校長室だより

校長日誌

普通科 保育科 生徒の活躍 鴻巣市との連携

1月31日(金)鴻巣市役所総合政策課の課長さん等3名の方々が本校に来校しました。

以前も書きましたが、本校と鴻巣市は平成30年に連携協力に関する包括協定を結びました。その協定の骨子は以下のとおりです。 

【協定の骨子】

様々な分野で相互に協力し、人口、経済、地域社会の課題に対し、協働した取組等を行うとともに、各々の資源の相互活用と人的交流を行い、豊かな地域社会の形成・発展と地域産業を担う人材の教育支援や育成等において相互に協力することを目的とする。 

この趣旨に沿って、本校の生徒会の生徒等が、昨年度から、本校のすぐ近くにある鴻巣市中央公民館エリア「公共施設」の再編研究ワークショップに参加しています。生徒は、近隣の公園をより遊びやすくする工夫やその公園でイベントを開催する計画等により利用状況が改善するような意見を出していました。

今回は、これまでのワークショップでの議論を踏まえ、今後の方向性等に関して、改めて生徒の意見を聞きたいとのことでわざわざお越しいただきました。

様々な多くの方々が関わっているプロジェクトです。是非良い形になればと感じています。担当の皆様も生徒や顧問の先生もお疲れさまでした。

 

保育科 合同学習会

生徒の学習成果の発表の場として、家政科学科の合同学習会、そして普通科の発表会について以前書きましたが、1月27日(月)保育科も合同学習会を実施しました。毎年行われている恒例の行事ですが、保育科の1~3年生が一堂に会し、上級生が同級生や下級生に説明していきました。 

内容は、(1)幼稚園と保育所の保育実習、(2)文化祭・こどものくに、(3)選択課題研究、(4)体験入学、(5)全国高等学校家庭科実践研究会埼玉大会、(6)産業教育フェア、(7)保育技術検定1級、(8)お別れ会 について、それぞれの生徒が全員の前で発表していきました。資料も発表内容、発表の仕方など大変素晴らしく、大変誇らしく感じる学習会となりました。また、毎回のことながら、結びの、生徒の先生方に対する思い、言葉、態度、姿勢は、非常に愛情に溢れ、胸を打つものがあり感動的でした。生徒の皆さん、先生方、お疲れさまでした。

 

華道部

1月31日(金)華道部が管理等の玄関に新しい花を飾ってくれました。本校の華道部は草月流師範会空間アーティストの金田先生に定期的に御指導いただいています。3年生の生徒が金田先生とちょうど花を飾っているところに通りかかりました。毎回ありがとうございます。心が癒されます。

 

共生社会の形成に向けた特別支援教育推進事業研修会

1月30日(木)保健管理部主催の「共生社会の形成に向けた特別支援教育推進事業研修会」の一環として、国立精神・神経医療研究センター精神保健研究所 地域・司法精神医療研究部流動研究員の小塩靖崇先生に、同じく同研究所児童・予防精神医学研究部部長で精神科医の住吉先生及び本校カウンセラーの長谷川先生とともに、お越しいただき、「多様性社会における認知と理解 ~発達障害やその他疾病・障害の特性に対する認知と理解を中心に~」と題して職員研修会を実施しました。

具体的には「思春期における心理面の不安定さの理解」、「学校におけるメンタルヘルス教育  ―学習指導要領の改訂を踏まえて―」、「生徒からの相談への対応」などに対して、スライドや動画等も用いて詳しく説明して頂きました。講演後の質疑応答では、様々な質問が出て、小塩先生とともに、長谷川先生や住吉先生にもわかりやすく解説して頂きました。非常に建設的で有意義は研修会となりました。お越しいただいた先生方、本当にありがとうございました。皆で学んだ内容を今後の実際の教育活動に是非活かせていきたいと思います。

 

 

保育科 ひなキッズプロジェクト6

2月1日(土)ひなキッズプロジェクト6を行いました。今回は「親子でリトミック」と題して、参加者を募りました。毎回お世話になっている家庭教育アドバイザーの方々や本校の保育科3年生、2年生、1年生も含めて、60名くらいの人が集まりました。

