部活動情報

カテゴリ:バスケットボール部

星 フィジカルチェック バスケットボール部


こんにちは!バスケットボール部です。

昨日の放課後、トレーナーさんにきていただいて、『フィジカルチェック』を行いました!
バスケ部 のほかに、バレー・陸上・ソフトボール部も一緒にやりました!



フィジカルチェックでは、自分がどれくらいの筋肉量なのか、体幹や柔軟性など自分は何が足りないかをよく知ることができたと、選手が言っていました!
何週間かあとには、この 結果をフィードバックしてもらい、トレーニング方法も学べるので、これをきっかけに、どんどん強い身体になってほしいなと思います。
結果が楽しみですひらめき

晴れ あけましておめでとうございます! バスケットボール部


こんにちは!バスケットボール部です!

冬休みは、熊谷女子高校にて群馬県のチームと練習試合や、中学校のチームをお招きした交流試合などを行いました!年明けで体が少々重そうな選手がいましたが…、ヘロヘロになりながらも最後まで頑張っていました!
他校のみなさん、ありがとうございました。

冬休みが終わり、またこれから頑張るぞ!
…という気持ちでしたが、本校のバスケットボール部はインフルエンザにかかり、人数が少ない状態が続きました。
まだ体調不良がちらほらでていますが、最近ようやく復活してきたところです。
1月の練習は、練習内容がガラっと変わり、ギクシャクしながらの練習になっていますが、乗り越えてまたステップアップしてくれるといいなと思っています。

最後に先日の雪の中での練習(遊び)の写真を載せます!

みなさま、転倒にはお気をつけて!!

星 冬3校合同合宿 @春日部女子高等学校


3日間、春日部女子高校にお邪魔して、熊谷女子・春日部女子高校と3校で合宿をしてきました。
本合宿の課題は『コミュニケーション』です!
バスケットボールにおいて、コミュニケーションはとても大切です。
その重要さは、生徒はみんなわかっているのですが、なかなか声がでないのが現状です。
そこで、今回の練習では、コミュニケーションをとらないとできない練習や、声をだして行う練習等に挑戦しました!
てこずりながらも、声をだす、ということを意識しながら練習できるようになったかなと思います。
ただ、まだまだまだまだ足りません!この感覚は忘れないでほしいなと思います。

2日目の午前は、トレーニングを行いました!
面白いメニューもたくさんあったので、鴻巣女子でもこれからとりいれたいと思います!


マネージャーも大活躍してくれました!
なんと、2日目の夜、熊谷女子の志村先生のご指導のもと、マネージャーの力で『カレーライス』をつくってくれました!
とてもおいしく頂きました♡



3日目、昨年と同様、今年も星澤先生をお招きして、クリニックをして頂きました!
星澤先生は、インターハイ優勝経験のある有名な先生で、U-19全日本女子代表監督を歴任されました。
今回は『ペイントエリアの攻撃』や、『OFのセットプレー』、『エンドスローイン』についてのご指導を頂きました。
選手にはこれを受けて、プレーの幅を広げていってもらいたいです。
また、プレー以外にも、勝つチームのメンタリティも学ぶことが多かったのではないかと思います。聞けたことをたくさん吸収してほしいと思う、顧問一同でした。

私自身も、昨年もでしたが、学ぶことが多く、これからの練習に活かしていきたいと思います!

星澤先生、ありがとうございました!


今回の合宿では、練習の中身以外にも考え直さなきゃいけないこと、たくさんあったと思います。
今、ここにいれること、合宿ができること、バスケができること、当たり前と思わず、感謝の気持ちをもちながら過ごしてほしいなと思います。
目には見えないけれど、たくさんの人のおかげでできていることがほとんどです。
それを忘れずに、人間的にも成長していってほしいです。

最後に、練習内容から、食事等様々な点でご準備頂いた春日部女子高校の雪野先生・石山先生ありがとうございました。
また、会場準備をしてくれた、春日部女子高校のバスケ部のみなさんありがとうございました。
この3日間を自分たちの成長のために、しっかりと身につけていけるようにしていかなければと思います。
お世話になりました!!

星 冬休み バスケットボール部


こんにちは!バスケットボール部です。

2学期が終わり、冬休みに入りました。
終業式の日に、授業で行われている『外周走』のベスト記録ランキング、トップ10の人へ賞状がでたのですが…
バスケットボール部では7名が入賞しました!

順位は下記の通りです。
1位イチ(2年)2位テル(2年)3位トキ(2年)5位キョウ(2年)6位ハク(3年)8位チユ(2年)9位フウ(1年)
素晴らしい走りっぷりでした!
バスケは体力勝負です!チーム内でも切磋琢磨して頑張ってほしいと思います!


さて、先日のクリスマスの練習後。
マネージャーの2人が嬉しいサプライズを仕掛けてくれました!


なんとサチ(1年MG)が手作りでケーキを作ってきてくれました!
見た目もかわいらしく、味もとってもおいしかったです♪
さすが家政科学科!

    
たまには、こういう息抜きも必要ですよね!
楽しいときははしゃいで!頑張るときは思い切り頑張る!
メリハリあるチームになったらいいなと思います。

27日からは春日部女子高校・熊谷女子高校のバスケ部のみなさんと合同合宿です。良いところはしっかり見習い、より高くステップアップできるよう、精進していきます!!
春日部女子高校の皆さま、お世話になります。

合宿中もたくさんの応援、お待ちしております。
保護者のみなさま、お時間がありましたら、覗きにきてください。

星 新人戦結果報告 バスケットボール部


11月5日は新人大会北部支部予選の初戦でした。
対戦相手は鴻巣高校で、結果は初戦突破ならず…。
ナイスプレーもたくさんありましたが、3ピリオドでの無得点の時間が長すぎました。
最後追い上げるも、追いつくことができず試合終了です。

鴻巣 68-62 鴻巣女子
(17-8,15-19,19-3,17-32)

相手校の鴻巣高校は先日の2回戦、vs本庄高校に15点差で快勝し、県大会出場を決めました。
どんなに惜しい試合をしても、負けは負けです。
勝ちきるためには、辛いときに粘り強いプレーができるか、大事な1本を決めきることができるか、簡単なプレーを確実に行うことができるかが、本当に大切なんだなと改めて感じました。
戦えるチームにはなってきていると思います。あとは、勝ちきることができるチームを目指して、この冬、強くなっていきたいと思います!

お忙しい中、応援に駆けつけてくださった保護者のみなさま、また、3年生、ありがとうございました。
たくさんの方が応援にきてくださると選手の励みになります。
今後ともどうぞ、よろしくお願い致します。

夏休み最終日 バスケットボール部


こんにちは!バスケットボール部です!

8月最終日の今日は夏休み最後の日でもあります。
バスケ部は夏休みの締めくくりとして午前中練習をしました!

大会で感じた弱点の克服と、新たな技術を体得するためによく動いていました。
また、夏の合宿で教わった練習も多く取り入れ、体を上手に使うための練習もやっています。
↓の写真は大滝げんきプラザでの練習風景です。
今年は、与野・浦和南・蕨・大宮西・富士見高校のバスケ部のみなさんとともに合宿させて頂きました!



バスケットボールというスポーツは様々な技術・戦略があり、またルールもたくさんあって、とても奥深いスポーツだと私は思っています。
たくさんの体力・筋力はもちろん、知識もとても大切です。
また、試合の戦況はどんどん変わるため、的確でなおかつ素早い状況判断も必要になります。
自分の狙い通りのバスケットボールができたら、どんなに楽しいでしょうね!
そんなバスケットボールの面白さを体感して欲しいという願いから、今日はペーパーテストを実施してみました。初めての試みです!
全10問、ルールのこと、技術のポイント、状況判断などの問題で作成されています。(顧問作)


最高得点はキャプテンのトキでした!さすがです!1年生、がんばれ!!!

明日から学校が始まります。勉強と部活の両立しっかりと。
また、新人戦にむけてさらなるステップアップを目指して頑張っていきます!

星 大会結果 バスケットボール部


こんにちは!バスケットボール部です。

昨日は、新チームとして臨む初めての大会がありました。
対戦相手は東京成徳深谷高校です。

スコアは以下の通りです。
成徳深谷 73(17-24、18-11、18-10、20-11)56 鴻巣女子

1ピリの出だしはよかったのですが、怪我やファールが相次ぎ、また相手のプレッシャーにのまれ、逆転負けをしてしまいました。
トラブルはあったものの、チームとしてやりたいことができていませんでした。
低身長チームということもあり、今後も厳しい戦いばかりかと思いますが、本校の力はこんなものではありません。
新人戦にむけてパワーアップできるよう、疲れを癒してから、また始動していきたいと思います!


