校長室だより

校長日誌

入試会場設営

明日は高校入試です。中学生の皆さんはこの日のために勉強などずっと頑張ってきたことと思います。受け入れ側も万全の態勢で準備いたしました。安心して受験してください。

 

予餞会

2月10日(月)生徒会主催の予餞会を行いました。例年行われている恒例行事です。

 

【PROGRAM】

開会式

演劇部  合唱部  筝曲部  有志  吹奏楽部  チアダンス部

人形劇部  バレー部  ギター部  ダンス部  生徒会企画  3年職員

閉会式

 

3年生への想いをこめて、1,2年生や先生方が長い時間をかけて準備、練習していました。

前の週の3日間を使い、ステージのリハーサルを行いました。リハーサルも真剣そのもの。

「3年生に感謝の気持ちを伝えたい」これがこの会のコンセプトでした。

素晴らしい感動的なステージ、予餞会になりました。企画担当した生徒会の皆さん、演じた1,2年生の明さん、指導した先生方、いろいろとありがとうございました。

                    予餞会 ステージ看板

 

 

学年末考査

学年末考査期間中です。試験は日頃の勉強の成果を絶好の機会です。教科書、ノート、授業中に配布されたプリントや資料もしっかりと確認してください。中学生の皆さんも入試を見据えて頑張っています。生徒の皆さんも決してあきらめずに、でき得る限りのことをしてください。皆さんの健闘を祈ります。

 

保育科生徒作成 ロータリー掲示板

正門を入るとロータリーの右わきに掲示板があります。この掲示板には毎月、その月や季節をイメージさせるモチーフを題材にした切り絵が貼られています。保育科の1年生がデザインを考え順番に飾ってくれます。とても評判がよく、生徒、教職員はもちろんのこと、お客さんなど来校者の皆さんを楽しませてくれています。保育科の皆さん、指導している先生方、ありがとうございます。

                      10月の掲示板

       2月の掲示板

 

学校評議員会、鴻巣女子高校を考える会

2月3日(月)「学校評議員会、鴻巣女子高校を考える会」を開催しました。評議員会等の皆様の他に、各学年代表の生徒4名にも出席してもらい、今年度の取組や成果について発表してもらいました。

挨拶および今年度の取組・現状、概略説明に続き、学校自己評価シートに基づいて各領域の取組状況や達成状況、各学年の教育活動や現状等について説明いたしました。 

また、生徒による学習成果発表として、パワーポイント等を使いながら、1年生保育科の生徒はホームプロジェクト、部活動の活動状況、そしてそれらの活動をとおして身につけた継続することの大切さや日々の生活について発表しました。 

2年生普通科の生徒は修学旅行、修学旅行新聞の作成、平和学習、民泊での体験、旅行委員長としての取組、思い出レポートの作成や生徒会活動、全校生徒の意見の集約、意見箱の活用、校外での活動、ボランティア、また学校の授業の魅力、分かりやすい授業等について発表しました。 

3年生は、実際の映像を映し出しながら、2人が発表しました。普通科の生徒は、体育祭のソーランの取組、ダンスリーダーとしての活動、クラス各人の振り付け・フォーメーションを考えるポイント、協力することの大切さについて語るとともに、自分の進路を考える上で、介護に関わっている家族の仕事を参考に、人の役に立ちたいとの視点から大学進学を考えたこと、面接練習や充実した高校生活について発表しました。 

2人目の家政科学科の生徒は、約1年間をかけて2、3着の洋服や和服の衣装を製作し、自分たちで演出、音響、照明なども行う文化祭のファッションショー、特に構成の仕方は歴代の先輩たちと同じにならないようにする工夫、リーダーとしての苦労と喜び、そして進路に向けた意識、取組、家族や先生方とのやり取りや本校に在学した喜び等について話してくれました。 

委員の皆様方からは、「全体としてこれまで以上に非常によく頑張っているという印象を持っている。」「3学科ともに生徒が前向きに学校生活を送っている様子がよくわかるし、それが学校行事や進路実績にも見られる」など、今年度の取組状況について非常に肯定的な評価を頂きました。

関係の皆様方、一年間本当にありがとうございました。頂いた様々な意見を今後の教育活動に反映させていきたいと思います。今後ともよろしくお願いします。参加された生徒の皆さんや先生方もお疲れさまでした。ありがとうございました。

 

産業・情報技術等指導者養成研修報告会

過日、産業・情報技術等指導者養成研修報告会に参加しました。これは、つくば市の教職員支援機構が主催者、文科省、教育関係団体、大学等が共催となり、全国各都道府県から代表の先生方を集めて実施された研修会です。

ねらいは、急速に発展・進歩する産業技術、情報技術等に関して、各学校における実習等の授業の質の向上を図るため、情報化・技術革新、その他、社会情勢の変化に適切に対応した最新の知識・技術を取得し、各学校でその内容をいかした授業を展開していこうというものです。

先生方も時代の流れを意識し、敏感に反応しながら、新しい知識・技術を身につけ、授業で実践しようと日々頑張っています。生徒の皆さんも、教科書や資料集はもちろんのこと、各授業で配布されるプリントや資料もしっかりと学習して、身につけて欲しいと思います。

 

家政科学科 集団調理

2月6日(木)、13日(木)家政科学科の2年生が集団調理の実習を行いました。第1調理室で作り、第2調理室に配膳して、皆でいただきました。

 

【2月6日(木)】

menu

main

 ボンゴレパスタ

 チキン南蛮

 トマトのカプレーゼ

 カラフル焼売(シュウマイ)

 春雨サラダ

soup

  ミネストローネ

dessert

 ガトーショコラ

 

【2月13日(木)】

お品書き

前菜   

  春雨サラダ

汁物   

  卵スープ

主菜   

  油淋鶏(ユーリンチー)

副菜   

  エビチリ

  チンジャオロース

主食   

  かにレタスチャーハン

デザート 

  とろける杏仁豆腐

 

食べる前には、作った生徒がそれぞれの料理を作る際に注意した点、工夫のポイントなどについて発表し、食後は代表の先生が感想も含めてお礼の挨拶をしました。細かいところまで気配りできた料理でした。食物調理を専門に学習している生徒だけあり、非常に美味しくできあがりました。生徒の皆さん、指導の先生、ありがとうございました。お疲れさまでした。

             2月6日 献立表と説明

      2月13日 献立表と説明

      写真は2月6日のものです

高校入試 願書受付

間もなく高校入試です。今日から入学願書等の提出期間となります。

令和2年2月17日(月)午前9時から正午まで及び午後1時から午後4時30分まで

令和2年2月18日(火)午後9時から正午まで

となっています。

2月13日(木)の夕方には担当の教職員がシートを敷き、ベルトパーテンションを設置して、中学生の皆さんをあまりお待たせしなくて済むように、入学願書や受験票等の提出の事務作業が円滑に進むように準備しました。

 

中学入試やそれ以前の段階で、入学試験を経験していない人にとっては、高校入試はこれまでの人生の中でも、最も緊張する出来事かもしれません。

例年のことですが、高校側も中学生の皆さんが気持ちよく受検できるように、細心の注意を払って準備を進めてきています。どうぞ安心して、これまで長い時間をかけて勉強していた力を存分に発揮してください。

皆さんの先輩にあたる上級生も、教職員一同も、皆さんが実力を十分に発揮して、本校に入学することを楽しみに待っています。

春は近づいています。もうひと踏ん張りです。頑張ってください。

 

 

普通科 保育科 生徒の活躍 鴻巣市との連携

1月31日(金)鴻巣市役所総合政策課の課長さん等3名の方々が本校に来校しました。

以前も書きましたが、本校と鴻巣市は平成30年に連携協力に関する包括協定を結びました。その協定の骨子は以下のとおりです。 

【協定の骨子】

様々な分野で相互に協力し、人口、経済、地域社会の課題に対し、協働した取組等を行うとともに、各々の資源の相互活用と人的交流を行い、豊かな地域社会の形成・発展と地域産業を担う人材の教育支援や育成等において相互に協力することを目的とする。 

この趣旨に沿って、本校の生徒会の生徒等が、昨年度から、本校のすぐ近くにある鴻巣市中央公民館エリア「公共施設」の再編研究ワークショップに参加しています。生徒は、近隣の公園をより遊びやすくする工夫やその公園でイベントを開催する計画等により利用状況が改善するような意見を出していました。

今回は、これまでのワークショップでの議論を踏まえ、今後の方向性等に関して、改めて生徒の意見を聞きたいとのことでわざわざお越しいただきました。

様々な多くの方々が関わっているプロジェクトです。是非良い形になればと感じています。担当の皆様も生徒や顧問の先生もお疲れさまでした。

 

保育科 合同学習会

生徒の学習成果の発表の場として、家政科学科の合同学習会、そして普通科の発表会について以前書きましたが、1月27日(月)保育科も合同学習会を実施しました。毎年行われている恒例の行事ですが、保育科の1~3年生が一堂に会し、上級生が同級生や下級生に説明していきました。 

内容は、(1)幼稚園と保育所の保育実習、(2)文化祭・こどものくに、(3)選択課題研究、(4)体験入学、(5)全国高等学校家庭科実践研究会埼玉大会、(6)産業教育フェア、(7)保育技術検定1級、(8)お別れ会 について、それぞれの生徒が全員の前で発表していきました。資料も発表内容、発表の仕方など大変素晴らしく、大変誇らしく感じる学習会となりました。また、毎回のことながら、結びの、生徒の先生方に対する思い、言葉、態度、姿勢は、非常に愛情に溢れ、胸を打つものがあり感動的でした。生徒の皆さん、先生方、お疲れさまでした。

 

華道部

1月31日(金)華道部が管理等の玄関に新しい花を飾ってくれました。本校の華道部は草月流師範会空間アーティストの金田先生に定期的に御指導いただいています。3年生の生徒が金田先生とちょうど花を飾っているところに通りかかりました。毎回ありがとうございます。心が癒されます。

 

共生社会の形成に向けた特別支援教育推進事業研修会

1月30日(木)保健管理部主催の「共生社会の形成に向けた特別支援教育推進事業研修会」の一環として、国立精神・神経医療研究センター精神保健研究所 地域・司法精神医療研究部流動研究員の小塩靖崇先生に、同じく同研究所児童・予防精神医学研究部部長で精神科医の住吉先生及び本校カウンセラーの長谷川先生とともに、お越しいただき、「多様性社会における認知と理解 ~発達障害やその他疾病・障害の特性に対する認知と理解を中心に~」と題して職員研修会を実施しました。

具体的には「思春期における心理面の不安定さの理解」、「学校におけるメンタルヘルス教育  ―学習指導要領の改訂を踏まえて―」、「生徒からの相談への対応」などに対して、スライドや動画等も用いて詳しく説明して頂きました。講演後の質疑応答では、様々な質問が出て、小塩先生とともに、長谷川先生や住吉先生にもわかりやすく解説して頂きました。非常に建設的で有意義は研修会となりました。お越しいただいた先生方、本当にありがとうございました。皆で学んだ内容を今後の実際の教育活動に是非活かせていきたいと思います。

 

 

保育科 ひなキッズプロジェクト6

2月1日(土)ひなキッズプロジェクト6を行いました。今回は「親子でリトミック」と題して、参加者を募りました。毎回お世話になっている家庭教育アドバイザーの方々や本校の保育科3年生、2年生、1年生も含めて、60名くらいの人が集まりました。

本校の生徒がリトミックを教えて頂いている石田先生がピアノ向かい、プロジェクトを始めると、あっという間に0歳から小学校にあがる前くらいまでの小さな子供たちの心をつかみ、音楽やリズムに合わせて、子供たちが身体を動かし始めました。保護者の方々や本校の生徒も一緒になって遊んでいました。皆の顔には笑顔、笑顔、笑顔。

リトミックの持つ魅力を改めて感じました。参加されたお母さん、お父さんと子供たち。どうでしたか。楽しかったですか。開始前に以前参加した方からこの企画の素晴らしさ、楽しさについて切々と語って頂きました。とても楽しみにしていたと。とても嬉しいお褒めの言葉でした。参加された皆様、どうもありがとうございました。家庭教育アドバイザーの皆様、石田先生、素晴らしいひとときをありがとうございました。

外部講師授業

1年生が外部講師による授業を行いました。人には様々な性格の人がいます。引っ込み思案な人もいれば、非常に積極的でリーダシップを発揮し、集団をぐんぐん引っ張っていく人もいます。社会は様々な人と人との関わりの中で成立しています。自己分析したり、どのような性格の人はどんな職業に向いているのかなどを考えたりするのは、成長過程において、大切なことです。そうしたことを考えるきっかけになる講義でした。