本校の生徒がリトミックを教えて頂いている石田先生がピアノ向かい、プロジェクトを始めると、あっという間に0歳から小学校にあがる前くらいまでの小さな子供たちの心をつかみ、音楽やリズムに合わせて、子供たちが身体を動かし始めました。保護者の方々や本校の生徒も一緒になって遊んでいました。皆の顔には笑顔、笑顔、笑顔。

リトミックの持つ魅力を改めて感じました。参加されたお母さん、お父さんと子供たち。どうでしたか。楽しかったですか。開始前に以前参加した方からこの企画の素晴らしさ、楽しさについて切々と語って頂きました。とても楽しみにしていたと。とても嬉しいお褒めの言葉でした。参加された皆様、どうもありがとうございました。家庭教育アドバイザーの皆様、石田先生、素晴らしいひとときをありがとうございました。

外部講師授業

1年生が外部講師による授業を行いました。人には様々な性格の人がいます。引っ込み思案な人もいれば、非常に積極的でリーダシップを発揮し、集団をぐんぐん引っ張っていく人もいます。社会は様々な人と人との関わりの中で成立しています。自己分析したり、どのような性格の人はどんな職業に向いているのかなどを考えたりするのは、成長過程において、大切なことです。そうしたことを考えるきっかけになる講義でした。

 

防犯灯増設 文教地区

防犯灯を増設して頂きました。

本校は、鴻巣市立東小学校、鴻巣市立鴻巣中学校と道を一本隔てて隣接しています。また、東小学校の隣には鴻巣幼稚園があり、本校の生徒が、保育実習等も含めて、年間を通して様々な形でお世話になっています。

本校は、幼稚園、小学校、中学校、高等学校が1つの地域にある文教地区の中に位置しています。

 

学校評議員会のご意見等を踏まえて、生徒の登下校時の通行に一層便利になるように防犯灯の増設を鴻巣市に依頼していました。この度、鴻巣中学校との境の道に白色のLED灯を増設してもらい、ナトリウム灯もLED灯に交換して頂きました。夜も明るくなり、安心安全をキーワードに、生徒の通学が一層便利になったと思います。

 

保育科 保育所実習

1月15日(水)、22日(水)保育科の3年生が今年度最後の保育所実習を行いました。3年生は市内3か所の保育所に行き、部分実習をさせて頂きました。それぞれの保育所では、読み聞かせ、羽子板づくりなどクラスごとに工夫した活動に取り組んでいました。生徒の皆さん、高校生活最後の保育所実習、本当にお疲れさまでした。お世話になった皆様、いろいろとありがとうございました。

 

大学入学共通テスト 再度 変更

1月21日の校長日誌で、来年から新設される大学入学共通テストと今年実施された大学入試センター試験との変更点について記しました。しかし、1月29日に再度変更になった点がありますので、前回から変更になった点を、お知らせします。

 

〇 出題形式

   新 マーク式

        ↑

   旧 マーク式 

 

〇 時間の変更

   新 数学Ⅰ・A(70分) それ以外の教科は大学入試センター試験と同じ

        ↑

   旧 数学Ⅰ・A(60分)

前回お知らせしたように、英語などは今年まで行われた大学入試センター試験とは大きく変更します。正確な情報に基づいて早めに準備を進めてほしいと思います。

 

文部科学省HP、読売新聞、朝日新聞、NHK、駿台、東進ハイスクール等 参照

 

家政科学科 集団調理 招待状

1月31日(金)家政科学科の2年生の生徒が校長室にとても可愛らしい招待状を持ってきてくれました。

本校の家政科学科では、食物調理と被服(洋服と和服)の両方を学習し、その多岐にわたる内容を学習した成果を存分にいかして、卒業後は様々な方面に進み活躍しています。 

2学期に調理実習に招待して頂き、美味しいチキンカレー等を御馳走になりました。2月当初に集団調理実習が計画され再び招待して頂きました。招待状は折り紙やレースの布やリボンがあしらわれ、とても時間がかかっている作品だと感じました。丁寧な招待状本当にありがとうございました。当日を楽しみにしています。