保護者のみなさま、いつも応援をありがとうございます。
これからも、温かく生徒達の成長を見守ってくださるよう、よろしくお願い致します。

3年生も、応援に駆けつけてくれてありがとうございました!

ノート・レポート 夏休みの予定 バスケットボール部


こんにちは!バスケットボール部です。

ウィンターカップの予選が終わり、新チームがスタートしました。
3年生が引退し、2年生8名、1年生5名と、少々人数が少なくなってしまいましたが、その分、一人ひとりの練習量は増えるはず!ということで切磋琢磨頑張っています。
まずは8月下旬にある、県北大会に向けて、練習を重ねていきます!

今後の予定です。

8月 9日 1日     @鴻巣女子高校(練習試合)
   10日 8:30~  @鴻巣女子高校
   14日 8:30~  @鴻巣女子高校 
   15日 8:30~  @鴻巣女子高校 
   16日 8:30~  @鴻巣女子高校
   17-19日 合宿 @大滝げんきプラザ
   20日 8:30~ @鴻巣女子高校
   21日 県北大会 VS東京成徳深谷高校  
                 @大妻嵐山高校(14:00トスアップ)

   26日 8:30~ @鴻巣女子高校
   27日 8:30~ @鴻巣女子高校
   29日 8:30~ @鴻巣女子高校
   30日 8:30~ @鴻巣女子高校


あくまで予定なので、変更する可能性があります。

星 学校総合体育大会 結果


土曜日に行われた試合結果です。

鴻巣女子 60 - 73 鴻巣

結果は敗北。残念ながら県大会への道は途絶えてしまいました。
もちろん勝つつもりで戦ってきたので、悔しい思いでいっぱいです。
どうして勝つことができなかったのか、、今まで練習してきたDF等効いているものはたくさんありました。
しかし、相手のシュートの確率のよさ、そして本校の前半のミスが目立ち点差がひらいてしまい、追いつくことなく試合終了をむかえてしまいました。
前半に得点の差が出てしまいましたが、選手達は諦めることなく、ブザーのなる最後の最後まで走り続けるました。とてもかっこいいものだったと思います。

当日は、保護者の方はじめ、本校の生徒や職員…たくさんの応援を頂くことができました。
本当にありがとうございました。

3年生の大会はこれで終わりです。
今年度からは新しく7月にウィンターカップ予選ができた関係で、2年生に代替わりはしますが、3年生はあと1ヶ月残ります。
残りの1ヶ月、少しでも3年生のよさを引き継いでいけるように練習に臨みつつ、またチーム一丸となって戦います。

今後ともご支援、ご声援の程、よろしくお願い致します。

星 学校総合体育大会 バスケットボール部


こんにちは!バスケットボール部です。
1年生6名(内1名マネージャー)を新たにむかえ、総勢24名で県大会をl目指し、頑張っています。

そして、3年生最後の大会、学校総合体育大会北部支部予選が始まりました!

以下、昨日の初戦結果です。

鴻巣女子 89‐42  鳩山
 (30-6,30-13,15-11,14-12)

登録メンバー全員が出場し、勝利することができました!
平日にも関わらず、応援に駆けつけてくださり、ありがとうございました!

次の試合は、10日(土)11:00~ vs鴻巣高校です。
鴻巣高校は前大会で県大会出場したチームです。
手強い相手ですが、チーム一丸となって戦い抜きます!必ず勝ちます!

会場はなんと本校、鴻巣女子高校の体育館です。
ホームでの試合、たくさんの方に感動を届けられるよう選手共々頑張ってまいりますので、応援の程、よろしくお願いします!

星 バスケットボール部 春休みまであと少し


こんにちは!バスケットボール部です。

マネージャーのセナ・ソヨの2人がマネージャー新聞第2号を作成しました!


今回は、練習メニューにある「3メン」のノーミスの回数を集計してランキングをだしてくれました。
さすが2年生、上位を占めています!
ノーマークのレイアップ、スピードつけて決められるよう、これからも頑張って欲しいと思います!
その他にも練習メニューのポイントをまとめてくれています。
選手に暗記してもらいたいことばかりです。スキル向上の手助けになれば…!

春の関東大会予選まで残り1ヶ月と少し。
気持ちを大会モードにして戦う準備をしていきます!!!

星 バスケットボール部 3月突入!

こんにちは!バスケットボール部です。

学年末考査が終わり、久しぶりの部活動!勉強疲れがあったかもしれませんが、それを感じさせないくらい、のびのびとプレーしている選手ばかりでした!!
ちょっぴり体が重そうだったのは、トレーニングを先にやったせい…ということにしておきましょう。

本校は「トレーニング室」というものはありません。
なので、トレーニングマシンはもちろん、バーベル等々、そういったものは存在しないのです。
そこでバスケットボール部では体育館内で様々なグッズを使って体を鍛えています。
今回のトレーニングは、フロア内にトレーニング種目別コーナーを設定し、その一つひとつをペアで回ります。いわゆるサーキットトレーニングというものです。
今回は9ヶ所(9種類のトレーニング)設定しました!

まるでディズニーランドのアトラクションを回ってるかのよう絵文字:ハート…ということで、その一つひとつのコーナーのことを『アトラクション』と呼び、テンション上げながら頑張っています!!
なんでも明るく行動できるのが鴻女生の良いところ絵文字:良くできました OK


そして明るいニュース!
本校、体育館が生まれ変わりました!!

2月上旬に工事が完了し、真っ白な壁、ピカピカのフロア、きらきらのゴールへ!!
すばらしい体育館にして頂き、工事関係者の方々にはもう感謝しかありません。
大切に使わせて頂きます。

こんなきれいな体育館なのだから、プレーにもきっと磨きがかかるはず!
まだまだ成長する鴻女バスケ部です!
応援の程、よろしくお願い致します。


終わりに…

中学生のみなさんは、いよいよ入試がはじまりますね!
体調管理をしっかりして、当日は笑顔で帰れるよう、ベストを尽くしてください絵文字:鉛筆!!

星 バスケットボール部 2月になりました!

こんにちは!バスケットボール部です!

マネージャーのセナとソヨがバスケ部新聞を作成してくれました!


マネージャーとして気になっている部分や、意識してほしいところをまとめてくれたようです。
仕事の幅を増やしていけることはいいことですね。
プレイヤーだけでなく、マネージャーもレベルアップに向け頑張ってます!
チームメイトが頑張っている姿を見て「自分も」と頑張れる人が増えていく、そんな集団になれるといいなぁと改めて思いました。

星 バスケットボール部 2017年もよろしくお願いします

あけましておめでとうございます。
バスケットボール部です!

旧年は、顧問が変わり新しい体制の中スタートしたバスケットボール部ですが、保護者の方々はじめ、応援にきてくれたOGのみなさん、練習試合してくださった中高学校等、たくさんのご支援を頂きました。恵まれた環境下で部活動をできるということに感謝しつつ、また今年も目標に向かって日々頑張っていきたいと思います。
今年もよろしくお願いします。

冬休みは、鴻巣市の川里中学校が合同練習をしにきてくれました!自分達の練習を「簡潔に」ポイントを押さえて伝える、その上で練習速度を上げて…となると結構難しいんです。「他人に自分の伝えたいことを伝える」ことは生きていく上で必要なスキルになります。鴻巣女子にとっては良い訓練になりました。中学生がきてくれたときは自身の能力を上げるチャンスだと思ってもらいたいですね。
鴻巣女子は中学校との合同練習・中学生の練習見学等、大歓迎なのでぜひご連絡ください!


1月8日は「本庄第一カップ」に参加させて頂きました!
参加校は、本庄第一高校・本庄東高校・早稲田本庄高校・東京農業大学第三高校・東京成徳大深谷高校・鴻巣女子高校です。


本校は2勝3敗でした。
久しぶりに様々なチームと戦うことができました。自分達との差、そして自分達に足りないことを感じ取れたのはないでしょうか。あっという間に3学期は過ぎてしまいます。もがいてもがいて、殻をやぶれるように…レベルアップしていきます!

星 バスケットボール部の年末

 

こんにちは!バスケットボール部です!



鴻巣女子バスケ部の年末は、
春日部女子高校にお邪魔して、松山女子・春日部女子・熊谷女子・鴻巣女子(MKKK!)
の4校で合同練習+合同練習試合を行いました!