 

防犯灯増設 文教地区

防犯灯を増設して頂きました。

本校は、鴻巣市立東小学校、鴻巣市立鴻巣中学校と道を一本隔てて隣接しています。また、東小学校の隣には鴻巣幼稚園があり、本校の生徒が、保育実習等も含めて、年間を通して様々な形でお世話になっています。

本校は、幼稚園、小学校、中学校、高等学校が1つの地域にある文教地区の中に位置しています。

 

学校評議員会のご意見等を踏まえて、生徒の登下校時の通行に一層便利になるように防犯灯の増設を鴻巣市に依頼していました。この度、鴻巣中学校との境の道に白色のLED灯を増設してもらい、ナトリウム灯もLED灯に交換して頂きました。夜も明るくなり、安心安全をキーワードに、生徒の通学が一層便利になったと思います。

 

保育科 保育所実習

1月15日(水)、22日(水)保育科の3年生が今年度最後の保育所実習を行いました。3年生は市内3か所の保育所に行き、部分実習をさせて頂きました。それぞれの保育所では、読み聞かせ、羽子板づくりなどクラスごとに工夫した活動に取り組んでいました。生徒の皆さん、高校生活最後の保育所実習、本当にお疲れさまでした。お世話になった皆様、いろいろとありがとうございました。

 

大学入学共通テスト 再度 変更

1月21日の校長日誌で、来年から新設される大学入学共通テストと今年実施された大学入試センター試験との変更点について記しました。しかし、1月29日に再度変更になった点がありますので、前回から変更になった点を、お知らせします。

 

〇 出題形式

   新 マーク式

        ↑

   旧 マーク式 

 

〇 時間の変更

   新 数学Ⅰ・A(70分) それ以外の教科は大学入試センター試験と同じ

        ↑

   旧 数学Ⅰ・A(60分)

前回お知らせしたように、英語などは今年まで行われた大学入試センター試験とは大きく変更します。正確な情報に基づいて早めに準備を進めてほしいと思います。

 

文部科学省HP、読売新聞、朝日新聞、NHK、駿台、東進ハイスクール等 参照

 

家政科学科 集団調理 招待状

1月31日(金)家政科学科の2年生の生徒が校長室にとても可愛らしい招待状を持ってきてくれました。

本校の家政科学科では、食物調理と被服(洋服と和服)の両方を学習し、その多岐にわたる内容を学習した成果を存分にいかして、卒業後は様々な方面に進み活躍しています。 

2学期に調理実習に招待して頂き、美味しいチキンカレー等を御馳走になりました。2月当初に集団調理実習が計画され再び招待して頂きました。招待状は折り紙やレースの布やリボンがあしらわれ、とても時間がかかっている作品だと感じました。丁寧な招待状本当にありがとうございました。当日を楽しみにしています。

 

家政科学科 2年生 和服

1月28日(火)家政科学科の2年生が、県推進事業の一環として、専門の先生を講師に招き、和服の授業を行いました。生徒は2学期に長い時間をかけて浴衣を製作しました。授業では講師の先生の指導のもとに、全員の生徒が実際に試着し、帯をしめてみました。また、袴についても代表の生徒が身につけてみました。

例年文化祭で、家政科学科の3年生がファッションショーを行います。生徒はそれに向け、和服についても、知識と技術を高めていっています。生徒の皆さん、とてもよくできていました。講師の先生、御指導ありがとうございました。

 

保育科 ピアノ発表会

1月27日(月)保育科がピアノの発表会を行いました。保育科の1,2年生、及び20数名の保護者の方々が見守る中、代表の生徒がピアノを演奏しました。 

【プログラム】

笑点のテーマ

ただ君に晴れ

プロローグ

日々

ヒカリへ

Lemon

HAPPY BIRTHDAY

彼こそが海賊

銀河鉄道999

ともに

遥か

革命

有志合奏 Time to say Goodbye

千本桜

Summer

栄光の架橋

瞳をとじて 

司会は3年生の代表の生徒が行いました。ユーモアに溢れた紹介で場を和ませてくれました。演奏は日頃の練習の成果があらわれた素晴らしいものでした。下級生の生徒も感心していました。最後には代表の生徒がピアノを指導してくださった先生にお礼の挨拶をしました。音楽の魅力を改めて感じることができた発表会でした。生徒の皆さん、お疲れさまでした。また、参加していただいた保護者の皆様方、お忙しいところを本当にありがとうございました。

 

普通科 保育科 1年生ドッジボール大会

1月16日(木)普通科と保育科の1年生がドッジボールの対抗戦を行いました。1組、3組、5組、6組がリーグ戦で対戦しました。各試合1クラス20人ずつ、4分間で戦いました。会場の体育館は歓声が飛び交い非常に盛り上がりました。普通科6組が優勝しました。寒い日が続きますが、生徒はとても元気です。生徒の皆さん、お疲れさまでした。

 

マナーセミナー

1月9日(木)3年生が外部講師の先生に来ていただいてマナーやスーツの着こなし方についてのセミナーに参加しました。「仕事ができる人」と感じてもらう、あるいは第一印象を大切にするためにビジネスの世界でもしばしば行われている講座です。生徒は講師の先生の様々な説明に頷いていました。

講師の先生ありがとうございました。生徒の皆さん、学んだことをいかしましょう。

 

雪の可能性

予報では、今日は、湿った空気や前線の影響により、曇りで、南部、北部では夕方から雨や雪とのことです。秩父地方では、夕方から雪となる見込みです。明日は、前線や低気圧の影響により、南部、北部では雨で明け方まで雪となり、秩父地方では、雪で昼前から雨となる予報です。

普段あまり雪になることがないので、慣れていない人も多いと思います。早めに雪に備えてください。

埼玉県のホームページに昨年度の雪の際に出された注意事項が掲載されていましたので、ご紹介します。

 

【外出時の注意事項】

・路面凍結している部分は歩かない。

・走らない。

・ふだんよりも時間に余裕を持って行動する。

・ 滑り止めが付いている長靴等を履いて外出する。

・手袋をして、両手はいつでも使えるようにしておく。

・歩幅を狭くする。

・つま先とかかとを同時に地面につける。

・軒下のそばには近づかない(屋根から雪が滑り落ちてくることがあります)。

・ 用水路等への転落に注意する。

 

登下校の際は安全第一でくれぐれも注意してください。生徒の皆さん、通常より時間がかかることを想定して早めに行動してください。

 

ピアノ調律

1月18日(土)専門の方に来ていただいてピアノの調律を行いました。音楽の授業や吹奏楽部の活動などの他に、保育技術検定の資格取得のためにピアノを使用します。

本校は家庭科の専門学科があり、保育技術検定の資格を多くの生徒が取得します。保育技術検定には、「造形表現技術」「言語表現技術」「家庭看護技術」の他に「音楽・リズム表現技術」があります。3級、2級、1級ではピアノ演奏が入ってきます。本校では保育科の大半の生徒は1級まで受験し合格するため、ピアノの練習は欠かせません。

本校にはグランドピアノ、アップライトピアノ、合わせて20数台のピアノがあります。調律の専門の方に6日間来ていただいてすべて調律する予定です。専門の方のお話では、ピアノの鍵盤は88、弦の数は平均して230本のとのことでした。電子機器やチューイングハンマーを用いて、一つずつ調整していました。

ピアノを弾くことで弦にはかなりの力が加わります。調べてみると、一本当たり70~90kg、全体で20tもの張力がかかり、弦が伸びてしまうために定期的な管理が必要になります。生徒の皆さん、ピアノを調律しました。環境は整いました。各自の才能を伸ばすべく更に頑張ってください。

PTA常任理事会、理事会、専門委員会、全体会

本日、PTAの会議を行いました。常任理事会、理事会、専門委員会、全体会を行いました。お休みのところを役員の方々をはじめ、大勢の保護者の皆様に参加していただき、ありがとうございました。 

 

【当日の流れ】

〇常任理事会  〇理事会  〇専門委員会  〇全体会 

 

【議題等】

・来年度常任理事の確認について  ・来年度新理事選出について  ・来年度の支部別懇談会について  ・来年度の進路見学会、研修旅行について  ・卒業記念品について  ・3学期の行事予定について  ・その他

 

本日、大変寒い中でしたが、本当に大勢の皆様にお越しいただき感謝しております。卒業式は3月11日に、第4回常任理事会を3月18日に予定しています。どうぞよろしくお願いいたします。理事会でお話しさせていただきましたが、子供たちも大変頑張っています。保護者の皆様方にも、3学期も「鴻巣女子高校を考える会」など様々な行事でお世話になりますが、併せてよろしくお願いいたします。

 

生徒指導・教育相談等ネットワーク連絡会議

1月24日(金)近隣の中学校主催の「いじめ・非行防止学校支援推進事業に係るネットワークチーム連絡会議」に参加しました。児童相談所、警察、市の子育て支援課、児童委員、小中高の校長、PTA会長、教育事務所・市教委担当者、スクールソーシャルワーカーなどから構成される会議です。

最初に、中学校担当者より、生徒指導や教育相談に関して、取組の概要、現状、課題等について資料に基づき詳細な説明がありました。その後、説明への質疑応答や、各委員からそれぞれの所掌している業務の現状や、最初の説明に対する質問や意見を交わしました。

最後に、市教育委員会学校支援課指導主事の講評に続き、教育事務所の生徒指導支援員の方から「統計で見るいじめ問題の傾向」と題して「過ごしやすい教室をつくる」ための様々な視点からのアドバイスをいただきました。

子供や家庭に係わる様々な職種の人が集まり、より良い形を模索することは非常に大切なことであり、長い目で見れば、事態の改善に大きく寄与すると改めて感じました。関係者の皆様、いろいろとお疲れさまでした。

 

普通科 3年生 百人一首大会

1月16日(木)普通科3年生が格技場で百人一首大会を行いました。百人一首は百人の歌人の和歌一首ずつを撰集したものです。藤原定家撰と言われる小倉百人一首が有名です。読み手が上の句を読み上げ、競技者がそれに合う下の句を取るという競技です。今回は普通科を6ブロックに分け、佐怒賀先生が読み手となり読み上げ、クラス対抗で合計枚数を競い合いました。生徒は夢中で取り組んでいました。ちなみに4組が優勝しました。皆さん、お疲れさまでした。

 

普通科 3年 芸術科合同発表会

1月22日(水)普通科3年生が、「芸術科合同発表会」を実施しました。本校では、音楽、美術、書道を選択しています。1年間の総決算として、教科ごとに、他の教科の選択者も見守る中、自分たちの作品について発表していきました。美術や書道では、作品の出典、由来、創作意図、工夫した点、苦労した点などを司会の生徒の進行に基づいて行っていました。音楽では、様々な楽器を用いて、「タッチ」を全員で演奏し、「瞳をとじて」を歌いました。

どの生徒も事前に発表原稿を書き、他の生徒が発表しているときは、用意された用紙に、それぞれの発表者や作品のポイントや特徴をまとめていました。

音楽の発表では、授業でありながら、ここまでよく統一して各楽器を演奏することができたと感心するほど、まとまりのある演奏と合唱でした。合唱する背景では、体育祭や文化祭、球技大会など一年間のクラスの歩みが映像として映し出されていて、とても感動的な発表会になりました。生徒の皆さん、お疲れさまでした。今後とも頑張ってください。指導した先生方ありがとうございました。

 

家政科学科 合同学習会

1月21日(火)家政科学科が合同学習会を開催しました。合同学習会は上級生が1,2年生に対して、①課題研究について ②ファッションショーについて ③進路体験 に関して、発表・解説・説明していく行事です。

課題研究は、洋裁、和裁、手芸、製菓製パンの4つの講座にわかれます。それぞれの講座に関してわかりやすく説明しました。

ファッションショーは仕事の分担の仕方、練習までの流れ等について、パートごとに発表しました。ファッションショーは例年文化祭のアトラクションとして最も集客能力が高く、文化祭見学後の投票で最も人気の高い出し物で、大勢の方々が楽しみにしてくれています。

進路に関しては、進学・就職ともに、試験内容、進路先に選んだ理由、選抜方法、面接の内容、アドバイス、等について、後輩に熱く語っていました。

説明している生徒は自信や充実感に溢れています。成長した生徒の様子を見ているととてもうれしくなります。3年生の皆さん、お疲れさまでした。1,2年生の皆さん、皆さんの番です。頑張ってください。

 

