日誌

鴻女防災の日

 本日(3/23)は「鴻女防災の日」です。

 今から51年前の昭和46年3月19日、本校でガス爆発事故があり、事務職員1名が殉職するという事故がありました。本校ではこの日を「鴻女防災の日」と定め、殉職した職員の追悼とともに、教職員と生徒にこの事故の悲惨さを伝えることで、防災に対する意識を高め、二度とこのような悲惨な事故が起きないよう取り組んでいます。

 「鴻女防災の日」を通して、今後とも生徒・教職員の防災に対する意識をさらに高め、様々な防災や事故防止に努めてまいります。