他校の優れたプレーを体感し、また、様々な練習を体験することができ、非常に貴重な時間となりました。
より良いプレイをするためにどうしたらよいか。それぞれ考えることができたようです。
自分達に足りないことを知るということは成長する上で必要不可欠。
次はその感じたことを意識して取り組むことが大事です。年明けの練習が楽しみです!!
練習以外のところでも他校の生徒がみせる気遣いや、行動の早さなど、本校が学ばなくてはならないことが多々あり、
少しでもマネできる部分を見つけてくれたらなと願うばかりです。
バスケ部の活動を通して、社会にでても通用する人に育ってくれれば幸いです。
また、他校の生徒との交流をきっかけに、卒業後の「バスケ仲間」が増えたらいいなとちょっぴり思っています。


※4校記念写真。色違いの素敵なお揃いTシャツ着用!
(春日部女子高校、雪野先生デザインです!)


29日には、元金沢総合高校顧問、星澤純一先生をお招きした、クリニックに参加してきました!
内容は、正直選手にとっては少々難しく、戸惑うことが多かったかと思います。
しかし、感覚の部分では「大事なこと」をしっかり受け取ったようでした。
今回の内容を「自分達のモノ」にするためには、まだまだ時間が必要ですが、
必ず本校のバスケにつながるよう、また精進していきたいと思います。
練習内容の他にもバスケへの取り組み方、向き合い方、強くなる上で大事なこと、姿勢など、様々なことを学びました。
選手にも顧問にも、刺激的な1日となりました!!

選手に覚えていてほしい言葉をあえて載せるとしたら…
「自分の嫌なことをできる選手は、バスケも上手くなる」
「バスケットボールをできる環境に感謝」

ちなみに、選手の心に残った言葉No.1は…
「自分が練習している時間より、並んで待っているときのほうが長く、その時間をどう過ごすか」
とのことでした。

チームとしてのステップアップ目指して年明けもがんばっていきます!


会場校の春日部女子高校の先生方及び生徒の皆さま、大変お世話になりました。
また、松山女子高校・熊谷女子高校の皆さま、貴重な経験をありがとうございました。

そして、お忙しい中、ご支援ご協力頂いた保護者の皆さま、ありがとうございました。
見守ってくれている人がいるということが、生徒の励みになります。
今後ともよろしくお願い致します。

星 バスケットボール部 vs3年生


こんにちは!バスケットボール部です。

終業式の日の午後、鴻巣総合体育館にて引退した3年生とプチ試合をしました!
この日のために、体を調整してきてくれた3年生もいたようで、後輩達にとってはよい練習になったのではないでしょうか。
引退してもなお、こうして部活にきてくれる先輩がいるということはありがたいことです。
1.2年生はというと、イージーミス連発でした…。先輩になると、後輩の考えていることが読めるんですかね?簡単にパスカットされてしまいました。
越えるべき壁はまだ高いようです。

3年生がなしえなかった『県大会出場』という目標は、後輩である現1.2年生がしっかりと引継ぎ、春に向けてまた頑張っていきたいと思います!!

星 バスケットボール部 新人戦結果

こんにちは。バスケットボール部です。
少し遅くなりましたが、日曜日に行われた新人戦北部地区予選、第2回戦の結果です。

熊谷西○77-63●鴻巣女子

残念ながら敗れてしまい、県大会の出場権を得ることができませんでした…。
前半、熊谷西高校のペースで試合は流れ、本校は必死に食い下がったのですが、点差がでてしまいそのまま後半へ。
後半は互角の戦いでしたが、2ピリに開いた点数が残ってしまいました。
非常に悔しい結果となりました。


 

これから長い冬が始まります。この悔しい結果をバネに、もっともっと輝けるよう、日々チーム全体でがんばっていきたいと思います。

日曜日は保護者の方々をはじめ、本校3年生など、たくさんの応援を頂きました。
ありがとうございました!!
また、本校の石川校長先生も応援に駆けつけてくださいました。
たくさんの方々の応援に感謝しつつ、みなさまが最後笑顔になるような試合を目指していきたいと思います。
今後ともよろしくお願い致します。

星 バスケットボール部 初戦

こんにちは!バスケットボール部です。

新人戦第1回戦の結果は…

桶川● 66-77 ○鴻巣女子

勝利しました!!
第1ピリオドで12点リード!!しかし、第2ピリオドで失速…追い上げられる形になりました。
後半は自分達のペースを取り戻し落ち着いたプレーができました。
『完全に』勝ちきれるチームになるためにはまだまだ修行が必要のようです。

第2回戦は13日(日)会場は本庄高校です。対戦相手は熊谷西高校。
夏に戦ったときは5点差でギリギリ勝利した相手です。
県大会出場を賭けた大事な一戦。
勝ちます!!

たくさんの応援をお待ちしております!!

*応援に駆けつけてくださったご家族の方々、ありがとうございました!*


余談ですが…、
新人戦のパンフレットの表紙に、我らがキャプテン武政さん(コートネーム:しゅう)が載りました!
かっこいいですね!


左手の出し方が怪しいですが、きっとこのあと正面にはいってナイスディフェンスをしてくれたことでしょう!!
ぜひパンフレットをご覧ください。

星 バスケットボール部 新人戦始まります


こんにちは。バスケットボール部です!

いよいよ明日から新人戦が始まります。
明日の対戦相手は桶川高校です。
今年度に入ってから一度も戦ったことのないチームということで、
どういった特徴があるのか等、全くわかりません。

しかし、大事なのは自分達のプレーをしっかりやりきることです!
試合のでだしから、全力で戦い抜きたいと思います!!

会場は『県立鳩山高等学校』で、試合開始は9:30です。

会場には駐車できませんので、お越しの際は公共交通機関をご利用ください。
たくさんの応援をお待ちしております!!
   

星 バスケットボール部 新人戦組み合わせ


こんにちは!バスケットボール部です。

先日、新人戦の抽選会が行われました。
本校は夏の県北大会で8位という結果だったので、シード校になっています!
以下組み合わせです鉛筆

11月 5日(土)9:30~  vs桶川高校 会場:鳩山高校
    13日(日)9:30~  vs本庄第一・熊谷西高校の勝者 会場:本庄高校
                    ☆県大会出場決定戦
    19日(土)10:00~ Best4決定戦 会場:本庄シルクドーム
    20・23日        決勝リーグ


チームの目標は『県大会出場』
今回の新人戦では、北部地区から8校が県大会への切符を手にすることができます。
県北大会で得たチャンスを必ずや物にし、目標の舞台で駆け回れるよう頑張っていきます!
保護者の皆さま、ぜひ会場へお越しください。たくさんの応援よろしくお願い致します!!

Let’s keep smile & voice!

※各会場の駐車場が非常に狭くなっていますので、お越しの際は公共の交通手段でお願いします。

星 バスケットボール部 10月突入!!


こんにちは!バスケットボール部です。

現在、鴻巣女子高校は『体育館大規模改修』が行われています!
工事は1月いっぱいかかるということで、体育館を拠点としていた我らバスケットボール部は、外にでて活動することになりました。主に鴻巣市総合体育館にお世話になっています。また、本校には格技場といって、バスケのコートが1面とれる場所があります。そこではバドミントン部・卓球部が活動しているのですが、ときどき貸してもらっています。それでも体育館が使えない日は、『外』で走ったり、跳んだり…etc。限られたスペースの中で、他の部活と助け合いながら、工事が終わる4ヶ月間、しのいでいきたいと思います。それにしても2月、きれいになった体育館楽しみです。


 Wcup終わる       

さて、9月から行われていたWcupという名の女子校カップ。日曜日に全日程が終了しました。他地区の学校と戦うことができて、非常に良い経験になりました!!この1ヶ月を通して、様々な場面で成長を感じることができたと思います。そして同時に、自分のチームに足りないことも分かりました。しっかりと補って、また、パワーアップして新人戦に臨みたいと思います!



写真ではトロフィーを自分たちの物のようにしていますが、優勝は久喜高校です!本校は10チーム中、7位でした。精進します!
また、優秀選手として本校2年生、横嶋利南さん(コートネーム:ハク)が選ばれました!!



Wcup開催にあたりご尽力頂いた先生方、また、会場校のみなさん、ありがとうございました。
また、応援にきてくださった保護者のみなさま、ありがとうございました。
今後ともよろしくお願い致します。

ノート・レポート バスケットボール部 今後の予定


バスケットボール部の今後の予定です。

9/3 (土) 9:00~ 練習  会場:鴻巣女子高校
9/4 (日) 女子校CUP    会場:鴻巣女子高校
9/10(土) 女子校CUP    会場:松山女子高校
9/11(日) 8:30~ 練習試合(中学校)  会場:鴻巣女子高校
9/18(日) PM 練習
9/19(月) 女子校CUP    会場:大妻嵐山高校
9/20(火) 9:00~ 練習  会場:鴻巣女子高校
9/22(木) 女子校CUP    会場:鴻巣女子高校
9/23(金) 9:00~ 練習  会場:鴻巣女子高校
9/25(日) 9:00~ 練習  会場:鴻巣女子高校


※9月は女子校CUPがあります。(埼玉県の女子校が集まってリーグ戦をおこないます。)
9月は文化祭もあり、忙しい1ヶ月になりそうですが、勉強も部活も文武両道目指してがんばっていきます!