大学入試

昨日も触れましたが、来年から大学入試のシステムが変わります。ご承知のように、大学入試改革の2つの柱である「英語民間試験の導入」と「記述式問題の導入」については見送られることになりました。

ただし、大臣記者会見では、11月に英語に関しては「高校生にとって、読む・聞く・話す・書くといった英語4技能をバランスよく身に付け、伸ばすことが大切なことに変わりない」と述べ、12月に、記述式問題に関しては「令和3年1月の大学入学共通テストでは記述問題は実施せず、導入見送りを判断しましたが、各大学の個別選抜において記述式問題の活用に積極的に取り組んでいただきたいと考えている」と話しています。 

以下に新設される大学入学共通テストの変更点を紹介します。いろいろなところで述べられていますので、自分でも調べて、早め早めに準備しましょう。

 

新設 大学入学共通テスト

変更点

1 英語(大きな変更) リーディング:リスニング=1:1

   新 リーディング(100点:長文読解)+リスニング(100点)

        ↑

   旧 筆記(200点:長文読解、文法、発音など)+リスニング(50点)

 

2 問われる力

   新 「思考力」「判断力」「表現力」+「知識」「技能」

        ↑

   旧 「知識」「技能」 

 

3 出題形式

   新 記述式(国語・数学の一部)+マーク式

        ↑

   旧 マーク式 

 

4 試験時間

   新 国語(100分)  数学Ⅰ・A(70分) それ以外は以前と同じ

        ↑

   旧 国語(80分)   数学Ⅰ・A(60分)

 

文部科学省HP、読売新聞、朝日新聞、NHK、駿台、東進ハイスクール等 参照

 

大学入試センター試験

大学入試センター試験が終了しました。大学入試に関しては様々な話が出ています。来年から新しい大学入学共通テストとなるため、平成2年に開始した大学入試センター試験は今回が最後となりました。受験された皆様、いかがだったでしょうか。

今年のセンター試験は18日(土)と19日(日)の2日間、全国689の会場で行われ、去年より1万9131人少ない、55万7699人が志願しました。大学入試センターによりますと、センター試験を利用する国公私立の大学と短大は、過去最多の858校に上ります。

いつの時代、どの試験もそうですが、後悔が全く残らない試験はないかと思います。うまくいかなかった部分を分析、確認し、気持ちを切り替えて次に向けて頑張ってほしいと思います。

 

家政科学科 普通科 保育科 学校説明会 御礼

 本日、学校説明会を実施しました。大変寒い中、大勢の中学生の皆さんや保護者の方々に来て頂いたこと改めて感謝申し上げます。全体会では、校長挨拶に続き、入試の説明をいたしました。その後、個別相談会や施設見学会を行いました。 

今回も施設見学では、生徒が直接皆様を案内し、皆様の様々な御質問に、生徒の生の声によって答える、本校の実際の状況を知って頂こうという設定で実施いたしました。大きな夢や希望を抱き、日々本気で頑張っている生徒たちです。きっとご満足いただけたのではないかと思います。 

今日の説明でご理解頂けたかと思いますが、普通科、家政科学科、保育科ともに、生徒一人一人のやる気を引き出し、進学であれ、就職であれ、各人の夢の実現に向けて、組織的・計画的に教職員一丸となって取り組んでいる学校です。

 

その成果が、説明しましたように、実績として様々なところで実を結んでいます。それが各学科の様々な取り組み、生徒の高いパフォーマンス、進路実現の高さに大きく影響しています。

受験生の皆さんにとっては、まさにこれからが正念場だと思います。体調に気を付けながら、本番に向けて頑張って頂きたいと思います。本日は誠にありがとうございました。

 

参考までに、今後の個別相談会の予定を記します。ご相談ください。

1月24日(金)16:00~19:00

1月25日(土) 9:00~12:00

2月 2日(日) 9:00~12:00

2月 3日(月)16:00~19:00

 

ご不明な点は遠慮なくお問い合わせください。

  生徒と受付準備の様子です

      受  付

      入試の説明

     案内生徒の紹介

      個別相談会

 

ひなキッズプロジェクト5(保育科、家政科学科、普通科)

12月21日(土)第5回「ひなキッズプロジェクト」を開催しました。「ひなキッズプロジェクト」とは「鴻女生による子育て支援企画」です。

募集の際に配布したチラシによれば、「ママ、パパはワークショップに参加、お子さんは私たちと遊びましょう!」という内容です。鴻巣市内在住の未就学のお子さんと保護者20組ということで募集いたしました。

保育科、家政科学科、普通科、3学科の生徒がお手伝いしてくれました。本校の生徒や先生を含めると60名以上の方が最初に保育実習棟に集まりました。

保護者の方々は「レッスンバッグづくり」を被服室で家政科学科の先生、生徒とともに行いました。参加していただいた皆様、いかがだったでしょうか。お子様たちは楽しそうでしたか。本校の生徒も一生懸命頑張りました。ご満足いただけたなら幸いです。2月にもまた開催する予定です。関係者の皆様どうぞよろしくお願いいたします。

 

普通科 家政科学科 保育科 1年生 総合的な探究の時間

学習指導要領の改訂により、高等学校の「総合的な学習の時間」は、「総合的な探究の時間」に変更されます。総合的な探究の時間の目的は、生徒が主体的に課題を設定し、情報の収集や整理、分析をしてまとめるといった能力を高めることにあります。総合的な探究の時間は総合的な学習の時間の延長線上にあり、更に主体的な探究という特徴が加えられています。

高等学校の「総合的な探究の時間」における具体的な探究課題の例としては、次のものが挙げられます。

ア 現代的な諸課題に対応する横断的・総合的な課題

イ 地域や学校の特色に応じた課題

ウ 生徒の興味・関心に基づく課題

エ 職業や自己の進路に関する課題

本校でも様々な取組をしています。先日1年生の普通科、家政科学科、保育科の廊下に研究の一部が貼りだされていました。取り組んだ生徒の皆さん、お疲れさまでした。

 

文科省HP 埼玉県教育委員会HP 日本教育新聞等参照

 

生徒の活躍 栃木県の女子高校

12月4日(水)栃木県の伝統ある女子高校を訪問しました。多くの生徒が国公立大学に進む進学校です。施設設備など充実した教育環境もさることながら、生徒の部活動の実績などにも感心しました。多くの部活動が関東はもちろんのこと全国大会でも活躍していました。そして、訪問者に好印象や活力・感動を与えてくれたのは、整理整頓された校内とともに、生徒の明るい挨拶とマナーの良さでした。勉強になりました。

本校も、全国の各地のよい学校の素晴らしい点を学びながら、更によい学校を目指したいと感じました。人と会った際の第一印象は大切です。生徒の皆さん、日頃から心がけましょう。

 

 

生徒の活躍 騎西特別支援学校 創立30周年記念式典

昨年11月30(土)騎西特別支援学校 創立30周年記念式典に参列しました。

次第

 1 開式のことば

 2 国歌斉唱

 3 校長式辞

 4 実行委員長のあいさつ

 5 埼玉県教育委員会のことば

 6 来賓祝辞

 7 来賓紹介・祝電披露

 8 児童生徒代表のことば

 9 校歌斉唱

10 閉式のことば
 

事前に行われた文化祭で使われた展示物が校内の様々な場所に飾られていました。控室、式典会場の体育館に通じる通路、体育館。どの作品にも生徒や先生方の想いがこめられていました。また、児童生徒代表のことばは、母校愛が感じられ、非常に堂々としていて、とても素晴らしいものでした。記念品として児童生徒の作品が入っていました。どの作品も一つ一つ時間をかけて丁寧に作ったことが伝わってくる作品でした。 

記念誌の中で教育長が述べていますが「児童生徒一人一人の可能性を高めるとともに、地域との交流事業を通じて自立と社会参加に向けた学びを推進する」「子どもたちの様々な能力と可能性を開花させるため、全力で取り組む」とありましたが、まさにそれを感じさせる内容でした。 

本校としても、生徒目線に立った、きめの細かい教育を通じて「子どもたちの様々な能力と可能性を開花させるため、全力で取り組む」ことによって、本校の教育目標である「自立した女性の育成」「スペシャリストの育成」に向けた教育を、力強く推進する所存です。生徒の皆さん、保護者の皆様、先生方、関係者の皆様方、どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

保育科 リトミック発表会

12月16日(月)保育科3年生がリトミックの発表会を行いました。前の週には代表生徒2名が可愛らしい招待状を持って校長室に来てくれました。広辞苑によれば、リトミックとは、ダルクローズが創始した、リズムに基礎を置く教育法の一つで、体の動きを音楽に結びつけてリズム感覚を育てるもので、舞踊・体操などにも取り入れられているものです。

3年生のリトミック選択以外の生徒、保育科の1、2年生、そして教員が見守る中、伴奏のピアノにあわせて、最初に一人ずつ自己紹介がありました。短い挨拶の中に、見ている人の気持ちをつかみ、一瞬にして笑いを誘う挨拶をしていました。感心しました。

発表会全体を通じて、「明るさ」「楽しさ」「笑い」に溢れながらも、指導して頂いた先生に対する感謝の気持ちに溢れ、見ているだけで、感動のあまり貰い泣きするような素晴らしい発表会でした。発表した生徒皆さん、指導した頂いた先生、本当にありがとうございました。

 

登校指導及び課題テスト

本校では、電車を使い、駅から10数分の通学路を徒歩で通学する人が大勢います。駅から学校までの通学路で登校指導を実施しています。冬場は、冬の厳しい寒さやたくさん着こむことにより、動きや動作が緩慢になることがあります。路面が凍結することもあります。余裕をもって、早め早めに準備して、事故等にあわないようにお互いに気を付けましょう。

また、今日は冬休みの課題に関してテストを実施します。生徒の皆さん、準備はできていますか?社会全体ではインフルエンザも流行り、体調を崩す人も増えていますので、十分に勉強できなかった人もいるかもしれません。その場合は、回復したら、また頑張りましょう。

 

3学期始業式

1月8日(水)3学期始業式を行いました。今日も時間前に集まり腰を下ろして自然と静かになりました。素晴らしい集合状況でした。新年初の朝らしく凛とした空気。新春の清々しさが感じられました。校長講話ではワールドカップやオリンピックからグローバル化にちなみ、「主体性」「柔軟な対応」「自分の立場や考えを適切に表現することの大切さ」について話をしました。今後、意識して生活してみてください。

さあ、生徒の皆さん、1年の締めくくりの学期です。各自の目標に従って、一段階上の自分を目指して頑張りましょう。皆さんの活躍を期待しています。

追伸

新しいピアノです。代表の生徒さんが伴奏をしてくれました。

 

           開式前の整列

      校歌斉唱

      校歌斉唱

 

講話 思春期ってなんだろう?性って何だろう?

