校長室だより

大雨

九州から東日本の太平洋岸にかけて停滞する梅雨前線の影響で、各地で

雨が降っています。九州南部では大雨の影響で土砂災害の危険が非常に高まって

おり、気象庁は土砂災害や河川の増水などに引き続き注意するよう呼びかけています。

近畿や東日本でも局地的に非常に激しい雨になる恐れがあるとのことです。

これ以上大きな被害が出ないことを祈るばかりです。

 

生徒の皆さんは、自分の生活範囲内で、災害の際に危険になりやすい場所がどこなのかを

確認し、自宅の周り、登下校のときなど、それぞれの場所で災害に遭遇したら

どういう行動をとるべきかを事前にしっかりと考えてほしいと思います。

 

また、気象情報やニュース、あるいは各自治体から出される緊急情報など、
最新の情報を入手すること、そして様々な情報を総合的に判断して、身の安全を確保してください。