花丸 バスケット部 大滝合宿

 3/28(月)~31(木)まで秩父にある大げんきプラザにて、9校(不動岡、羽生第一、大宮、大宮光陵、本庄、本庄第一、深谷第一、進修館、鴻巣女子)で合同合宿を行いました。昨年の春から参加している今合宿も今回で3回目となります。3泊4日という日程をプレータイムの大小はある中、部員全員が弱音を吐くこと無く、成長の足跡を見せてくれました。

   

  

↑試合中の様子です。夏の大滝合宿から大きな成長が見られました。


 バスケットボールというスポーツは1人ですることはできません。パスを出してくれる仲間がいて、そのパスをシュートに繋げてくれる仲間がいて、外れてもリバウンドを取ってくれる仲間がいます。加えて、DFで必死になって守り、カバーしてくれるのも仲間です。そして、コートの5人をベンチから応援してくれる仲間がいます。鴻巣女子高校は今回の合宿を通じて、直近の記事でも頻繁に書いている「チームの為に」という言葉を身もって感じてくれたと思います。


 言葉では容易な表現になってしまいますが、その内容は個人個人で多種多様です。

得点を取ること? リバウンドを取ること? ボールを繋ぐこと? ドライブで味方のチャンスを演出すること? DFで相手のエースを守ること? チームを鼓舞するために声を出し続けること?

上述の内容はほんの一部です。そして、チームバスケットの約束事の中で、先に書いたようなプレーを実行し、40分間やり続けることが「鴻巣女子高校のバスケットボール」です。勝負事なので、勝敗は必ず付いてきます。ですが、この自分達のバスケットを今後の練習・練習試合・大会でやり続けることが一番大切なことだと思います。選手は引退のブザーが鳴るまで18人が一丸となりコートでプレーし続けましょう!!


合同合宿をしていただいた各校の先生方、選手の皆さん、遠方の中応援に駆けつけていただいた保護者の方々、合宿中に様々な面でサポートしていただいた大滝げんきプラザの職員の方々、本当にありがとうございました。


 ←退所式の様子です。今回の合宿の収穫を無駄にすること無く、県大会出場を必ず勝ち取りましょう!!

にっこり バスケット部 練習試合

 3/25(金)に熊谷商業・桶川高校を招いて練習試合を行いました。熊谷商業はアップテンポなバスケットを得意とし、1月に行われた新人県大会に出場した強豪校で、桶川高校はアウトサイドに好選手を多数擁する好チームです。

 今回までの練習試合を含めて、地区のどのチームにも春・夏の県大会出場のチャンスがあるという思いを抱きました。しかし、そのためには前回の記事でも書いた「自分たちのバスケットをやり続ける」と言うことが絶対に不可欠です。

 本日も含め3月からの練習試合では、新人戦以降の成長を大いに感じる場面を選手は数多く見せてくれています。それと同時に、失敗(ミス)を犯してしまう場面もありますが・・・それでも、その失敗を次につなげるべく選手は各々が考え、失敗を補うべく懸命にプレーする気持ちを出し続けてくれました。熊谷商業・桶川高校との試合でも、先日の練習試合で学んだ事をコート上で表現すべく、18人全員が一人一人を鼓舞し「For The Team」を実行していました。

 28日~31日まで大滝げんきプラザで合同合宿を行います。この合宿を通じて、個々の力やチーム力の向上もさることながら、「鴻巣女子高校のバスケットボールをやり続ける」 「チームの為に自分がすべきこと」 この2つを大きなテーマとして合宿に臨みたいと思います。

 練習試合をしていただいた各校の先生方と選手の皆さん、応援に足を運んでいただいた保護者の方々、ありがとうございました。

ニヒヒ バスケット部 活動報告・練習試合

 学校HPに掲載されている通り本校は3/12(土)に卒業証書授与式が挙行され、下級生時代からバスケット部を支えてきた3年生5名も、無事に卒業式を迎えました。高校生活で培ったものを進路先で発揮することを願っています。

 さて、卒業式後は翌日に荒川中と合同練習を行いました。今回が3回目となる練習は、本校がこれから取り入れていく対人系のメニューを中心に汗を流しました。基礎練習とは異なり、中学生は戸惑いと焦りが見られ(本校にも見られましたが・・・)3回目でバスケットボールの難しさと、相手に競り勝ってゴールを決めるという醍醐味を感じられたことと思います。今回写真は掲載できませんが、回数を重ねるごとにプレーと顔つきが変化していく彼女たちの将来を期待し、再度一緒のコートでバスケットをすることを約束しました。

 そして、3/20(日)聖徳大学・鴻巣中と21(月)は大宮北・浦和学院・上尾・上尾南・早大本庄・滑川総合・桶川東中・鴻巣女子の8校で1日練習試合を行いました。
 試合形式は1ヶ月以上ぶりということもあり、内容のほとんどは及第点にはほど遠く、選手自身もどこかプレーに対するもどかしさを抱えながらの時間が続きました。「自分たちのバスケットをやり続ける」これに集中している時間帯は、新人戦以降における冬期練習の成果が見られチームとしての成長を感じられました。しかしながら、まだまだその良い時間帯は長くは続きません。コートの5人が集中し、ベンチの仲間もそれに乗じて声を掛け合うような雰囲気を部員18人で作っていくことを願うばかりです。

 合同練習・練習試合をしていただいた各校の先生方・選手の皆さん、応援に足を運んでいた保護者の皆様、ありがとうございました。
そして、遅くなりましたが、バスケット部3年生の皆さん!卒業おめでとう!新天地での活躍を大いに期待しています!

笑う バスケット部 練習試合

2/11()は熊谷市にある立正大学へ練習試合に行ってきました。


 

↑立正大学の体育館入り口です。大学の設備の充実に憧れすら覚えます。



関東大学女子リーグを戦う現役大学生のプレーは、クイックネス・シュート・パス・パワーにおいて現在の本校では到底かなわない相手です。加えて、花咲徳栄高校も一緒に試合をしました。過去にインターハイ出場の実績があり、巧みなプレーが印象的な東部地区の伝統校です。

 

 

毎回の如く設定しているテーマですが、この日も同様(オフェンス:合わせ、ディフェンス:ディナイ・オープン)です。大学生のプレーを目の当たりにし、尻すぼみ気味な本校選手でしたが、『今、自分達がすべきこと』を再確認し物怖じせず向かっていくことが出来ました。点差こそ離されてしまいましたが、得点差以上の収穫が得られました。花咲徳栄は久々(約1ヶ月ぶり)の高校生とのゲームで、チームの現在地を知る良いチャンスとなりました。試合中にお粗末なミスも出ましたが、前述のテーマを遂行するべく必死に取り組みよい結果に繋がり、選手の自信も付いたと思います。

 

   

 
↑試合中・試合間の練習・タイムアウト中の様子です。選手同士の会話がきっかけで良いプレーが生まれることを願うばかりです。


 

本校はもうすぐテスト期間に入りますが、我々バスケット部が目指すのは新年度早々に行われる北部支部選手権大会です。この大会で勝ち進み目標とする県大会の切符を勝ち取ることが今の目標です。選手はもちろんテストも大事ですが、テスト後の活動を見据えて計画的に勉強・自主練に取り組みましょう!!