12月17日(火)はやしだ産婦人科院長 林田先生をお招きして、生徒、保護者、教職員対象の講演会を実施しました。「高校生のみなさんへ 思春期ってなんだろう?性って何だろう?」と題する講話でした。 

「性」に関する様々な問題を産婦人科医の視点からお話しいただきました。100枚を超えるスライドと用具等も持参していただき非常に丁寧にわかりやすく説明してくださいました。先生の誠実さが伝わってくる素晴らしい講演会でした。女子高生なので女性の先生に説明していただき生徒も安心しているように見えました。先生、ご講演ありがとうございました。

      生徒代表の謝辞

 

明けましておめでとうございます

お健やかに新年をお迎えのこととお慶び申し上げます。昨年は鴻巣女子高等学校のために様々な面で多くの皆様方からあたたかなご支援、ご協力をいただきました。ありがとうございます。

今年は東京オリンピックの年です。前回の東京オリンピックでは「戦後復興」や「日本の技術力」を海外に知ってもらうよい契機になりました。今回のオリンピックでも様々なことが好転することを期待しています。 

本校でもここ数年、成績や外部機関の調査、あるいはアンケート結果など様々な数値が上向いてきていますが、今年も生徒、教職員、気持ちを一つにして、更により良い学校を目指していきたいと思います。引き続き、鴻巣女子高校に、皆様のお力添えをよろしくお願いいたします。本年もどうぞよろしくお願いいたします。生徒の皆さん、頑張って良い学校を作りましょう。 

追伸

写真は12月27日(金)のものです。体育館や特別教室棟のピアノを新しいものと入れ替えていました。ピアノは重いのでクレーン車を使っての作業。大人数で非常に大掛かりでした。ピアノ6台を入れ替えました。生徒の皆さん、新しいものに替わりました。きっと素晴らしい音を奏でると思います。楽しみにしていてください。 

また、様々な部活が練習していました。一部掲載します。

国旗 県旗 校旗 毎日あがっています

 ロータリーのパンジー

生徒が作ってくれます 毎月変わります

       ソフト部

      チアダンス部

      吹奏楽部

      吹奏楽部

       吹奏楽部

    ピアノ搬出・搬入

     ピアノ搬出・搬入

令和元年 お世話になりました

令和元年が終わろうとしています。あと4日です。職種によっては暦の関係で、今日が仕事納めで明日から年末年始の休暇に入り、年明けの6日に仕事が始まる人も多いかもしれません。お陰様にて本校では穏やかに新年を迎えられそうです。生徒の皆さん、先生方、お疲れさまでした。いろいろとありがとうございました。 

図書室では年末年始のコーナーを設けていました。また、2024年度に一新する新1万円札や5000円札の表の図柄に採用されることが決まった埼玉県深谷出身の渋沢栄一や津田梅子等の本も並べられていました。生徒の中には冬休みに読もうということで十冊近い本を両手に抱えて借りようとしている人もいました。生徒の皆さんも読んでみてはいかがでしょうか。 

予算の関係で年次進行になる予定ですが、今回3年生の教室は休み中にワックスがけを行います。その準備のために教室内の机やイスは廊下に出されていました。年明けには教室はきれいになると思います。 

保護者の皆様、地域の皆様、今年一年間大変お世話になりました。来年もよろしくお願いいたします。どうぞ良い年をお迎えください。

 

   図書室 年末年始特集

  図書室 渋沢栄一 津田梅子等

            廊下に出された机

インターネット使用時の注意点

12月18日(水)生徒指導部主催の防犯教育を全校生徒対象に実施しました。講師はLine株式会社のオフィシャルインストラクターの宇佐美先生です。「インターネットを使うときに気を付けること・考えること 楽しいコミュニケーションを考えよう」という内容でした。 

講演の途中で、生徒たちが何度も近くの生徒と話し合う場を設けるなど、非常にわかりやすい講演会でした。SNSは現代社会では不可欠なツールです。便利な反面、リスクもあるともいえるでしょう。しかし、それを用いることで「楽しい」と感じられる充実したコミュニケーションを作り上げてほしいと思います。講師の先生、非常にためになる講演をありがとうございました。

 

学校保健委員会

12月17日(火)保健管理部主催の学校保健委員会を開催し、学校医、学校薬剤師の先生の指導のもと、生徒保健委員や保護者(保健厚生部)の方にも参加していただきました。保健関係では健康診断関係(①身体測定結果 ②BMI肥満度 ③歯科健診結果)や保健室の来室状況に関する報告と管理関係の報告を行いました。

 

歯科に関しては、集団におけるむし歯のり患状況を知るために用いられるDMF指数は、全国平均が3.2本(平成23年 15~19歳)のところを、本校では0.8本というよい結果でした。

DMF指数とは、う蝕(うしょく)(むし歯)にり患(りかん)すると、自然治癒が期待できないために、未処置歯、処置歯、喪失歯の合計を表したものです。

厚生労働省では、80歳になっても自分の歯が20本以上ある「8020(はちまるにいまる)運動」を推進しており、ちなみに平成28年度の調査では、達成率が、前回調査の40.2%から51.2%に上昇しています。

 

生徒発表では「鴻女高保健委員会」として、保健委員が、保健室の来室者が以前は多かったことや過呼吸になりやすい生徒が多かったことを課題として捉えて、「自分の身体と心と向き合うこと」を目的に調査し、考察した結果や具体的な改善策を発表しました。

キーワードの「元気度」「リラックス度」に注目し、ヨガによる効果や、「呼吸」「体」に意識を向けることの効用について述べました。

大変よい課題設定、調査、研究、そして改善策の提案だったと思います。学校医、学校薬剤師の先生をはじめ、関係者の皆様、お世話になりありがとうございました。生徒の皆さん、お疲れさまでした。

 

2学期終業式

2学期終業式を行いました。毎回のことながら整列状況は大変よく、5分前に始めることができました。校長講話では、様々なデータについて触れたうえで、社会貢献することと、自分の潜在能力を伸ばすことについて話をしました。今後の生活の参考にしてほしいと思います。

次に、表彰しました。バスケット部、生徒会誌の表紙絵コンテスト、牛乳料理コンクールの菓子・デザートの部の受賞者を表彰しました。おめでとうございました。さて、2学期が終わろうとしています。自分なりに2学期を振り返ってみてください。生徒の皆さん、お疲れさまでした。

 

労働講座

12月17日(火)3年生全生徒を対象に進路指導部主催の「労働講座」を実施しました。

「保険や年金についての基礎知識を獲得して、労働に対する意識を高める」というのがねらいです。講師は社会保険労務士の先生で「給料明細書の見方と社会保険について」という演題でご講演いただきました。本校では就職より進学する生徒の方がはるかに大勢います。しかし、誰でも最終的には仕事に就きますので、自分のこととしてとらえることが大切です。生徒は真剣に聞き入っていました。

生徒の皆さん、仕事には不安もあるかもしれませんが、やりがい、楽しさもいっぱいあります。頑張りましょう。講師の先生ありがとうございました。

 

球技大会

12月19日(木)20(金)球技大会です。期末考査も終わり、全校生徒が優勝目指して取り組んでいます。種目は、バスケットボール、バレーボール、ハンドボールです。

(1)ルールを守り、フェアプレーで優勝を目指す

(2)球技大会を通じてクラス全員で団結することを学ぶ

がねらいです。会場は熱気とパワーが満ち溢れています。けがをしないように気を付けながら、頑張ってほしいと思います。

 

家政科学科 人形体験

12月13日(金)家政科学科の生徒が市内のマル武人形さんを訪問し、人形体験授業を実施していただきました。埼玉県はご案内のように、伝統的手工芸品の節句人形・ひな人形の出荷額は全国一位で、鴻巣は岩槻とともにその代表格です。マル武人形さんの雛人形は、「埼玉県伝統工芸モデル工場」に指定されている自社の製作工房にて製作されている完全なオリジナル製品とのことです

専門のスタッフの方が着物の裂地選びから衣裳づくり、着せ付け、振り付け、頭差しの作業を、一体一体、心を込め手作業で進めているとのことでした。今回会社の3Fで説明して頂きましたが、階段の途中には、マル武人形さんを訪問した多くの学校の感謝のお礼状が飾られていました。

本校の家政科学科は被服について専門的に学習しています。今回、非常に丁寧に説明して頂き、大変勉強になりました。生徒もしっかりと説明を聞いてノートにメモしていたました。伝統的手工芸品について詳しく学ぶことができました。関係者の皆様、本当にありがとうございました。

 実物を手に説明してくれています

  生徒は皆、お話をメモしています

  階段 訪問した学校のお礼状

人形を首相官邸に毎年飾っているとのことでした

 

てをつなごう 保育科3年生

12月13日(金)保育科3年生が1年間実習でお世話になった鴻巣幼稚園で「おわかれ会」を実施しました。300数十人の園児と幼稚園の先生方が見守る中、生徒は全力で劇などを演じました。最後には皆で「てをつなごう」を歌いました。とても感動的でした。本校の生徒は最後に幼稚園の園長先生からお褒めと励ましの言葉を頂きました。

生徒の皆さん、お疲れさまでした。素晴らしいパフォーマンスでした。園長先生をはじめ幼稚園の先生方、大変お世話になりました。ありがとうございました。

 

世界のみんなが

もしてをつないだなら

すぐに大好きになって

嬉しくなっちゃうね

 

てをつなぐってまるで

魔法みたいだね

知らない誰かさんだった 

君と僕はもう友達だ

 

てをつなごう!てをつなごう!

てをつないだ時のほうが

力がわいてくるよ

優しい気持ちになるよ

てをつなごう!てをつなごう!

嘘じゃないさ 確かめてみよう

さぁ 一緒にてをつなごう!

 

どこか遠くの国に

住んでいる誰かと 

てをつないだらどんな

感じがするのかな

 

言葉が違っても

食べるものが違っても

つないだての中が

あったかくなるんだ

同じだね

 

てをつなごう!てをつなごう!

てをつないだ時のほうが

涙に心配になるし

笑顔に嬉しくなるんだ

それはきっと君と僕が

友達になったって証拠

さぁ 一緒にてをつなごう!

 

大好きな友だちが

世界中にいるなら

この地球はなんて

素敵な場所だろう

 

てをつなごう!てをつなごう!

てをつないだ時のほうが

力がわいてくるよ

優しい気持ちになるよ

てをつなごう!てをつなごう!

嘘じゃないさ 確かめてみよう

さぁ 一緒にてをつなごう!

 

はじめまして

僕とてをつなごう!

てをつなごう

                     親指姫

   ハンドベル 結婚行進曲

      キャスト紹介

      てをつなごう

   贈り物 子供たちとおわかれ

    園長先生に感謝の想いを 

 

幸の巣(こうのす)Happy Nest Cafe 県立学校公開講座

12月7日(土)県立学校公開講座の一環として、本校の稲森先生が今年度2度目の公開講座を実施しました。前回は、選択理論心理学研究の手法を用いて、「基本的欲求プロフィール」等について学びを深めました。今回は、それを受けて、子育て中のパパ・ママを対象に自己肯定感を高める心の五大栄養素の紹介や、イライラ、落ち込みをコントロールする、セルフカウンセリング等について、皆で研修しました。ストレスは性別、年齢に関係なく、大きな課題です。生徒の皆さんも、自分でも勉強して、コントロールできるようになりましょう。参加された皆様、ありがとうございました。

華道部作品

華道部の生徒が玄関の花をいけてくれています。本校では草月流師範会空間アーティストの金田先生に定期的にご指導いただき、でき上った作品を玄関に飾ります。今回は12月ということもありクリスマスを意識した作品に仕上げていただきました。大変素晴らしく訪れた人たちを引き付けてくれます。講師の先生、顧問の先生、生徒の皆さん、いつもありがとうございます。しばらく飾ってありますので、本校のお越しの際は、是非ご覧になってください。

 

学校説明会

本日、学校説明会を開催し、多くの中学生や保護者の皆様に参加していただきました。現在の学校の体育館はどこも冷暖房が整っていませんので、朝早くからジェットヒーターを付けて準備しましたが、場合によると寒かったかと思います。参加していただいた皆様、寒い中を、本当にありがとうございました。

 

説明会の概要は以下のとおりです。

司会 生徒会本部役員

あいさつ(校長)

本日の日程・学校概要(教務主任)

入試について(教頭)

吹奏楽の発表

休憩・移動

各科の説明や体験等  普通科、保育科、家政科学科

保育科ミニ体験  校内見学  個別相談

 

今回の説明会でも大勢の在校生が協力してくれました。受け付けはバドミントン部、司会は生徒会の本部役員、部活動紹介では吹奏楽部の演奏【アンパンマーチとハルノヒ(あいみょん)】、施設見学や個別相談の案内や施設の説明は生徒会の生徒、各科の説明やミニ保育体験では各科の生徒、いかがだったでしょうか。生徒も心をこめて対応させていただきました。

 

間もなく2学期も終わろうとしています。中学生の皆さんの準備もいよいよ本格的になってきていると思います。教科書を中心に勉強するのが一番効率的な勉強方法かと思います。苦手分野にも挑戦してみてはいかがでしょうか。インフルエンザ等が流行っている学校もあるかと思います。健康に留意してベストを尽くしてください。何かご不明な点があれば遠慮なくお問い合わせください。

                   受    付

      全体会の説明

     司会の本部役員

      学校概要説明

      吹奏楽部の演奏

    各科の説明会に移動

      普通科説明会

     家政科学科の説明会

      保育科の説明会

   ミニ保育体験 生徒の説明

教育と医療の連携 高等学校教育相談研究会 研修会

12月6日(金)埼玉県高等学校教育相談研究会研修会が開催され、校種を越えて多くの教育関係者が参加しました。講師は埼玉県立精神医療センター療養援助部の三ツ橋先生です。「教育と医療の連携 ~医療現場の視点から」と題する講演でした。内容としては、〇主な精神障害  〇精神科医療について  〇埼玉県立精神医療センターについて  〇児童思春期精神科の治療  〇教育と医療の連携  〇質疑応答・意見交換 でした。現在様々な事案で問題が複雑化して外部機関との連携が非常に重要になってきています。各関係機関との情報共有の大切さなど非常に勉強になった研修会でした。講師の先生、多くの資料を用意していただいた上に、本当にわかりやすい丁寧な講義をありがとうございました。生徒の皆さん、保護者の皆様方、心配なことがありましたら、是非相談してください。

