日誌

マナー講座と進路学習

 本日(3/17)は、NPO法人学生キャリア支援ネットワーク様から3名の講師をお迎えし、「マナー講座」を実施しました。講座で、姿勢とお辞儀の所作とお辞儀三種(「行き合いの礼」「挨拶礼」「儀式礼」)をそれぞれ学びました。お辞儀とは、感謝や尊敬、お痛みに寄り添う「心」を「かたち」として表すものと教わりました。

 また、「美しい歩き方」の実践として、よい姿勢を保ちながら、着地脚の膝が曲がらないよう気をつけて歩くということも学びました。そして、椅子の座り方、立ち上がり方、退席の仕方でなど、女性としての身体の姿勢だけでなく、考え方・生き方の姿勢についても教えていただきました。講師の先生方、お忙しいなか来校いただき、ありがとうございました。

 マナーとは、その場にふさわしい立ち居振る舞いで、ほんの少し周りに気を配る心がけを続けることで、自然に身についていくものです。マナーを身に付けることで、どこでも自信をもって凛として立つことができます。今日の講座で学んだことを実践して行きましょう!

 そして、1,2年生はそれぞれ新しい学年へ進級することになりますが、新しいステージにおける卒業後の進路に向けての心構えなどについて、マナー講座と場所を変えて、進路指導主事から説明がありました。社会へ旅立つ日に備え、少しずつ準備が始まっています。新年度に向け気持ちを新たに頑張りましょう!

  

       【お辞儀の実践】          【3名の講師によるマナー講座】        【進路指導主事の説明】