 

練習試合をしていただいた両校の先生方、選手の皆さんありがとうございました

ニヒヒ バスケット部 クリニック・練習試合

 2/6()はガンバックスBBの藤田氏を招いて、DF(ディフェンス)に関するクリニックをしていただき、翌日2/7()はお隣の鴻巣中学校と練習試合を行いました。

 クリニック中は新たに教わること、今まで教わってきたことが連続して選手達に投げかけられてきます。それを頭の中で整理し、瞬時に自分の体で表現することは難しいものです。しかし、『失敗してもいいからやってみる』『教わったことにチャレンジする』という姿勢を体現した選手達は、体よりも頭の疲労が溜まったことでしょう。普段とは違った指導者からバスケットボールを教わることは、選手達にとって非常に有益な時間となったことは間違いありません。


 こういったクリニックを通じて、色々なバスケットボールの価値観に触れることは選手・指導者の育成には不可欠なものだと毎回感じております。選手同様に学ぶ気持ちを持ち続け日々勉強です。



 鴻巣中学校との練習試合は、まさに
DFがテーマの試合となりました。(もちろん、これ以外にもテーマは設けておりますが・・・)鴻巣大会とは違いカテゴリーが下の中学生との試合で、先週は得られなかった感覚が得られたように見えました。『こういうことか!』『これだ!』という言葉が聞こえてきそうな選手達のプレーを見て、もう1つ上のレベルのテーマを設けようと画策しております。


 もちろん、良い面だけではありません。悪い面も試合中は多々ありました。しかし、そういった面を試合の合間に、選手同士の声掛けで解決しようとする姿が鴻巣女子のベンチに見られたことに安堵する顧問でした。もうすぐテスト休みになりますが、選手は学校生活から全力で取り組んでいきましょう!!



 クリニックをしていただいた藤田さん、練習試合をしていただいた鴻巣中学校の先生、選手の方々ありがとうございました。


 


  


   

 

↑クリニックの様子です。良い勉強をしたので、自分たちのバスケットに生かしましょう!!

 

喜ぶ・デレ バスケット部 鴻巣大会②

 1/30()は先週に引き続き鴻巣大会に参加してきました。先週の試合から1週間やってきたことがこの試合で試せるか否か。今大会の目的は、勝敗ももちろんですが内容が問われる試合でした。


 練習の成果を発揮しようと懸命にプレーする本校選手でしたが、バスケットボールの経験値で大きく上回る相手を前に、なかなか思うようなプレーができない時間が続きました。高校生相手では出来るけど、大人が相手では出来ない・・・・バスケットボールへのもどかしさを大いに感じ、選手それぞれが新たな課題を見つけることが出来たと思います。

 

 鴻巣大会では大人に相手をしてもらい、来週は大学生に練習試合の相手をしてもらう機会をもらいました。違うカテゴリー(年代)のチームとの試合で、鴻巣女子高校の長所・短所を明確にしていきたいと思います。そして、次の大会までにはチーム・選手個々の長所を伸ばし結果につなげていきたいと思います!!

大会を運営してくださった鴻巣市バスケット連盟の方々、相手をしていただいた各チームの皆様、応援に足を運んでくださった保護者の方々ありがとうございました。


 

笑う バスケット部 選抜選考会・鴻巣大会①

1/23()は本校を会場にして、北部支部の選抜選手選考会が行われました。本校からは3名の生徒が参加し、他校の候補選手と15名の選抜選手の枠をめぐりしのぎを削りました。

 候補選手達は各校を代表する選手だけあり、上手い・速い・高いが揃っており各選手の経験値の向上になったことは言うまでもありません。約3時間の練習会を経て選抜選手を選考した結果、見事に本校の清水彩香さんが15名の選手の1人に選ばれました。選抜選手は2/14()に行われる四支部大会に出場し、各地区の代表選手と試合をし、そこからさらに埼玉県の代表選手を選考していきます。本校だけでなく、北部地区を代表するという自覚を持って本人にはチームでの練習や学校生活に取り組んでもらいたいと思います。

 1/24()は鴻巣市大会に参加してきました。今回対戦するクラブチームは高校生と違い経験・技術・体格が上回る選手達です。そんな選手を目の当たりにし、本校の選手達は普段と勝手が違い終始悪戦苦闘・・・その中で、オフェンス面とディフェンス面でそれぞれ今の課題が浮き彫りとなった良い時間となりました。

バスケットには色々な取り組み方があります。プロ・実業団・アマチュア・学生等々。今日対戦したチームは、アマチュア(クラブチーム)でありバスケットを生業としていません。出場した選手それぞれが趣味の延長線で取り組み、バスケットボールそのものを楽しんでいる印象を受けます。何年後かに本校選手もこういった場で、バスケットを楽しんでいる姿を夢見る日々です。

大会運営をしていただいた鴻巣市バスケット連盟の方々、対戦していただいたチームの方々、応援に足を運んでいただいた保護者の方々ありがとうございました。


 

 

 

 

晴れ バスケット部 県大会見学・練習試合

1/9,10に県大会の見学に行ってきました。部員・顧問が改めてこのステージを目標とする決意を固める良い機会となりました。


県大会を戦うチームを見ていて感じたことは、『体格』 『チームバスケットの徹底』 『状況判断』 の3点が非常に優れているということ。特に県大会上位を目指すチームは『体格』の面で大きなアドバンテージを得ていることが一目瞭然でした。女子高生ではなく、女子アスリートと言ってもいい彼女たちはスピード・高さ等でバスケットのスキルを凌駕するほどのインパクトを残しました。本校生徒も年末の栄養講習の内容を再考し、強い身体を作らないといけないなと感じるばかりです。身長は伸ばせませんので・・・・


1/17(
)は本庄第一、松山中を招いて練習試合を行いました。選手のサイズを生かしインサイドを基点に攻防を展開する高校生、ガード陣の敏捷性を駆使しテンポの速い攻めが印象の中学生、そこに本校生徒も負けじと自分達が今取り組んでいるバスケットをコートで表現しようとプレーしました。

冬休み明けからのテーマは、『ディフェンス』と『合わせ』です。この日ももちろんこの2点を選手達に課しました。攻防の中で良いチャレンジが数多く見られ、失敗を繰り返しながらもその改善事項が試合の中で実践できたこと。この点は選手が夏から成長してきている証だと思います。

テーマが変わればそれに応じてやる練習の内容も変化していきます。選手の中には練習中に【?】が出ている選手も見受けられますが、今日の練習試合で今後の練習内容に少しでも意識の変化が出てくれればと思います。以前の記事にも書いていると思いますが、積み重ねをしっかりとし、一人一人が鴻巣女子高校のバスケットボールをコートで表現できるよう掲げているテーマに全力で取り組んでいきます!!


練習試合をしていただいた各高校の先生方、選手の皆さん、応援に足を運んでいただいた保護者の方々、ありがとうございました。

   
↑練習の様子です。寒い体育館で熱い練習を展開しています!!

晴れ バスケット部 練習試合

 1/7(日)の冬休み最終日に6校(大宮北、岩槻、浦和東、熊谷西、本庄東、鴻巣女子)で練習試合を行いました。北部地区だけでなく南部地区と練習試合の機会を持てたことは、選手にはより大きな経験となったことでしょう。

 本校を含め、今月に行われる県大会に力及ばず出場できなかった各チーム。地区大会終了後から様々な試行錯誤を重ね、チームは発展途上にある段階だと思いす。どのチームも1日練習試合をする中で、新人戦以後に成長を感じる場面と何気ない失敗を繰り返す場面とではっきりしていた本日の内容・・・「集中!」と言葉では簡単に表現できますが、コートの中でこの言葉を体現することは思いのほか難しいものです。そのためには、チームとしての約束事を徹底したり、選手一人一人がコートで戦う気持ちを持ったりする必要があるかと。選手だけでなく、顧問も勉強をしていく必要性があると痛感しております。

 冬休みまでを一区切りとして、次回の練習から期末考査まで新たなテーマを設けて活動していきたいと思います。【積み重ね】を大切にし、次の大会までに選手が成長できるよう顧問も試行錯誤を繰り返していきたいと思います。

練習試合をしていただいた各校の先生方、選手の皆さん、応援のために足を運んでいただいた保護者の方々ありがとうございました。

 2016年も応援よろしくお願いします!!