 

体育館と格技場のメンテナンス

体育館と格技場の床がきれいになりました。12月9日(月)~11日(水)定期考査期間中に業者の方に来ていただき、ポリウレタン樹皮塗料により床のメンテナンスを行いました。

メンテナンスしましたので、すべり等に関して快適な状態になったと思います。体育施設のフロア等に関しては経年劣化しますので日頃から管理をしっかりと行い最高の状態を維持し、各種競技のレベルアップをはかることを願っています。

 

【快適な環境を維持するための日頃の手入れ】

・フローリングのよい状態を長期間維持するために、体育館専用のモップで、体育館の利用前後に、乾拭きで、モップ掛け(つやだし剤のついていないもの)を行う。

・大部分の体育館の木製床はウレタン塗装されており、スポーツ競技に適した滑り抵抗になるよう設計され、耐摩耗性・耐水性など優れた性能を有している。日常清潔に維持すれば、特にワックスを塗る必要はない。ワックスはポリウレタン樹脂塗料と比較して耐摩耗性が低い。

・体育館を使用する前にモップ掛けを行う。前日舞い上がり、翌朝落ちた埃(ほこり)を除去することになるので、スリップ防止につながる。

・塗膜の摩耗等により、木材の素地が出ている部分から水が浸透し、膨潤、反り、変色などを起こすおそれがあるため、基本的には水拭きはしない。

・外部から砂、埃、ワックス成分を持ち込まないように出入口には足ふきマットを置く。

 

体育館や格技場は様々な教育活動で使用しています。上記のことを参考にして、体育館や格技場のよい状態を維持してください。また、よい状態の体育館で、それぞれの競技のパフォーマンスをアップしてほしいと思います。

 

文部科学省、スポーツ庁、日本体育協会、フローリング協会等のHP参照

 

インフルエンザ予防

先月中旬新聞各紙に、インフルエンザが流行期に入ったと厚生労働省が発表したことが掲載されました。昨年と比べて4週間早く、1999年に今の方法で統計を取り始めてから2番目に早いとのことです。

 

インフルエンザの原因となるインフルエンザウイルスはA型、B型、C型に大きく分類され、大きな流行の原因となるのはA型とB型です。近年国内で流行しているインフルエンザウイルスは、A(H1N1)亜型、A(H3N2)亜型(香港型)とB型の3種類です。このうち、A(H1N1)亜型のウイルスは、ほとんどが平成21年(2009)年に発生したH1N1pdmウイルスです。厚生労働省によれば、直近の5週間(2019年第44~48週)ではAH1pdm09(94%)、AH3亜型(5%)、B型(2%)の順とのことです。

 

埼玉県でもインフルエンザに伴い、保育所、幼稚園、小学校、中学校、高等学校において休校、学年閉鎖、学級閉鎖の措置をとった施設数は、R1.11.25 - R1.12.1の期間に28施設、R1.9.2 - R1.12.1の期間の累計では60施設とのことです。

 

【インフルエンザの予防・治療】

(1)流行前のワクチン接種  (2)外出後の手洗い等  (3)適度な湿度の保持  (4)十分な休養とバランスのとれた栄養摂取  (5)人混みや繁華街への外出を控える

 

【インフルエンザにかかったかもしれない場合】

①人混みや繁華街への外出を控え、無理をして学校や職場に行かないこと。 ②咳やくしゃみ等の症状のある時は、家族や周りの人にうつさないように、飛沫感染対策としての咳エチケットを徹底すること。

《周囲へうつさない配慮事項》・咳エチケットを心がけ、咳やくしゃみを他人に向けない。 ・咳やくしゃみが出るときは不織布製マスクを使用する。とっさの咳やくしゃみの際にマスクがない場合は、ティッシュや腕の内側などで口と鼻を覆い、顔を他の人に向けない。 ・鼻汁、痰(たん)などを含んだティッシュはすぐにゴミ箱に捨て、手のひらで咳やくしゃみを受けためた時はすぐに手を洗う。

 

③安静にして休養をとること。特に十分な睡眠が大切。  ④十分な水分補給。お茶やスープなどでも可。  ⑤高熱、呼吸が苦しいなど具合が悪い時は早めに医療機関で受診。

 

インフルエンザは、毎年冬季に流行を繰り返す、わが国最大の感染症の一つです。本校ではお陰様にて、今のところ耳にしませんが、上記の内容を参考にして、お互いに気を付けたいものです。

 

厚生労働省HP、文部科学省HP、埼玉県HP・通知文、読売新聞、朝日新聞等 参照

 

ストレスマネジメント 全生徒及び保護者対象 保健講話

12月5日(木)6,7限、全生徒及び保護者対象の保健講話を実施しました。演題は「ストレスマネジメント」です。講師は本校のスクールカウンセラーをお願いしている長谷川由美先生です。

「~あなたのいまのストレスはどれくらい?~」「~自分のストレス対処の仕方を調べてみよう~」と実際にプリントを配布して、説明を交え、生徒たちは近くの生徒と協力してストレスやストレスの対処方法について真剣に考えていました。講師の先生、ありがとうございました。生徒の皆さん、自分の状況をよく知ることと対処方法を学ぶこと、そして困ったときは相談してください。参加した生徒や保護者の皆様、お疲れさまでした。

 

期末考査

期末考査です。準備はいかがですか?教科によっては、1学期に試験をやって以降に習った内容すべてが範囲になっている教科もあるかもしれません。教科書はもちろんのこと、学習したプリントや授業中の板書を記録したノートも整理して試験に臨んでください。大変かもしれませんが、試験直前はあきらめずに繰り返し勉強することが大切です。生徒の皆さん、頑張りましょう。下足室、廊下もきれいになっていました。

 

保育科 おわかれ会

12月4日(水)保育科3年生が英和幼稚園の園児の皆さんと先生方をお招きして「おわかれ会」を行いました。保育科3年生は毎年近隣の幼稚園のご協力のもとに保育実習を行っています。実習の総まとめとして12月に「おわかれ会」を実施しています。 

この日は本校の保育実習等で「親指姫」を演じたり、ハンドベルで結婚行進曲を演奏したりしました。最後に生徒は目に涙をためながら、園児の皆さんに「これかれも元気で頑張ってね」と声をかけていました。見ている方々も貰い泣きしていました。生徒たちがこれまで一生懸命に園児の皆さんに向き合ってきた証だと感じました。 

生徒の皆さん、保育実習では幼稚園の先生方や園児の皆さんからたくさんのことを学んだと思います。その貴重な体験を様々な形で今後にいかしてほしいと思います。関係者の皆様、本当にどうもありがとうございました。

 

菊展示のお礼状 鴻巣市立東小学校

11月11日(月)の記事にも記しましたが、隣の鴻巣市立東小学校と本校は様々な形での交流があり、毎年児童が育てた菊をお預かりして、2週間ほど学校の玄関に飾ります。実際に育てた児童の皆さんの他に校長先生や数名の先生方も同行してリヤカーで菊を運んでくださいます。大変恐縮しています。非常に立派な菊で毎日とても心が和みました。

過日、展示していた菊を引き取りに来ていただき、展示したことへのお礼状もいただきました。子どもたちの思いのこもった美しい花に癒された2週間でした。本当にありがとうございました。感謝申し上げます。校種を越えた交流は大切だと改めて感じます。

 

新たな学びの視点に係わる調査研究 数学

11月26日(火)数学の先生方が本校に集まって指導方法を研究しました。

今年の8月にベネッセ教育総合研究所発行の冊子VIEW21で「次期学習指導要領に向けた埼玉県の取り組み 多様な資質・能力の育成を目指す指導と評価の確立に小・中・高合同で取り組む」研究の中で、「パフォーマンス課題とルーブリックで生徒の実態を強化し、指導改善を推進」と題した本校の実践が掲載されました。

この日はこの研究を深めるために浦和高校の先生方や県の指導主事の先生と本校の先生が、本校の生徒に実施した課題を分析しながら調査研究を進めました。先生方も皆で研究しながらより良い授業の在り方を常に学び合っています。生徒の皆さんも一時間一時間の授業を大切にして、自分の夢の実現に向けて頑張ってください。

 

羽生実業高校100周年記念式典

11月16日(土)羽生実業高等学校の100周年記念式典に参列しました。

次第は以下のとおりです。

1 開式のことば  2 国歌斉唱  3 校長式辞  4 創立100周年記念事業実行委員長あいさつ  5 埼玉県教育委員会のことば  6 来賓祝辞  7 来賓紹介・祝電披露  8 保護者代表のことば  9 生徒代表のことば 10 校歌斉唱  11 閉式のことば

 

アトラクション

〇記念講演 講師 工藤夕貴  講演テーマ 自分に挑戦する生き方~農業は夢を叶える道~

〇警察音楽隊&ブラスバンド部演奏 (1)レ・ミゼラブル  (2)アラジンメドレー   (3)Sing Sing Sing  (4)にじいろ 

天候にも恵まれ100周年にふさわしい厳かでとても素晴らしい記念式典でした。

特に式典での生徒代表のことばには学校に対する思いがこもっていてとても力強いメッセージでした。また、記念講演の謝辞も生徒が行いましたが、講演者とのやり取りも臨機応変に対応でき、生徒の力量の高さに感動しました。 

各学校で行われるこうした大きな行事で活躍する生徒の姿を見ると非常にうれしくなります。本校でも各生徒が日頃の学校におけるきめの細かい教育活動をとおして、社会に出ても、自信をもって人前で話ができるように成長することを願っています。生徒の皆さん、頑張りましょう。

 

人形劇部に感謝状 講習会『人形劇を楽しもう』

11月19日(火)本校の人形劇部が北本市子育て支援センターの依頼を受けて講習会『人形劇を楽しもう』を行いました。人形劇部はこうした活動を年間十回程度実施しています。

過日、お礼のお手紙をいただきました。それによると、参加した保護者の方々から

「とてもよくできていて楽しかった」

「生徒さんが一生懸命準備したのがすごく伝わりました」

「トーンチャイム・ペープサートなどいろいろなものがあって楽しめました」

「子どもがとても喜んでいました」

「音楽もあり、子どもがニコニコと喜んでいました」

「人形劇と手遊びが楽しかった」

などお褒めの言葉をいただきました。少しでも人形劇の面白さを通して、人と人との心の交流が深まることを望んでいます。参加した生徒の皆さん、引率した先生、お疲れさまでした。

 

教職員メディカル研修会 生徒の身に起こる傷病対応

11月28日(木)本校の保健管理部主催の教職員メディカル研修会を実施ました。講師は埼玉県出身で現在東京都の練馬光が丘病院呼吸器外科に勤務されている明畠ドクターです。「生徒の身に起こる可能性がある傷病対応について」ということでご講義していただきました。


アレルギー、ぜんそく、過換気症候群、てんかん等の発症にいたる過程や見きわめ、そしてそれぞれの対処法について、資料を示しながら詳しく説明していただきました。講義終了後、実際に目の前で起こった時の見きわめとその緊急対応方法についての質問がありましたが、かなりわかりやすく解説していただき、参加した教職員も一様に納得できた様子でした。おかげさまで、非常に充実した時間を過ごすことができました。講師の先生、改めて感謝申し上げます。今後も、危機管理や緊急対応に関する文部科学省や県教委のマニュアル等も参考にしながら、最新の情報を全教職員で共有し、生徒の安全に万全を期する体制を維持したいと思います。

吹奏楽部 チアダンス部 オープニング・パフォーマンス

11月23日(土)クレアこうのす大ホールを会場に、市制施行65周年記念第37回青少年健全育成「市民のつどい」が開催されました。オープニングプログラムでは本校の吹奏楽部とチアダンス部が出場しました。オープニングにふさわしい華やかなパフォーマンスで会場につめかけた大勢の参加者から大きな拍手が起こりました。

 

「市民のつどい」では、開会、あいさつ、来賓祝辞、青少年健全育成都市宣言朗読に続き、表彰式、作文発表を行いました。各中学校1年生の作文特選者の発表は日々の生活の様々な場面に注目するなど内容も多岐にわたり大変素晴らしい発表でした。作文・ポスター・習字の各分野で特選を受賞した皆さんおめでとうございました。本校の生徒も含め、アトラクションで出場した皆さん、お疲れさまでした。

 

