校長室だより

校長日誌

◆若葉が目に映える季節となりました・・・◆

今年の春は、桜も静かに散り、花水木も楚々と咲き、気付くともう若葉が目に映える季節となりました。

春をじっくり味わうことなく5月を迎え、あっという間に月日が流れていきます・・・。

 

生徒の皆さんにとって高校生である今は、『自分自身を見つめる大切な時期』です。

人生の中で『青年期』の前期にあたるこの時期は、日々の学びや友人とのかかわりの中から、そして、生きる基盤である家庭生活の中から、『自分自身とは何か』『どう生きるか』等、真面目に考えられるようになる時期なのです。

そのうちの数ヶ月間がこのような状況に遭遇している今、一日一日をどのように過ごす(過ごした)かは、今後の皆さんの人生において、さらに大きな意味を持つ期間になると考えられます。逆境の時こそ、人生がわかるものです。

 

英国初の女性首相マーガレット・サッチャーの言葉に、「考えは言葉となり、言葉は行動となり、行動は習慣となり、習慣は人格となり、人格は運命となる。」という言葉があります。

自分の周りに、そして世界に目を向けて、あらためて『生きる』ことを考えてみてください・・・。

        ~ アンテナを高くして、自分自身を見つめてみましょう ♪ ~

◆『県立学校の休業期間の延長について』◆

4月28日付で、県教育委員会から上記の通知が来ました。5月31日(日)まで休業期間が延長されました。

現在の社会状況から予想はしていましたが、いろんな意味で残念な気持ちでいっぱいになりました。

おそらく生徒の皆さんも、保護者の皆様も同じかと思います。

ただ、『命より大事なものはなし』です。

これまでそしてこれからも、頑張って自粛を続けている成果は、きっと現れるはずです。

今できることを大切に、冷静に考えて日々を過ごしましょう。

何気ない毎日の中に、『新たな発見』と『愉しみ』を見出せるかもしれません♪

生徒の皆さん、学校再開の日までしっかりエネルギーを蓄えて、パワーアップしておきましょう。

          ~ あなた自身を大切に・・・~

◆『Google Classroom』の研修会にて◆

 本校では、この休業期間中の生徒の皆さんとのつながりのひとつとして、『Google Classroom』を取り入れています。課題(の一部)や、みなさんに連絡したいことなど、先生方が皆さんのために工夫しながら進めてくれています。

その道のスペシャリストばかりではありませんが、一生懸命学んで活用に向けて頑張ってくれています。

計33名の先生方が、『3密』に配慮し、2つの教室に分かれての勉強会・・・熱意が伝わってきました!!

その姿勢が素晴らしいと思いました。

『ピンチはチャンス』・・・ これを機に、新しい手法も取り入れられるといいなと感じました!

 

     ~ そんな先生方の『想い』を、どうぞ受け止めてください。~    課題、頑張れ!!

 

◆各学年の第1回登校日、無事終了◆

 3年生:4月14日(火)、2年生:4月15日(水)、1年生:4月16日(木)に、それぞれ第1回の登校日を実施しました。クラスごとに分散登校という形で『3密』の状態を避け、必要なことを限られた時間・範囲でテキパキとこなしていました。

 生徒の皆さんが、久しぶりの学校の空気と友だちとの再会にわくわくしている様子が伝わってきました。その光景を見つめる先生方も、とても嬉しそうでした…。私も、早く平常の学校生活に戻って欲しいと心から思いました。

 <今は、大変な時です>  ひとひとりが、今できることをしっかりと実践していきましょう。

 まずは、規則正しい生活と、健康管理。そして、課題にきちんと取り組むこと。

 それから『心の健康』にも気を付けて、明るい笑顔も忘れずに♪

          ~学校が再開し、皆さんにお会いできるのを心待ちにしています…~

◆令和2年度入学式(第55回)を行いました◆

穏やかに晴れ渡った令和2年4月8日(水)、第55回入学式を挙行しました。

真新しい制服がまぶしい、159名の新入生を迎えることができました。

本来であれば、保護者の皆様をはじめ多くの方々とお祝いしたいところですが、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため簡素な形ではありましたが、教職員一同、心を込めて会場準備・運営にあたりました。

担任の呼名に、新入生の元気いっぱいの返事が体育館に響いていました・・・。

3年間、チャレンジする気持ちを忘れず、大切な高校時代を力強く、そして自分らしく充実させてください。