星 バスケット部 ワークアウトin春日部女子③

 ワークアウト3日目は、午前のみ『シュート』『ドリブル』『ポスト』『コーディネーション』の4種目の復習に時間が割かれました。
前日教わったことを、45人のグループ内で教えあうというこの日の練習。中学生の存在が、練習の理解力・実践力をより高めるための助けになったことは間違いないでしょう。各顧問が見守る中、選手は自主的に動き前日に教わったことを思い出すようにバスケットに取り組みました。その後、対人練習をしてワークアウトの全日程が終了。


 総括にもありましたが、知らない人とバスケットをするということは、高校生ならば卒業後の進路において今回の経験が必ずいきてくると思っています。もちろん、バスケットの上達に主眼を置いてはいますが、そこから生まれる互いのコミュニケーション・気遣いや気配りが本当の意味で大切なのではないでしょうか。通常の試合形式ではなく、あえて合同練習の時間が多かったことや外部の指導者が多かったことも鴻巣女子の選手にとって、学ぶ時間がたくさんあったと思います。


 最後に今回の企画をしていただいた春日部女子高校の雪野先生、選手の皆さん、保護者の方々、ワークアウトに協力していただいた講師の方々、練習試合をしていただいた各チームの皆様本当にありがとうございました。
いつか県大会の舞台で両校が対戦できることを願いながら、年明けからの練習に励んでいきたいと思います。2016年も引き続き応援宜しくお願い致します。


 

 

お辞儀 バスケット部 ワークアウトin春日部女子②

 ワークアウト2日目は、午前中に選手が3種目を選択し、各種目をローテーションする内容がメインとなりました。ちなみに、『シュート』『ドリブル』『ポストプレイ』『コーディネーション』の4種目から、選手それぞれが自分に必要だと思う3種目を選択です。

 
 外部講師には蓮見先生
(春日部特別支援学校勤務、元埼玉国体成年男子代表選手)と春日部女子高校OGを招き、それぞれの専門分野で短時間ではありますが、普段とは別の指導者から学ぶ時間を設けました。

 筋肉痛が残る体でメニューをこなす選手たちは、新しいことの習得や普段の練習での再確認をするべく全力でそれぞれの種目に取り組んでいました。また、前日より春日部女子の選手達と交流が続いているため、この段階でそれぞれがチームの垣根を越えてコミュニケーションがとれるようになってきました。


  
↑午前中の練習の様子です。 チームの垣根を越え切磋琢磨しました。

 

午後からは練習試合となり、小学生・中学生・高校生・大人(クラブチーム)がコートに混在!!普段では滅多に見られない光景がコート上で繰り広げられました。試合では本校が取り組んでいることの継続です。(よろしければ以前の練習試合の記事をご参照下さい)相手が誰であれ、どのカテゴリーであれやるべきことは変わりません。選手は試合において、各々のテーマを持って臨んでいたと思います。全選手がコートに立ち、各選手が今の自分に必要なことや、チームのために出来ることを感じたと思います。

前日の講義の言葉の中に『大きく間違える』がありました。今やるべきことを、大きく間違える選手と、間違いを恐れて縮こまって何もしない選手の成長であれば、前者が大きく進歩することは間違いありません。鴻巣女子高校の選手は、失敗を恐れずにバスケットボールに取り組みましょう!!!『失敗は成功の母』という言葉もあるように。

ニヒヒ バスケット部 ワークアウトin春日部女子①

 年末3日間は春日部女子高校と合同で汗を流してきました。タイトルに「ワークアウト」と書かれていますが、通常の練習だと思っていただければかまいません。初日である27日は、バスケットボールに必要な『トレーニング』『栄養』について講義を交えつつ、頭をフル回転し勉強してきました。

午前中から午後までは、今泉氏(バスケット埼玉国体成年男子帯同トレーナー、元曙ブレーキバスケット部トレーナー)を招き日本のトップ選手が実践するトレーニングを体感してきました。トレーニングと聞いて連想するのは、重りや器具を使ったりするものだと思います。しかし、それは我々の思い込みであり、本日は一切の器具を使わず『自重』によるトレーニングでみっちり体をいじめてきました。なぜこのトレーニングをするのか?ということを選手が理解しながら行ったので、今後の練習で今日の内容が生きてくることを願うばかりです。

  
↑トレーニングの様子です。写真はほんの一部なので、これ以外に辛い?メニューが数多くありました。


 鴻巣女子高校の選手は、日常で取り組んでいるトレーニングの内容がいくつかありました。ですが、違う指導者から教わること、他校の選手と一緒にするといった環境の変化で普段とは違った刺激を数多く得る時間となりました。

その後は会場を移し、㈱明治より管理栄養士の方を招いて栄養講習が行われました。この講習内容は、練習後のリカバリー(回復)に必要な栄養補給の方法や、その種類とタイミングについてです。普段なんとなく食べている食事も、意識を変えれば練習の一部!と思える講義の内容。選手の意識改革にもってこいの時間となりました。『食べない選手は上達しない』トップ選手の食事内容の画像を見て、食べることの重要性が講義前と後で変化したことは言うまでもありません・・・

 ←栄養講習の様子です。食事に対する意識が変わってくれれば良いのですが・・・

 


 

 

ひらめき バスケット部 合同練習・練習試合

 12/19()は熊谷荒川中と合同練習を、12/20()は鴻巣高校・本庄第一高校・大宮武蔵野高校を招いて練習試合を行いました。

荒川中とは先月にも合同練習をしており、今回が2回目になります。カテゴリー(年代)は違いますが、バスケットボールにおける基礎技術の重要性を改めて感じる時間となりました。ボールのもらい方、パスの出し方等々・・・普段の練習で何気なく(本当は良くないのですが)やっていることを強調したり、試合を想定したりすることで練習の効果が2倍にも3倍にもなっていきます。そして、中学生には『バスケットボールの楽しさ』を感じてもらえたらと思っています。また、一緒にバスケットをやりましょう!

   

↑合同練習の様子です。隣のコートではバレーボール部が活動しており、体育館に活気が満ちていました!



 練習試合では、今取り組んでいる『距離の長いパスを前に出す』『ボールを持った選手の
1on1』をテーマに取り組みました。加えて、北部地区2位の鴻巣高校と初めて試合をすることができ、改めて自分達の現在位置を再確認できたと思います。時間の関係で、各選手のプレイタイムは満足に取ることが出来ませんでした。そういった中で、今回のテーマに沿ってバスケットが出来た選手と、残念ながら今回はそうではない選手が見られました。チームとして取り組んでいることなので、もう一度全員で統一意識を持ち今後の冬休みを過ごしたいと思います。『これぞ鴻巣女子高校!!』といわれるようなバスケットを目指していきます!!

練習試合をしていただいた先生方、選手の方々、応援に足を運んでいただいた保護者の皆様ありがとうございました。


 

笑う バスケット部 合同練習・練習試合

 11/28()は熊谷荒川中と合同練習を行い、11/29()は東松山松山中と練習試合を行いました。 新人戦が終わり一息ついていた本校ですが、中学生とのバスケットを通じて新たな刺激をもらえた2日間となりました。

 合同練習では『パス』をメインテーマにし練習に汗を流しました。新人戦後は本校もこのテーマで練習しているため、部員達は普段教えられている事を、中学生に教える立場になります。教えあい・学びあいが生徒間で促され、普段の練習以上に理解・効果が深まったのではないでしょうか。中学生も高校生との合同練習で、普段は得られない刺激をもらえていれば、今回の合同練習が両校にとって良い時間になった事は言うまでもありません。

 松山中との練習試合では、テーマである『パス』に重点を置き試合に臨みました。実戦形式は新人戦以来なので、ぎこちなさには目をつむりつつ、テーマにそって選手はバスケットをしていたと思います。中学生のスキルの高さにも目を引かれながら、生徒は今のテーマを自覚しミスをしながらも、与えられたプレイタイムで積極的にバスケットに取り組んでいました。

 テスト休みを挟み、年末には他校にて合同合宿を行います。次の大会までは時間があるので、細かくテーマ(目標)を設定し、選手のモチベーションや技術・体力の向上に励んでいきます!

 合同練習・練習試合をしていただいた両校の先生方、選手の皆さん、本校に足を運んでいただいた保護者の皆様、ありがとうございました

晴れ バスケット部 新人戦

1回戦】

鴻巣女子 60 56 本庄東

(6-1422-1414-1618-12)

2回戦】

鴻巣女子 47 59 滑川総合

(17-165-2315-1010-10)

 

上記の結果の通り、今大会で県大会に出場することは出来ませんでした。6月に新チームとなり約半年間この大会に向けて練習を重ねてきたので、チームとして結果が伴わなかったことに悔しさを感じずにはいられません。

 

しかしながら、この半年間で選手は大きく成長してくれたと感じています。スコアの通り、1回戦・2回戦で僅差の試合となりました。『自分達のバスケット』を40分間続けるという意志をコート上の選手だけでなく、チーム全員が持って望めたからこそ敗戦のゲームでも僅差に持ち込め、初戦においては勝利に繋がったと思います。試合を通して、勝ちたいという『気持ち』が出せた点が今大会の収穫となりました。県大会に出場することが出来なかったので、次の大会は来年の5月です。モチベーションを下げることなく、夢の実現に向けて努力していきます。

 

冬季の練習を通じ、個々のスキルアップに加えてチームとしてよりレベルアップする為に練習に励んでいきたいと思います。そして、次の大会では『県大会出場』を絶対に勝ち取りたいと思います!