家政科学科1年公開授業 タブレット学習 知識構成型ジグソー法を用いた協調学習 ファッション造形基礎

11月26日(火)先週に引き続き、家政科学科1年生「ファッション造形基礎」の授業で知識構成型ジグソー法を用いた協調学習の公開授業を行いました。「セミタイトスカートの型紙のポイントをまとめよう」という内容で、グループに分かれて、タブレットを活用し学習内容をまとめて発表しました。

生徒は、グループごとに A ダーツとシルエット  B 動くためのゆとり  C 着脱するときのあき  の観点から発表内容を検討していました。発表では各グループともタブレットでまとめた内容を黒板に投影して説明しました。校内からも大勢の先生が授業の様子を見ました。今後、現在学んでいる内容を実際に活用しながら、ファッションショーの製作にもつなげていきますので、生徒の皆さんには頑張ってほしいと思います。授業に参加した先生方、授業担当の先生、いろいろとありがとうございました。

 

家政科学科 専門家による特別授業

11月20日(水)午前中、家政科学科1年生の授業で、専門家による授業の一環として、専門学校の講師の先生に来ていただき、どら焼きと和菓子の一つである練りきりの作り方を学習しました。生徒は講師の先生に指示に従って一生懸命に取り組み、とても美味しそうな菓子ができ上りました。講師の先生、ありがとうございました。

 

5校親善ソフトバレーボール大会

11月24日(日)PTA5校親善ソフトバレーボール大会を、鴻巣高校体育館を会場に行いました。北本高校、吹上秋桜高校、進修館高校、鴻巣高校と本校の5校のPTAが毎年行っている恒例の行事です。今年は5校で約250名の保護者の方々が参加しました。

昨年度は本校が優勝しましたが、今年は北本高校が優勝しました。最後の閉会式の挨拶で代表のPTAの方が述べていましたが、近隣の5校で親睦を深め連携を図ることで子供たちの教育により良い影響が出ることを切に願っています。運営に当たられた関係者の皆様、参加された皆様、本当にお疲れさまでした。

普通科 保育科 家政科学科 ホームプロジェクト発表会

11月21日(木)5,6時間目を使い、格技場でホームプロジェクト発表会を行いました。1年生全員が家庭科の授業等で学習した内容を受けて、夏休み中に課題として作成したものを、代表12名の生徒が全員の前でパワーポイントによる作成資料をもとに発表し、13名の先生方が審査にあたりました。

選ばれた生徒だけあり、パワーポイント資料にも様々な工夫があり、中には発表内容をすべて暗記している生徒もいて、大変素晴らしい内容でした。今後も各自の興味関心に応じ、更に学習を深めていってほしいと思います。司会の生徒さん、発表の皆さん、そして先生方も含めて、お疲れさまでした。皆さんの聞く態度、発表内容を記録する態度も素晴らしかったです。

 

卓球部 1部昇格

11月10日(日)、卓球部が鴻巣市総合体育館で行われた鴻巣市卓球連盟主催の会長杯に出場しました。社会人や高校など4チームと対戦し、全勝して、1部昇格を決めました。

顧問の加村先生によると、「夏場の暑い時期も一生懸命に練習してきた成果。とてもうれしい。次は1部優勝を目指して生徒と頑張りたい」と話していました。

 優勝、おめでとうございます。今後の活躍を期待しています。 

 なお、この大会に本校の卒業生チームも初出場し健闘しました。

 

家政科学科 ファッション造形基礎公開授業 知識構成型ジグソー法を用いた協調学習

11月19日(火)の公開授業に引き続き、11月20日(水)1年生家政科学科の「ファッション造形基礎」の授業で知識構成型ジグソー法を用いた協調学習の公開授業を被服室で行いました。「セミタイトスカートのパターン製作」という内容でしたが、生徒はグループごとに真剣で取り組んでいました。来校した先生方も各グループを回りながら熱心に研究していました。今後、このパターンを展開してファッションショーの製作にもつなげていくとのこと。生徒の皆さん、頑張ってください。来校した先生方、授業担当の先生、ありがとうございました。

 

普通科 保育科 未来を拓く「学び」プロジェクト公開研究授業

本日、未来を拓く「学び」プロジェクト公開研究授業を5時間目、6時間目に行いました。東京大学CoREF、グーグルクラウドジャパン、総合教育センター及び各学校の先生方が参加しました。

数学では2年生普通科で数学Ⅱ「三角関数」に関して学び、家庭科では保育科1年生「子どもの発達と保育」で「子どもの福祉と子育て支援」について学習し、「家庭総合」では「人の一生と家族・家庭」について授業を行いました。

 

高校では令和4年度(2022年度)から年次進行で学習指導要領が改訂されます。文科省のHPによれば、改訂の基本的な考え方は、子供たちが未来社会を切り拓くための資質・能力を一層確実に育成することを目指し、その際に子供たちに求められる資質・能力は何かを社会と共有し、連携する「社会に開かれた教育課程」を重視すること。

また、知識及び技能の習得と思考力、判断力、表現力等の育成のバランスを重視する現行学習指導要領の枠組みや教育内容を維持した上で、知識の理解の質をさらに高め、確かな学力を育成することなどです。

 

授業は学校教育にとって最も重要な部分の一つです。現在、生産年齢人口の減少、グローバル化の進展や絶え間ない技術革新等により、社会構造や雇用環境は急速に変化してきていて、予測が困難な時代と言われています。教員も切磋琢磨し、互いに学び合いながら、より良い授業をとおして、子供たちが力強く育ってくれるように、絶えず学び続ける必要性を感じます。

 

参加された皆様ありがとうございました。また、授業を担当された先生方お疲れさまでした。とても有意義な公開授業と研究協議会でした。

 

令和元年度PTA生徒指導委員会研修会

 11月15日(金)、市民会館うらわを会場に埼玉県高等学校PTA連合会主催の「令和元年度埼玉県高等学校PTA連合会 生徒指導委員会研修会」が行われました。埼玉県高等学校PTA連合会主催の委員会は、「家庭教育専門委員会」、「進路指導専門委員会」、「生徒指導専門委員会」、「高校教育とPTA専門委員会」の全部で4つあります。

 

 本校は順番で昨年に引き続き、生徒指導専門委員会に所属し、今年度は北部地区の代表として発表校になっています。会長、副会長、副支部長さんとともに参加し、会長さんが発表しました。

 

【発表校】

地区 学校名 タイトル
東部 草加高校 本校PTAにおける生徒指導活動
西部 所沢中央高校 理解と信頼
南部 川口北高校 PTA活動と生徒指導~学校の応援団として~
北部 鴻巣女子高校 生徒指導とPTA活動

【運営協力校】

春日部女子高校、飯能南高校、川口北高校、児玉高校
 

【次第】

・司会(春日部女子高校)・開会の言葉(児玉高校)

・開会行事

・委員長挨拶(飯能南高校) ・指導講評者紹介  ・発表者、校長紹介

 

・発表

 東部、西部、南部、北部の順  ・質疑応答  ・指導講評(生徒指導課 澤畑指導主事)

 ・閉会の言葉(児玉高校)

 

 どの学校の発表も、それぞれの学校の特色が色濃く表れていて、素晴らしい内容でした。非常に参考になりました。生徒、保護者、学校、地域など生徒に関わる多くの人たちが気持ちを一つにして取り組むことで、よりよい教育ができることを改めて感じることができました。関係になった皆様に改めて感謝申し上げます。本当にありがとうございました。

 

 

家庭クラブ連盟研究発表大会

11月12日(火)さいたま文学館を会場に、令和元年度埼玉県高等学校家庭クラブ連盟研究発表大会が開催されました。生徒や先生など200名程度の方が参加しました。さいたま市立浦和高校の生徒が司会、開会、閉会を担当しました。

7校の代表生徒が「ホームプロジェクト」と「学校家庭クラブ活動」の発表を行いました。大勢の前で発表することはかなり緊張すると思いますが、どの発表でも、与えられた時間の範囲で、堂々とわかりやすく訴えかけていました。今後も日々の学びを大切にし、家庭や地域の様々な課題を捉え、探究し、実践につなげてほしいと思います。運営や発表に関わった生徒の皆さんや先生方、本当にお疲れさまでした。

 

バスケットボール部 県大会出場

バスケットボール部が県大会出場を決めました。久々の快挙です。

11月10日(日)北部地区の予選会が鳩山高校で行われました。大妻嵐山・児玉高校の合同チームと対戦し、102-35で勝利し、県大会出場権を獲得しました。顧問の増子先生によれば、「日頃の練習の成果が発揮され、全員で勝つことができました。まだまだ通過点なのでこれからも気を引き締めていきたいです」と意気込みを語ってくれました。県大会の抽選会は12月10日に予定されています。高い目標を掲げて前進してほしいと思います。おめでとうございました。

修学旅行 江田島民泊 お礼の色紙

過日の修学旅行でお世話になった民泊の家庭の方々への感謝の色紙ができあがりました。

一部を抜粋し、いくつか紹介します。

「お母さんが優しく明るく出迎えてくださりとても楽しく過ごすことができました。カヌー体験、オリーブ狩り、広島風お好み焼きと沢山の体験ができてとてもよかった。ありがとうございました。」

「私たちにとても優しくご飯もおいしく、石鹸アートや海辺の散歩、畑仕事はとても楽しく充実した3日間でした。」

「初めての流れ星、シーカヤック、釣りなど初めての体験ばかり。とても幸せな時間を過ごさせていただきました。」

「はじめての民泊で、すごく緊張したけど、じいちゃん、ばあちゃんに出会えて本当によかった!!ずっと長生きしてね!!!すき」

「卒業したらまた絶対に来たいです」など、感動した思い出が語られています。

 

4年前の修学旅行でも同様に広島県の江田島で民泊を行い、感謝の色紙を送りました。「広報えたじま」でその色紙のことを取り上げていただきました。

「修学旅行で(民泊)で訪れた埼玉県立鴻巣女子高等学校の生徒から、各民泊家庭へ素敵な思い出と感謝の気持ちの詰まった色紙が送られてきました。色紙には、みんなで撮った写真や似顔絵などと、「貴重な体験をさせていただきました」や「大人になったらまた行くから覚えていてね」などのメッセージが添えられ、体験時の感動の深さを感じることができました」とのメッセージが添えられていました。 

江田島の皆様、関係者の皆様、本当にいろいろとお世話になりありがとうございました。

              感謝の色紙の一部

 4年前の「広報えたじま」該当箇所

 

産業教育フェア

11月10日(日)産業教育フェアの2日目。生徒実行委員の生徒は準備の日から連日頑張ってくれています。天気もよく小さいお子さんも大勢来てくれました。

 

専門高校生徒実践発表会では、・農業部会を代表して、熊谷農業高校、工業部会を代表して、春日部工業高校、商業部会を代表して、所沢商業高校、家庭・看護・福祉部会を代表して、誠和福祉高校、それぞれの生徒が発表しました。よく準備された素晴らしい発表でした。

4階では高校生によるサイエンスフェが行われ、SSHの指定校の高校生たちが「楽しい科学教室」を開くとともにポスター発表を行っていました。 

また、第1展示場ではいろいろな催しがあり、本校も「おりがみ教室」を行いました。保育科の1年生が先生となって参加してくれた皆様に丁寧に折り方等を説明していました。

 

高校生たちのいきいきした様子に触れることができ充実した2日間でした。主催者発表では19000人の方に参加していただいたとのことです。参加していただいた多くの皆様、ありがとうございました。高校生の活躍の様子を感じていただけたでしょうか。運営に協力していただいた外部の皆様、生徒の皆さんや先生方本当にありがとうございました。

 

第29回 埼玉県産業教育フェア 新時代 産業で築こう 彩の国

「第29回 埼玉県産業教育フェア 新時代 産業で築こう 彩の国」がソニックシティをメイン会場に行われました。同時に「高校生によるサイエンスフェア」、「小学生向けプログラミング体験教室」も開催されました。

 

本校の生徒は11月9日(日)9:30から行われた開会式の司会を、大宮工業高校の生徒とともに務めました。2人ともはきはきしていて代表にふさわしい立派な司会でした。10:00からはGoogle for Education ミラー スチュアート 様の講演会で、新しい時代を生きていくために必要な力について貴重なお話をしていただきました。

 

そして講演に引き続き、講演者と専門高校生4名による対談を行いました。4名は、農業、工業、商業、家庭・看護・福祉の代表で、家庭・看護・福祉の代表は本校の生徒が登壇しました。

代表の専門高校生は

・これからの社会で必要なアイディアや想像力はどうすれば生まれるか?

・高校生のうちにどのような力を育成すべきか?

