゆき)

校長室だより

校長日誌

入試会場設営

明日は高校入試です。中学生の皆さんはこの日のために勉強などずっと頑張ってきたことと思います。受け入れ側も万全の態勢で準備いたしました。安心して受験してください。

 

予餞会

2月10日(月)生徒会主催の予餞会を行いました。例年行われている恒例行事です。

 

【PROGRAM】

開会式

演劇部  合唱部  筝曲部  有志  吹奏楽部  チアダンス部

人形劇部  バレー部  ギター部  ダンス部  生徒会企画  3年職員

閉会式

 

3年生への想いをこめて、1,2年生や先生方が長い時間をかけて準備、練習していました。

前の週の3日間を使い、ステージのリハーサルを行いました。リハーサルも真剣そのもの。

「3年生に感謝の気持ちを伝えたい」これがこの会のコンセプトでした。

素晴らしい感動的なステージ、予餞会になりました。企画担当した生徒会の皆さん、演じた1,2年生の明さん、指導した先生方、いろいろとありがとうございました。

                    予餞会 ステージ看板

 

 

学年末考査

学年末考査期間中です。試験は日頃の勉強の成果を絶好の機会です。教科書、ノート、授業中に配布されたプリントや資料もしっかりと確認してください。中学生の皆さんも入試を見据えて頑張っています。生徒の皆さんも決してあきらめずに、でき得る限りのことをしてください。皆さんの健闘を祈ります。

 

保育科生徒作成 ロータリー掲示板

正門を入るとロータリーの右わきに掲示板があります。この掲示板には毎月、その月や季節をイメージさせるモチーフを題材にした切り絵が貼られています。保育科の1年生がデザインを考え順番に飾ってくれます。とても評判がよく、生徒、教職員はもちろんのこと、お客さんなど来校者の皆さんを楽しませてくれています。保育科の皆さん、指導している先生方、ありがとうございます。

                      10月の掲示板

       2月の掲示板

 

学校評議員会、鴻巣女子高校を考える会

2月3日(月)「学校評議員会、鴻巣女子高校を考える会」を開催しました。評議員会等の皆様の他に、各学年代表の生徒4名にも出席してもらい、今年度の取組や成果について発表してもらいました。

挨拶および今年度の取組・現状、概略説明に続き、学校自己評価シートに基づいて各領域の取組状況や達成状況、各学年の教育活動や現状等について説明いたしました。 

また、生徒による学習成果発表として、パワーポイント等を使いながら、1年生保育科の生徒はホームプロジェクト、部活動の活動状況、そしてそれらの活動をとおして身につけた継続することの大切さや日々の生活について発表しました。 

2年生普通科の生徒は修学旅行、修学旅行新聞の作成、平和学習、民泊での体験、旅行委員長としての取組、思い出レポートの作成や生徒会活動、全校生徒の意見の集約、意見箱の活用、校外での活動、ボランティア、また学校の授業の魅力、分かりやすい授業等について発表しました。 

3年生は、実際の映像を映し出しながら、2人が発表しました。普通科の生徒は、体育祭のソーランの取組、ダンスリーダーとしての活動、クラス各人の振り付け・フォーメーションを考えるポイント、協力することの大切さについて語るとともに、自分の進路を考える上で、介護に関わっている家族の仕事を参考に、人の役に立ちたいとの視点から大学進学を考えたこと、面接練習や充実した高校生活について発表しました。 

2人目の家政科学科の生徒は、約1年間をかけて2、3着の洋服や和服の衣装を製作し、自分たちで演出、音響、照明なども行う文化祭のファッションショー、特に構成の仕方は歴代の先輩たちと同じにならないようにする工夫、リーダーとしての苦労と喜び、そして進路に向けた意識、取組、家族や先生方とのやり取りや本校に在学した喜び等について話してくれました。 

委員の皆様方からは、「全体としてこれまで以上に非常によく頑張っているという印象を持っている。」「3学科ともに生徒が前向きに学校生活を送っている様子がよくわかるし、それが学校行事や進路実績にも見られる」など、今年度の取組状況について非常に肯定的な評価を頂きました。

関係の皆様方、一年間本当にありがとうございました。頂いた様々な意見を今後の教育活動に反映させていきたいと思います。今後ともよろしくお願いします。参加された生徒の皆さんや先生方もお疲れさまでした。ありがとうございました。

 

産業・情報技術等指導者養成研修報告会

過日、産業・情報技術等指導者養成研修報告会に参加しました。これは、つくば市の教職員支援機構が主催者、文科省、教育関係団体、大学等が共催となり、全国各都道府県から代表の先生方を集めて実施された研修会です。

ねらいは、急速に発展・進歩する産業技術、情報技術等に関して、各学校における実習等の授業の質の向上を図るため、情報化・技術革新、その他、社会情勢の変化に適切に対応した最新の知識・技術を取得し、各学校でその内容をいかした授業を展開していこうというものです。