 

会場が遠いなか、応援に足を運んでいただいた保護者の方々・OG諸君本当にありがとうございました。今後も引き続き応援宜しくお願いします。

興奮・ヤッター! バスケット部 練習試合

 11/1()に坂戸西、狭山清陵、本庄(午前)、大宮北(午後)を招いて1日練習試合を行いました。

 各校とも今月に新人戦を控え、選手の怪我等に気をつけつつ、地区大会を想定した試合運びを行っていました。本校は2年生が修学旅行から帰ってきたばかりということもあり、万全の状態とは言えない中で、チームとしてやるべきことを意識して取り組めたと思います。

 
 『簡単なことの積み重ね』が大切なことだとこの練習試合や直近の練習を見ていて感じるところであります。「ミスをしないこと」「ノーマークのシュートを確実に決めること」「チームで声を掛け合うこと」「自分のマークマンを責任もって守ること」何気ないことのようですが、バスケットボールというスポーツでは、この簡単で当たり前のことを
40分間繰り返しているチームが、勝つスポーツだと思います。坂戸西高校や狭山清陵は随所に派手なプレーは見られましたが、それ以上にディフェンスのプレッシャーやノーマークシュートを確実に決めていました。本校もこの点をよく学ばなければいけません。本庄高校と大宮北高校は派手さはないものの、自分達のバスケットをどんな状況になってもやり続ける大切さを学ばせてもらいました。

 
 練習試合をしていただいた先生方・選手の方々、審判をしていただいた日本女子体育大学の方々、応援に足を運んでいただいた保護者の方々ありがとうございました。

花丸 バスケット部 練習試合・合同練習

 10/24()は白岡高校と練習試合を、25()は鴻巣高校と合同練習を本校にて行いました。

 両校とも新人戦において、県大会を目指すチームのため本校もテスト明け間もないコンディションではありましたが大変有意義な時間となりました。練習試合でのテーマは、「怪我をしない」ことでした。『怪我も実力のうち』といった言葉を耳にした方もいると思いますが、怪我をしないプレーを選択することも良い選手へのプロセスかと思います。この日は体が思うように動かなかったり、シュートタッチ等でボールの感覚と久々の実戦で、体に良い刺激が得られたのではないでしょうか。

合同練習では、「頭を使って体を動かす」のテーマで汗を流しました。鴻巣高校は今夏の県北大会で地区準優勝した強豪チームです。そういったチームと練習を共にし、相手をしてもらうことで普段の自分達だけでは得られない声や発想、意識といったものを本校生徒が感じてくれていることを願っています。

 2年生の修学旅行が終われば、あっという間に新人戦が始まります。新チームとなって約半年の成果を見せる大会です。個人でなく、鴻巣女子高校として結果を出せるよう選手は練習から頑張りましょう。

 練習試合・合同練習をしていただいた両校の先生・選手の皆さん、ありがとうございました。

ニヒヒ バスケット部 練習試合・新人戦組み合わせ

 10/3()に深谷第一・東京農大三と練習試合を行いました。前日に抽選会を終えて、各校大会モードでの試合となり熱の入った時間となりました。本校は1ヶ月に及ぶWカップを経験し、成長した部分を垣間見ることができたと思います。午前中で相手にやられた点を修正し、午後は自分達の良い流れに持って来ることが出来ました。ただし、新人戦はトーナメント戦ですので負けたら終わりの一発勝負です。練習試合とは違い、40分間で内容の修正をして、その試合や相手にアジャストしていかねばなりません。選手だけでなく、顧問自身も勉強していかないといけないと再認識させられた1日でした。

 練習試合をしていただいた、各学校の先生方と選手の皆さん、応援に足を運んでいただいた保護者の方々、ありがとうございました。

さて、先にも書きましたが、10/2()に北部地区の抽選会が行われました。本校の試合の予定は下記の通りとなっています。是非とも会場に足を運んでいただき、選手の戦う姿勢を見てあげて下さい。

1回戦 11月14日(土)第1試合 9:30~

vs 本庄東高校(@深谷商業高校)

2回戦 11月15日(日)第1試合 9:30~

vs 滑川総合高校(@本庄高校)

3回戦 11月21日(土)第1試合 10:00~

vs 未定(@シルクドーム)

※ご来場の際は公共交通機関をご利用ください。


   

  練習の様子です。新人戦に向けて頑張ってます!!

 

 

 

笑う バスケット部 Wカップ③・④

 9/22()27()に春日部女子高校と浦和第一女子高校を会場にWカップが行われました。本校の対戦相手は、松山女子・熊谷女子・秋草短大高校・久喜の4校です。まず、対戦チームを見ての感想ですが、『上手い!』そしてやはり、『大きい!』加えて『粘り強い!』の3点です。
 
1ヶ月に及ぶ交流大会も最終日となり、各チーム10月からの地区予選やその先に県大会を見据えての戦いをしていました。鴻巣女子の選手もこの1ヶ月を通して大きく成長してくれたと思います。しかしながら、本校が目標とするものが、現状では達成することが困難だと思われる今大会の結果。先に書いた『粘り強い!』強いチームには必ずこれが備わっています。高校バスケットの名門である桜花学園、能代工業は必ず試合終盤や接戦で相手や弱い自分に負けない強さを持っています。
 新人戦までの
1ヶ月(10/2に抽選会です)で技術面や体力面で大きく成長する選手もいると思いますが、鴻巣女子高校というチームとして声を出しながら『粘り強い!』バスケットを展開できるようこれからの練習に励みたいと思います。選手の諸君、新人戦まで時間はあるようで無いです。(テストや修学旅行などなど)目標達成の為に全員で頑張ろう!

 Wカップの企画・運営等々の諸業務をやっていただいた春日部女子高校の雪野先生、審判をしていただいた日本女子体育大学の方々と各バスケット連盟の方々、会場まで足を運んでいただいた保護者の方々、そして今大会で試合をしていただいた先生方と選手の方々、1ヶ月間本当にありがとうございました。

   
※写真は春日部女子高校会場での試合前の練習、試合前の集合の様子です。


W
カップ参加校が1校でも多く、新人戦の県大会のコートに立てるように頑張りましょう!!


ニヒヒ バスケット部 練習試合

9/21()に滑川総合高校、新島学園高校(群馬県)と練習試合を行いました。文化祭を前日に終え、生徒の気持ちと体力は万全ではなかったと思います。その中でも、今の鴻巣女子高校に出来ることを何とかやろうとした1日となりました。出来たか、出来ないかは別になりますが・・・・

滑川総合は地区大会でもよく顔を合わせるチームであり、ガード陣の敏捷性や個人技は本校もお手本にしたいところがいくつもあります。新島学園はバスケットの能力が非常に高い選手を有しながらも、そこに頼ることなくチームとして戦う姿勢があり『高校バスケット』の代名詞だなと感じました。機会があれば我々が群馬へ足を運び、練習試合をお願いしたいと強く思わせてくれるチームです。

練習試合をしていただいた先生方・選手の皆さん、応援に来ていただいた保護者の方々ありがとうございました。


バスケット部 Wカップ①

 以前にお知らせしたWカップが9/6()から始まりました。初日の本校の対戦相手は、浦和第一女子と川越女子の2校です。

 まず、対戦相手の両チームとも大きい!という印象を持ちました。そんな中で小さいチームがすべきこと、大きいチームに対しても負けないこと、チームとしてやるべきことを出来た時間と、そうでない時間がはっきりと分かれたこの1日。『ナイスプレイ!』とベンチから思わず声を出したくなる場面があったかと思うと、簡単なミスをする場面が交錯する展開の連続でした。ただ、夏の県北大会からは【意識】が浸透してきていることを感じ、今後も継続していきたいと思います。今大会は1ヶ月間の長丁場です。加えて、公式戦ではあまりないダブルヘッダー(12試合)で試合が組まれています。これまでよりも多くの選手がコートで活躍するチャンスがあるということです。部員全員が『自分はこのプレイを伸ばして試合に出よう!』『もっともっと練習して上手くなろう!』という意識が芽生えてほしいと願っています。一人の上達がチームにプラスとなり、全員でこの大会を乗り越えて成長していきたいと思います。

 試合をしていただいた各校の先生方と選手の皆さん、会場に足を運んでいただいた保護者の方々ありがとうございました。


バスケット部 練習試合・Wカップ日程

8/22()に宮内中が来校し練習試合を行いました。お互いに違うカテゴリーとの試合で、得るものが数多くあったと思います。本校は大会後すぐの練習試合ということもあり、新たなことではなくこれまで取り組んできたことの再確認の場となりました。オフェンスのパス回しでは、段々とチームに共通意識が浸透し打つべきシュートなどが判断できる選手が増えてきています。ディフェンスはまだまだ発展途上で、今後を見据えて修正点が多々あるのは事実です・・・練習あるのみなので選手共々頑張っていきたいと思います!!