・産業教育で学んでいることは社会で求められていることか?  等の質問を行い、

本校の生徒は、

・AIは、人との関りやコミュニケーションが大切な保育現場でどのように活躍するか?

・仕事でどのようなやりがいを感じているか?

等の質問をし、ミラー スチュアート 様からは「よい質問ですね」と言っていただきました。

 本校の生徒も含めて、どの生徒も堂々として、専門高校の生徒らしい将来に対する意識の高さを感じさせる対談でした。

 

第2回学校説明会

本日第2回学校説明会を実施しました。11月に入り朝夕は大分冷え込んできました。いよいよ入試に向けた準備が本格化するという感じがします。中学生の皆さんも風邪などひかないように注意して勉強を頑張ってください。

 

本日は、生徒会本部役員2名による司会で、校長挨拶、教務主任による全体説明、教頭による入試説明に続き、チアダンス部と筝曲部の部活動発表を見ていただきました。

 

部活動発表後は、普通科、保育科、家政科学科に分かれて、中学生・保護者の方と本校生徒が実際に交流し、本校の実情を知っていただく座談会を行いました。

その後、生徒の案内・説明による施設・校内見学と教員による個別相談会を実施しました。

 

本校の生徒は本当によく協力してくれますし、頼りになります。本日の説明会でもおよそ50名の生徒が登校し、受付、誘導、司会、演技、発表、座談会、説明、案内などの運営に関わってくれました。

 

さて、中学生の皆さん、たくさんの高校の中から一つを選ぶのは大変なことだと思います。十分に調べ、体験し、納得のいく高校選びをしてください。本日は説明会に参加していただき誠にありがとうございました。

       全体会

      チアダンス部

     筝曲(そうきょく)

       保育科

                    家政科学科

      個別相談会

    施設・校内 案内と説明

 

第29回埼玉県産業教育フェア 準備

第29回埼玉県産業教育フェアが11月9日(土)10日(日)大宮のソニックシティを会場に行われます。本校は今年度運営委員になっており、先生も代表の生徒も年度当初より準備を進めてきています。

 

本日、担当ごとにリハーサルや当日の動きなどを確認するとともに、農業、工業、商業、家庭、看護、福祉の各部会とも当日に備えて展示物等の搬入作業を行いました。本校でも保育科、家政科学科の生徒が準備におわれていました。

 

本校の生徒は開会式で司会を務めます。また、越谷総合技術高校のファッションショーや体験コーナーでは、常盤高校の「身体計測・血圧体験」、誠和福祉高校の「いろいろ福祉体験」本校の「折り紙教室」、秩父農工科学高校の「クラフトカード作り」なども行われます。先生も生徒も頑張っています。大勢の方々に来ていただければ幸いです。

  生徒実行委員会 事前打合せ会

             鴻巣女子高校 保育科制作

 

職員研修会 「高校生のための学びの基礎診断」

11月7日(木)職員研修会を実施しました。10月には「食物アレルギー緊急対応研修会」を行いましたが、今回は「高校生のための学びの基礎診断」に関する研修会です。

 

「高校生のための学びの基礎診断」とは文科省によれば、高校段階における生徒の基礎学力の定着度合いを測定する民間の試験等を文部科学省が一定の要件に適合するものとして認定する仕組みです。対象教科は国語・数学・英語の3教科で、平成30年度から制度がスタートしています。今回はベネッセコーポレーションの方に説明していただきました。

日々の生活の様子と成績には密接な関係があるとのことでした。出席状況、授業に向けての準備、提出物の提出状況などが成績と相関が見られると、先生や保護者の方など生徒の回りにいる大人が日頃感じていることを数字で示していただきました。講師の先生、詳細な資料とわかりやすい説明をありがとうございました。大変勉強になりました。 

本校はここ数年、この「生活レベル」が非常に良くなっているとのこと。実感していることが実際のデータからも実証された形になりました。

授業理解姿勢、授業外学習、定期試験学習がともに上昇しています。

さて、生徒の皆さん、更に高みに向けて頑張ってください。また、先生方も子供たちの良さを更に引き延ばすようによろしくお願いいたします。更に良い学校を皆で作っていきましょう。

 

2年生進路別ガイダンス

5、6時間目を使って「2年生対象の進路ガイダンス」を実施しました。外部から大勢の講師の先生方に来ていただきました。約20の分野に分かれて、模擬授業という形でガイダンスを行いました。

 

設置分野の概略は以下のとおりです。

〇保育・幼児教育系

〇食物栄養・健康系

〇保育・幼児教育学系

〇デザイン・イラスト系

〇看護系

〇理学療法・作業療法系

〇保育・幼児教育・児童教育系

〇調理系

〇製菓・製パン系

〇理容・美容系

〇ファッション系

〇エステ・メイク・ネイル系

〇ホテル・ブライダル系

〇トリマー・動物系

〇情報処理系

〇福祉系

〇語学・国際理解系

〇販売・接客マナー実習講座

〇民間就職活動準備講座

〇歯科衛生士系

 

どの会場でも生徒は真剣に講師の先生の話に耳を傾けていました。

2年生は先日の修学旅行では事前学習、現地での活動、事後の思い出レポートによる学習など系統的な学習ができ、多くの方々から前向きな姿勢やマナーのよさ等に関してお褒めの言葉をいただきました。修学旅行が終わったので、いよいよ卒業後の進路に関して真剣に考えていく時期です。

家族や先生等とも相談して自己の適性を分析しながら、積極的に情報収集し目標に向けて努力してほしいと思います。

 

 

修学旅行 思い出レポート

2年生の昇降口に全クラスの「修学旅行 思い出レポート」が掲示してあります。また、廊下の壁には、民泊を実施した江田島の港に掲げて頂いた「鴻巣女子高校を歓迎する」ために作成して頂いた横断幕も飾っています。江田島の皆様、いろいろとお心遣いをありがとうございました。

 

生徒のレポートを見ると原爆ドームや民泊の思い出、大阪での印象を語る人が多かったようです。大切な思い出として今後にいかしてほしいと思います。さて、修学旅行も終わり、2年生は最終学年に向けていよいよ準備を始める時期です。目標を決めて頑張りましょう。

 

本校表彰される 鴻巣市防火安全協会創立50周年記念式典

11月2日(土)鴻巣市防火安全協会創立50周年記念式典が鴻巣市文化センター・クレア鴻巣で開催されました。本校は多年にわたり運営に深く寄与したとのことで、防火安全協会会長より表彰されました。

小学生・中学生の防火ポスターの最優秀賞の児童・生徒と保護者の方も表彰されるとともに多くの優秀な作品が掲示されていました。

第1部のアトラクションは鴻巣中学校の吹奏楽部の生徒の皆さんの演奏でした。6曲演奏しましたが、素晴らしい演奏で、曲が終わるたびに大きな拍手が起こっていました。

 

総務省消防庁によれば、平成30年(1~12月)における出火件数は、37,981 件で、これは、おおよそ1日あたり104件、14分ごとに1件の火災が発生したことになります。消防庁が2019年度全国統一防火標語の募集したところ、全国から応募した17,461点の中から、「ひとつずつ いいね!で確認 火の用心」が選ばれました。この標語を念頭に、お互いに日々気を付けていきたいと思います。

 

 

 

 

 

修学旅行4日目

本日も快晴です。ハイアットリージェンシー大阪を出発し、大阪城へ。生徒はハーハー言いながら八階まで上り、大阪の町並みを見ていました。

その後、道頓堀、心斎橋辺りを散策、昼食。大阪の食や買い物を楽しんでいました。実りの多い修学旅行でした。生徒も満足した顔をしていました。

  チェックアウト 荷物をトラックに

大阪城 最大の蛸石(たこいし)の説明

       大阪城

       道頓堀

      戎橋(えびすばし)

       新大阪駅

修学旅行3日目

今日も快晴。江田島市スポーツ研修センターで離島式。全員で校歌を歌い記念撮影をしてフェリーに乗船。様々な素晴らしい体験をできたことに感謝です。

 10時前に宮島に到着し、厳島神社。その後、班別行動、昼食。天気もよく、外国からの方々や他の修学旅行生もたくさんいました。フェリーで広島に戻り、新幹線で大阪へ。正装に着替え、テーブルマナーで夕食です。

     離島式  司会者

     フェリー乗船 お別れ

   宮島港着 班別行動前の説明

       厳島神社

       鹿と遊ぶ

      テーブルマナー

修学旅行2日目

旅行2日目快晴です。生徒は50軒の民泊家庭の方とともに今日は一日家業体験です。正光港では民泊家庭の人に連れられて釣り体験。ベラ、黒鯛、メバルがたくさん釣れていました。長瀬海水浴場ではシーカヤック体験やダンスの練習。とても楽しそうでした。花農家では土づくりのためのペーハー測定中。

 

鹿川では稲刈り体験。昼食にお好み焼きを食べているところに邪魔して、収穫したてのみかんを用いて搾りたてのジュースを作っていいただきました。海上自衛隊第1術科学校(旧海軍兵学校跡地)見学。また、民泊家庭の人に連れられて夕日が沈むときに砂浜で遊ぶ生徒の姿が散見されました。充実した一日でした。

    長瀬海水浴場 ダンス

        稲刈り

        釣り体験

第1術科学校(旧海軍兵学校跡地)大講堂

    入鹿(いるか)海岸 沈む夕日

修学旅行1日目

今日から修学旅行です。東京駅に集合。のぞみに乗り、8:50に出発。12:50広島に到着。原爆ドームでクラス写真撮影。ずっと雨でしたが広島では晴れていてよい写真が撮れました。

 

平和記念公園にて平和セレモニー、千羽鶴献納。平和記念資料館見学。外国の方々、小学生など非常に大勢の人が見学に来ていました。

 

フェリーで江田島にわたり、入島式。温かく迎えていただきました。

   平和の鐘の音 広島から世界へ

   原爆ドームの説明を聞く生徒

     平和記念資料館見学

     江田島が見えてきた

    入島式 委員長挨拶

さんフェア新潟2019

第29回全国産業教育フェア新潟大会が行われました。全国産業教育フェアは、農業、工業、商業、水産、家庭、看護、情報、福祉の8分野で専門的な教育を行う専門高校等で学ぶ生徒が、全国から集まり、日頃の学習や研究・研鑽の成果を発表し、広く地域社会や一般の方々に専門高校の教育内容や取組の素晴らしさや良さをアピールするとともに、産業教育に対する理解を深めてもらうことを目的に実施しているものです。

 

専門高校では、地域産業を担う人材を育成し、社会や産業経済の発展に大きな役割を果たしてきています。企業等と連携した商品開発、地域での販売実習、各分野のプロフェッショナルによる指導など、それぞれの地域や産業界と連携した実践的・体験的な学習活動に重きを置いて、地元、地域の将来を担う人材を育成することに力を入れてきています。

 

今回の大会でも「繋(つな)ごう!伝統のバトン 朱鷺(とき)翔(かけ)る新潟から」のキャッチフレーズのもとに、各学科の研究発表やポスター展示、各種コンテストなどが行われました。スーパープロフェッショナル・ハイスクールの事業発表会や展示、クッキングコンテストのパフォーマンスなどこれまでの真摯な取組状況を感じさせる内容でした。生徒の皆さんも各自調べてみてください。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

秋の読書週間 図書委員会活動

本校では図書部の先生の指導のもとに、図書委員が活発に活動しています。教室等の1Fには図書委員会の昨年度の活動報告が掲示されています。 

秋の読書週間のキャンペーン、図書委員研修交流会、図書室内の展示の様子、図書館便り、特集コーナーや「おすすめの本」の紹介など、様々な取組状況が掲示されています。今回掲示された写真では「星座」、「グルメ特集」などのテーマで本が紹介されていました。また、各学年の昇降口の掲示板では、おすすめ本や図書室内での展示の内容が紹介されています。 

今回の「鴻女の秋の読書週間イベント」では、

その1 「しおりプレゼント・キャンペーン」

その2 「“おすすめの一冊”コンクール」

を行います。生徒の皆さん、是非積極的に参加してみてください。

読書は間違いなく生活を豊かにしてくれます。

  読書週間イベント案内

 

   読書案内

 

 修学旅行 事前学習おすすめ本

 しおりプレゼントキャンペーン

 おすすめの一冊コンクール

 

 プレゼント 表面

  プレゼント 裏面   

      

 

中学校研究授業発表会

市内中学校の授業研究発表会に参加しました。研究主題は「生徒の自己肯定感・集団貢献能力を育む集団づくり ~教科・道徳・特別活動との関連を図って~」です。3年生、2年生、1年生の1クラスずつで公開授業を行っていました。

