日誌

保育科「こどものくに 2020」

 保育科(3年生)による「こどものくに 2020」が行われました。

 例年は文化祭である「鴻女祭」において、保育科の学習成果の一環として「こどものくに」を公開し、一般のお客様(特に小さなお子さまなど)に楽しんでいただくイベントとなるはずでしたが、今年度は新型コロナウイルス感染症のため文化祭が中止となったことから、教職員及び保育科生徒(1、2年生)を対象とした校内公開の形で実施されました。

 保育科1、2年の生徒は、今回の3年生の学習成果としての「こどものくに」を見学し学んだことを今後の学習や実習に活かしてほしいと思います。そして、来年は2年生、再来年は1年生がこの「こどものくに」を企画・運営することになりますので、今年の先輩たちの取組みに負けない素晴らしいものを目指して、今後の学習活動をさらに充実させてくれることを期待しています。

 以下に写真をいくつか紹介しますのでご覧ください。

     ⇒ 

   【1. ♪はじまりはじまり~】         【2.まずは入口で説明&消毒です】      【3.天気工場内部を探検】

 

   ⇒

 【4.説明を受けながら工場内を進みます】        【5.天気製造機を修理します】                    【6.リトミックで体を動かします】

 

   

   【7.「天気の素」を集めます】                           【8.工場内の装飾です】                                          【9.工場内の装飾です】

 

   ⇒

 【10.手作りのおもちゃをもらいます】     【11.天気工場が直りました】       【12.ありがとうございました】 

 

 いかがですか? 実際にご覧いただけないのが残念です。

 新型コロナウイルスが終息し、来年の文化祭では「こどものくに」を一般の方々に公開できることを願っています。

 保育科3年生の皆さん、そして、ご指導いただいた先生方、とても素晴らしい発表ありがとうございました。