 ご来校いただいた宮内中学校の先生方、選手の皆さん、応援にきていただいた保護者の方々ありがとうございました。

 さて、バスケット部の夏休みの練習は8/28()で終了しました。選手にはこの休みで宿題という強敵を倒しつつ、怒涛の2学期に向けて気持ちをリフレッシュしてもらいたいと思います。そして、9月に入るとWカップという、埼玉県の女子校一同に会するリーグ戦が行われます。1ヶ月間に渡る長丁場で、文化祭を挟むというハードなスケジュールです。普段は対戦できない高校との試合を有意義なものにする為に、準備をしっかりして臨みたいと思います。

Wカップ日程】

9/6() @松山女子高校

vs浦和一女・川越女子

9/13() @鴻巣女子高校

vs春日部女子・淑徳与野

9/22() @春日部女子高校

vs松山女子・熊谷女子

9/27() @浦和一女高校

vs秋草学園・久喜

 

ニヒヒ バスケット部 平成27年度県北大会

1回戦】

鴻巣女子 81 45 東京成徳深谷(女子

(15-1022-1516-1428-6)

2回戦】

鴻巣女子 34 119 児玉

(2-477-219-3216-19)

 8/18,19と県北大会が行われ、上記結果の通り本校は2回戦敗退となってしまいました。1回戦では新チーム初の公式戦のため、動きも緊張した様子が見られましたが、練習したプレーが出たりと良い部分が見られ勝利を飾ることが出来ました。続く2回戦は児玉高校との対戦です。児玉高校は県下でも有名な強豪校です。関東・全国を目指す選手のDFOFを、鴻巣女子の選手は肌で感じることが出来たと思います。今大会でチーム・個人として足りない部分が数多く見つかったと同時に、『これは出来る』『このプレーは通用する』といった部分が数多く見つかったことは大きな収穫です。

 9月以降にはWカップ(女子校リーグ)や新人戦が待っています。今大会で負けた悔しさがこのチームをより大きく成長させてくれることを願い、今後の練習の糧としていきたいと思います。

 保護者の方々におかれましては、暑い中会場まで足を運んでいただきありがとうございました。


 

にっこり バスケットボール部 練習試合

8/13()に新座高校・桶川高校と練習試合を行いました。今月末の県北大会前最後の練習試合となりました。

今回の練習試合をしていて、『自分の意思表示』が少ないのかなと感じる機会が多々ありました。どこにパスがほしいのか?どういうプレーがしたいのか?どのタイミングでシュートを打ちたいのか?などなど・・・超能力やテレパシーを使える高校生はいないと思います。そうすると、自分の意思を伝えるには、やはり言葉を発するしかありません。自分の言葉を伝えて、そこからまた新しい発見や修正点が見えてくるはずです。バスケットボールに限ったことではありませんが・・・選手は話すことも含め良い習慣を積み重ねましょう!!

練習試合をしていただいた新座高校・桶川高校の先生方、選手の皆さん、足を運んでいただいた保護者の方々ありがとうございました。

 
↑練習風景その①                ↑練習風景その②

晴れ バスケットボール部 大滝合宿

バスケットボール部は8/5()8/8()の間に大滝げんきプラザにて、8校(不動岡、羽生第一、大宮、本庄、本庄第一、深谷第一、進修館、鴻巣女子)で合同合宿を行ってきました。午前と午後はひたすら練習試合を繰り返し、夜はスリーメン(3人でパスをつなぎシュートまでいく練習)を各学校の1年生、2年生に分かれてという朝から晩までバスケット漬けの日を過ごしてきました。夜のスリーメンでは、各学年に目標本数が決められ、達成の瞬間は全員で喜びを分かち合っている姿は印象的でした。 
  
↑この体育館に缶詰めでした        ↑合同での入所式です

『心・技・体』において本校の選手はまだまだ未熟な点が多く、試合でも練習でも失敗をしてしまう場面や、弱気になり相手と戦えない場面が見受けられました。しかしながら、合宿を通して選手同士のコミュニケーション(声)やチームの為に頑張ろうとする姿勢がだんだんと出てきてくれました。そのことが、一日一日選手を成長させてくれました。シュート・リバウンド・ディフェンス・動きなど各選手が自らの課題とすべき部分が見つかったと思いますが、一人一人が『仲間(チーム)の為に』という思いをコートで表現できたことがこの合宿で
1番の収穫になったと思います。合宿を通し、月末の県北選手権や11月の新人戦に向けて、しっかりとしたチームの土台が築けたと思います。夏休みも半分を過ぎましたが、より一層の努力を惜しむことなく夢の実現に向けチーム全体で頑張っていきます!! 

 
↑試合前のシューティング中

   
↑スリーメンその①                ↑スリーメンその②               ↑スリーメン達成の瞬間!歓喜に満ちたハイタッチ!(※3日目夜)

合宿を一緒にしていただいた、各学校の先生方・選手の皆さん、大滝げんきプラザの職員の方々本当にありがとうございました。

にっこり バスケット部 1年生大会・練習試合

 7/24に鴻巣高校にて1年生大会が行われました。今大会は通常の大会と異なり、10分×2で行われました。本校は熊谷女子・熊谷農業と対戦し11敗により、2日目へと進むことができませんでした。1年生は初めて自分たちだけでの戦いで、中学バスケとの違いや自分が伸ばさなければいけない技術も見えてきたと思います。1年後にこの結果を覆せるように練習あるのみです。

 1日おいて7/26は東部地区の蓮田松韻高校へ。7校が集まり、灼熱の体育館で1日練習試合をしてきました。この夏は『選手層の拡大』をテーマに色々な選手を試合に送り出し、経験と自信、練習の手応えと次の課題を得てもらいたいと考えています。バスケットでは、ベンチには限られた大会を除き15人が入れます。1人の成長がチーム全体の成長となり、その成長で他のメンバーが刺激を受けチーム内で切磋琢磨し成長していくことを願うばかりです。チーム全員で戦うことを目指し、スタッフも含め精進したいと思います!!

 保護者の方々には暑い中、大会、練習試合の会場に足を運んでいただきありがとうございました。また、練習試合をしていただいた各高校の先生方、選手の方々ありがとうございました。

晴れ バスケット部 練習試合・合宿に向けて

 7/31(金)は籠原体育館にて熊谷西高校・滑川総合高校と練習試合を行いました。新チームになり、北部地区と練習試合をすることは初めてとなりました。まだまだ、未熟な部分が多く攻めも守りも上手くいかない場面が見られます。しかし、練習でやったことを『意識して使えた』場面が少なからず選手のプレーに垣間見ることができました。試合中に、自らが考えて判断してバスケットボールができるようにひたすら練習です。熊谷西高校・滑川総合高校の先生方、選手の皆さんありがとうございました。

 さて、バスケットボール部は8/5~8/8まで大滝げんきプラザにて合宿を行います。今年の3月に初めて参加し、今回が2回目になります。【これぞ高校生の合宿】と言うべき内容のなか、選手には心・技・体のすべてを成長させてもらいたいと思います。バスケット漬けとなる3泊4日の合宿で、進化した鴻巣女子高校バスケット部を目指していきたいと思います!!

ニヒヒ バスケット部 練習試合・クリニック

 7/18()は大宮高校と7/23()は上尾高校と練習試合を行いました。また、7/19()にはガンバックスBBの藤田氏を招いてDFファンダメンタルを中心としたクリニックを行いました。

 練習試合中にまだまだぎこちなさはありますが、選手自身が自らの役割やポジションを考えようとしている点が今回の練習試合を通して感じられました。先輩に頼っていた2年生も、代が代わり1年生を引っ張らねばなりません。求められることの変化を肌で感じ、コート上で表現していってもらいたいと思います。バスケットはチームスポーツであることを忘れず、チーム全員が共通理解を持って練習・試合に臨めるように努めたいと思います。

 クリニックでは、顧問自身が見ていて『なるほど!』と感じる点が多々あり、選手と同じく学ぶ気持ちを持って時間を過ごせました。このクリニックを通して、『DF(ディフェンス)の意識』がチームに浸透することを願うばかりです。強豪高校・大学生・プロチーム・実業団などで、【強いチーム】はどのチームも選手全員がDFの意識を強く持っています。鴻巣女子高校もそういったチームに少しでも近づくことが出来るように練習に励みたいと思います。

 練習試合をしていただいた大宮高校・上尾高校の先生方と選手の方々、クリニックをしていただいた藤田さん、ありがとうございました。