先生方も時代の流れを意識し、敏感に反応しながら、新しい知識・技術を身につけ、授業で実践しようと日々頑張っています。生徒の皆さんも、教科書や資料集はもちろんのこと、各授業で配布されるプリントや資料もしっかりと学習して、身につけて欲しいと思います。

 

家政科学科 集団調理

2月6日(木)、13日(木)家政科学科の2年生が集団調理の実習を行いました。第1調理室で作り、第2調理室に配膳して、皆でいただきました。

 

【2月6日(木)】

menu

main

 ボンゴレパスタ

 チキン南蛮

 トマトのカプレーゼ

 カラフル焼売(シュウマイ)

 春雨サラダ

soup

  ミネストローネ

dessert

 ガトーショコラ

 

【2月13日(木)】

お品書き

前菜   

  春雨サラダ

汁物   

  卵スープ

主菜   

  油淋鶏(ユーリンチー)

副菜   

  エビチリ

  チンジャオロース

主食   

  かにレタスチャーハン

デザート 

  とろける杏仁豆腐

 

食べる前には、作った生徒がそれぞれの料理を作る際に注意した点、工夫のポイントなどについて発表し、食後は代表の先生が感想も含めてお礼の挨拶をしました。細かいところまで気配りできた料理でした。食物調理を専門に学習している生徒だけあり、非常に美味しくできあがりました。生徒の皆さん、指導の先生、ありがとうございました。お疲れさまでした。

             2月6日 献立表と説明

      2月13日 献立表と説明

      写真は2月6日のものです

高校入試 願書受付

間もなく高校入試です。今日から入学願書等の提出期間となります。

令和2年2月17日(月)午前9時から正午まで及び午後1時から午後4時30分まで

令和2年2月18日(火)午後9時から正午まで

となっています。

2月13日(木)の夕方には担当の教職員がシートを敷き、ベルトパーテンションを設置して、中学生の皆さんをあまりお待たせしなくて済むように、入学願書や受験票等の提出の事務作業が円滑に進むように準備しました。

 

中学入試やそれ以前の段階で、入学試験を経験していない人にとっては、高校入試はこれまでの人生の中でも、最も緊張する出来事かもしれません。

例年のことですが、高校側も中学生の皆さんが気持ちよく受検できるように、細心の注意を払って準備を進めてきています。どうぞ安心して、これまで長い時間をかけて勉強していた力を存分に発揮してください。

皆さんの先輩にあたる上級生も、教職員一同も、皆さんが実力を十分に発揮して、本校に入学することを楽しみに待っています。

春は近づいています。もうひと踏ん張りです。頑張ってください。

 

 

普通科 保育科 生徒の活躍 鴻巣市との連携

1月31日(金)鴻巣市役所総合政策課の課長さん等3名の方々が本校に来校しました。

以前も書きましたが、本校と鴻巣市は平成30年に連携協力に関する包括協定を結びました。その協定の骨子は以下のとおりです。 

【協定の骨子】

様々な分野で相互に協力し、人口、経済、地域社会の課題に対し、協働した取組等を行うとともに、各々の資源の相互活用と人的交流を行い、豊かな地域社会の形成・発展と地域産業を担う人材の教育支援や育成等において相互に協力することを目的とする。 

この趣旨に沿って、本校の生徒会の生徒等が、昨年度から、本校のすぐ近くにある鴻巣市中央公民館エリア「公共施設」の再編研究ワークショップに参加しています。生徒は、近隣の公園をより遊びやすくする工夫やその公園でイベントを開催する計画等により利用状況が改善するような意見を出していました。

今回は、これまでのワークショップでの議論を踏まえ、今後の方向性等に関して、改めて生徒の意見を聞きたいとのことでわざわざお越しいただきました。

様々な多くの方々が関わっているプロジェクトです。是非良い形になればと感じています。担当の皆様も生徒や顧問の先生もお疲れさまでした。

 

保育科 合同学習会

生徒の学習成果の発表の場として、家政科学科の合同学習会、そして普通科の発表会について以前書きましたが、1月27日(月)保育科も合同学習会を実施しました。毎年行われている恒例の行事ですが、保育科の1~3年生が一堂に会し、上級生が同級生や下級生に説明していきました。 

内容は、(1)幼稚園と保育所の保育実習、(2)文化祭・こどものくに、(3)選択課題研究、(4)体験入学、(5)全国高等学校家庭科実践研究会埼玉大会、(6)産業教育フェア、(7)保育技術検定1級、(8)お別れ会 について、それぞれの生徒が全員の前で発表していきました。資料も発表内容、発表の仕方など大変素晴らしく、大変誇らしく感じる学習会となりました。また、毎回のことながら、結びの、生徒の先生方に対する思い、言葉、態度、姿勢は、非常に愛情に溢れ、胸を打つものがあり感動的でした。生徒の皆さん、先生方、お疲れさまでした。