中学校の教室は掲示物がきれいに貼られていて、きめの細かい教育が行われていることが感じられました。授業は、1年が数学、2年が道徳、3年生が特別活動でした。どの授業も工夫されていて生徒が生き生きと輝いていました。生徒の皆さん、大勢の人がいたので、さぞ緊張したことでしょう。お疲れさまでした。また、授業担当の先生、とても参考になりました。ありがとうございました。

授業は学校教育の中の要ともいえる部分。中学校のこうした素晴らしい授業を高校も引継ぎ、生徒の発達段階に合わせて、更に発展していけたらと感じました。

修学旅行に向けて

間もなく修学旅行です。既にしおり等も配られています。2年生の廊下には生徒の皆さんが事前学習で制作した「広島新聞」が掲載されています。旅行の準備も進んでいることと思います。今回の修学旅行では平和学習とともに様々な形での民泊体験や班別行動、クラス別行動などが予定されています。

 

思い出に残る修学旅行にしてほしいと思います。急に寒くなってきました。風邪を引かないようにしてください。健康で参加できることが最も大切なことだと思います。

 

PTA支部対抗ソフトバレーボール大会

 

10月19日(土)、PTA支部対抗ソフトバレーボール大会を体育館で行いました。保健厚生部の皆様は早くから会場の準備をしてくださいました。小雨が時々降っていましたが8支部から大勢の方々が参加し体育館は熱気で盛り上がっていました。

決勝戦は合同(北本・吉見・大宮・東松山)VS深谷、3位決定戦は、行田VS熊谷でした。フルセットの結果合同チームが優勝しました。また、行田が3位になりました。皆様、本当にお疲れさまでした。11月24日には恒例の5校親善ソフトバレーボール大会が予定されています。昨年度は本校が優勝しました。皆様頑張りましょう。

  

  

 

活躍する生徒たち

家庭科の全国大会が北海道で開かれ参加しました。専門学科のある高校だけではなくて、家庭科に関する専門学科を設置していない高校でも様々な特色のある取組をしていました。全国各地で活躍する生徒の様子を感じることができました。

【研究協議 A】 家庭科に関する学科を設置している学校

○知恵と技をつなぐ家庭科教育
 ~伝統ある活動を継承し創造する取組~
  岩手県立花北青雲高等学校
○地域と連携した教育活動 
  ~生活情報科と食物科の取組~
  福井県立美方高等学校
○地域に根ざした専門高校としての取組
  ~成長を実感できる学校づくりを通して~
  鳥取県立米子南高等学校

【研究協議 B】 家庭科に関する学科を設置していない学校

○地域に貢献できる人材の育成を目指して  
   ~専門系列家庭コースの取組~
    福島県立安達東高等学校
○普通科高校における家庭科教育の実践
 ~主体的に学ぶ生徒の育成を目指して~
  石川県立金沢西高等学校
○総合学科における家庭科教育の実践
  山口県立岩国総合高等学校

会場内には生徒の作品が並べてありました。大変参考になるとともに、生徒の作品に感銘を受けたり勇気づけられたりしました。

参考までにいくつか紹介します。

  

  

 

幼稚園運動会

10月14日(月)幼稚園の運動会にお邪魔しました。当初、10月12日(土)に予定されていたものですが、台風のため延期になり月曜日の開催となりました。時々小雨が降っていましたが暑すぎず寒すぎず運動するにはちょうど良い気温の中での開催となりました。 

本校の生徒が実習でお世話になっている2つの幼稚園の運動会です。本校の生徒を「お姉ちゃん先生」と慕ってくれるかわいい園児たちが、日頃の練習の成果を存分に発揮して、いきいきと活躍していました。 

お父さん、お母さんだけではなく、おじいちゃんやおばあちゃんも大勢参加して、子供たちのパフォーマンスを温かいまなざしで見ていました。子供たちもたくさんの人たちに見守られ、恥ずかしそうにしながらも、楽しそうに身体を動かしていました。 

幼稚園の先生方の指示や笛や太鼓の音に合わせて、一生懸命に演じている子供たちを見ているととても温かい気持ちになれました。最近は日本の選手がスポーツの国際舞台で活躍する機会も増えてきました。この中からも将来、子供たちに夢を与えるようなアスリートが出るかもしれません。そのくらい、園児たちは皆、「輝いて」いました。

   

  

 

定期考査

本日より定期考査が始まります。いわゆる2学期の中間テストです。来週の月曜日までの予定です。通常では1学期の期末テストの範囲以降に学習した範囲や、夏休みの課題等の内容、あるいは教科によっては検定試験等の内容も意識して学習内容を設定している学校もありました。いずれにしても真摯な態度で精一杯持てる力を発揮してほしいと思います。 

以前自分の限界かなと思ったときに少しだけ頑張ることを繰り返すといつしか大きな力になるという話をしましたが、定期考査はそうした皆さんがこれまで蓄えた力を発揮する絶好の機会とも言えます。大変重要な学校行事です。自分自身の成長につながるように努力してください。家庭で学習する際は睡魔との戦いかもしれません。悔いの残らぬように頑張ってください。皆さんの健闘を祈ります。

吹上秋高校創立十周年記念式典

10月11日(金)吹上秋桜高校創立十周年記念式典に参列しました。

 

次第は以下のとおりです。 

 1 開式のことば

 2 国歌斉唱

 3 校長式辞

 4 創立十周年記念事業実行委員長挨拶

 5 埼玉県教育委員会のことば

 6 来賓祝辞

 7 来賓紹介・祝電披露

 8 記念品紹介

 9 保護者代表のことば

10 生徒代表のことば

11 校歌斉唱

12 閉式のことば

 

第2部 

アトラクション

 太鼓部による演奏

 ダンス部による演舞

 

第3部

卒業生とのシンポジウム

 シンポジスト 1期生 3名  2期生 1名  8期生 1名

 コーディネーター 国語科教諭

 

厳かでとても素晴らしい記念式典でした。校歌斉唱では先生の指揮と代表生徒の伴奏にあわせて大きな声で歌っていました。とても気持ちのよい校歌斉唱でした。

第2部のアトラクションでは生徒たちのスキルの高さ、また取り組む真剣さや姿勢、そして演技の迫力に感銘を受けました。

 

そして、第3部の卒業生のシンポジウムは感動的な内容でした。

卒業間もない卒業生から28歳くらいになる男女の卒業生5名(男性2名、女性3名)でした。生徒会に関わっていた人も多く、1期生ということで新しい学校を自分たちでつくっていくという意識が在学当時から非常に強かったと説明していました。

現在の仕事や生活は非常に充実していることが窺われ、言葉に自信が感じられました。

特に母校に対する愛情や後輩に対する熱い想いはひしひしと伝わってきました。若者たちのトーク力の高さに圧倒されたシンポジウムでした。 

本校も平成27年度に50周年記念式典を行いました。次の100周年に向けて、生徒、保護者、同窓会、地域の皆様方、そして教職員が一丸となって、伝統を引き継ぎながらも更に高みを目指してより良い学校を作っていければと考えています。どうぞよろしくお願いいたします。 

 

生徒の皆さん 登校時、気を付けて

今回の台風19号では県の内外、特に東日本を中心に広い範囲で甚大な被害をもたらしました。国土交通省によれば、7つの県で37河川、52か所で堤防が決壊したとのことです。台風によりこれまでお亡くなりになられた方々、安否不明な方々、多数の負傷者の方々の情報が相次いでいます。また多くの地域で家屋等の浸水被害等が発生しています。お亡くなりになられた方々のご冥福をお祈りするとともに、すべての被災者の皆様に心からお見舞い申し上げます。一日も早い復旧、復興をお祈りいたします。
生徒の皆さんは自宅周辺の様子などをよく見てくれぐれも気を付けて登校してください。

食物アレルギー緊急対応研修会

本校では、様々な職員研修会を実施しています。昨年度も教育相談的な研修会、高大連携に伴う研修会、授業改善の研修会、外部講師による生徒対応の研修会など多くの研修をとおして、職員のスキルアップを図ってきました。 

 

今回、食物アレルギー緊急対応研修会を開催しました。養護教諭の飯田先生が講師として、「食物アレルギー緊急対応マニュアル」や、動画入りのパワーポイント資料を使いながら、具体的に、わかりやすく説明してくれました。 

食物アレルギーのタイプ、口腔アレルギー症候群、アナフィラキシー、あるいはエピペンの具体的な使い方など非常に参考になりました。 

 

この後も、2学期にベネッセの方による新学習指導要領や総合的な探究の時間への対応等に関する研修会、あるいは、ドクターによる、生徒に起こる可能性のある身体症状への対処方法に関する研修会など様々な研修会を予定しています。 

時代の流れに即した適切な対応ができる職員集団でありたいと思います。先生方よろしくお願いします。また、保護者の方も参加できる研修会もありますので、よろしくお願いいたします。 

 

    東京都「食物アレルギー緊急対応マニュアル」等参照          

 

 

ノーベル化学賞 吉野彰(よしの あきら)・旭化成名誉フェロー

吉野彰・旭化成名誉フェローが今年のノーベル化学賞を受賞しました。米テキサス大オースティン校のジョン・グッドイナフ教授、米ニューヨーク州立大ビンガムトン校のスタンリー・ウィッティンガム卓越教授との同時受賞です。


日本のノーベル賞受賞は米国籍の2人を含め27人目。化学賞は2010年の根岸・鈴木教授に続いて8人目、自然科学分野では24人目になります。

受賞理由は「リチウムイオン電池の開発」です。リチウムイオン電池は、ご存知のように、スマートフォンやノートパソコン、電気自動車などに広く使われ、軽量かつ高出力で、充電して繰り返し使えるのが特徴です。


大容量の小型電池の普及により、今後、電気自動車、人工知能(AI)など新技術の融合が加速するとみられています。今年、小惑星リュウグウに着地した探査機「はやぶさ2」には小型のリチウムイオン電池が使われ、来年営業運転を始める東海道新幹線の新型車両にもリチウムイオンが搭載される予定です。

吉野氏は化学に興味を持つきっかけになったのが、小学校4年生のときに担任の先生に勧められた一冊の本だったと取材の中で話していました。19世紀に活躍した英国の科学者、マイケル・ファラデー著「ロウソクの科学」です。この本は、2016年に医学生理学賞を受賞した東工大栄誉教授・大隅良典氏も原点に挙げていた書物です。
生徒の皆さんも一度読んでみてはいかがでしょうか。「『なぜ』に答える化学の世界への関心がかき立てられた」と吉野氏は話していました。

 読売新聞、朝日新聞、毎日新聞、日本経済新聞等参照

台風接近 注意

大型で猛烈な台風19号が近づいています。非常に強い勢力を保ったまま、12(土)~13(日)に四国から関東、東北まで広い範囲で接近、上陸する恐れがあり、今年発生した台風では最強となりそうです。

 

10日午前6時現在中心気圧は915hPaで、中心付近では最大瞬間風速75メートルとのことです。

 

気象庁は、通常は台風が接近する前日に行う会見を9日に開き、先月の台風15号や昨年の台風21号と同程度の暴風になるとして、早めの備えを呼びかけています。

 

生徒の皆さんは、最新の情報を確認し、早めの台風対策を心がけて欲しいと思います。登下校時を含め、外出時は特にご注意ください。

 

以下に【台風の際に注意すること】を記します。参考にしてください。

 

【台風の際に注意すること】(防災コラムより一部抜粋)

・台風の接近や上陸によって暴風雨になったら、外へ出ない。

・通過しているときは、外へ出ないようにし、河川や用水路の見回りはやめること。

・屋根の補修は、台風が近づく前に済ませておく。

・河川や用水路等、流れている水に近づかない。

・マンホールや用水路のフタが開いているのに気づかず、落ちてしまうケースも多くあるため、雨が降っているときは近づかない。

・暴風によって、停電になることもあるため、エレベーターの使用は極力避ける。

・土砂災害の可能性があるので、山などの急な斜面には近づかない。

・行政から避難勧告が出た場合は、複数で行動する。

・行政から避難勧告が出たら、戸締まりをして近所の人に声をかけ、一緒に徒歩で避難する。

・50cm以上の水深で浸水が発生している場合は、無理に避難しない。
 

これ以外でも注意することがあると思います。自分でも調べてください。以前も書きましたが、自分の身は自分で守る姿勢は大切です。

自分で学習することでしっかりと身につけ、いざというときに即座に行動できるようにしてください。

 

 気象庁HP  防災コラム等 参照