日誌

2017年11月の記事一覧

未来を拓く「学び」プロジェクト公開授業

生徒の学力向上を図る取組のひとつとして、東京大学と連携した「協調学習」を取り入れた授業研究を行っています。これは、生徒たちが主体的に学び合う学習方法で、11月22日()本校の教員6名が、「ジグソー法」と「反転学習」の手法で公開研究授業を行いました。
小・中・高・大学の先生や教育局、協力企業、
本校評議員の方など、多くの方々に参加いただきました。通常の講義・実技形式とは異なる学習理解が進んだり、創造力やコミュニケーション能力の育成につながります。
 

こうのす菓子まつりに参加

11月23日(木) ”こうのす菓子まつり” に茶道部と家政科学科の生徒が参加しました。                           
茶道部は「ひなの里」茶室で、抹茶と和菓子で 野点を行い、日頃練習をしている御点前で、来場者をおもてなしいたしました。
家政科学科は夏休みから地元「もみじや」さんと取り組んできた、新感覚和菓子 の販売を行いました。
商品化となった、「まるっとアニマル大福」「ハッピーようかん」「シナモン風味のバナナあんぱん」3種類の販売のほか、「カレーまんじゅう」は開発中商品として試食をしていただき、意見を集めて今後改良していくこととしました。午前中は雨模様でしたが、天気も次第に良くなり、多くの方にお買い求めいただき、完売することができました。生徒達の発想を商品として完成してくれた、もみじやさんと、販売の機会を与えていただいた、鴻巣市観光協会の皆様に感謝申し上げます。
  
 

PTA 5校対抗ソフトバレーボール大会

PTAの選抜2チームが、11月18日()行田グリーンアリーナで行われた、5校親善ソフトバレーボール大会に参加しました。
5校:鴻巣高 吹上秋桜高 北本高 進修館高 本校
2年ぶりの優勝をめざして、当日は午前中から練習してチーム力を高め試合に臨みました。両チームとも順調に勝ち上がり、準決勝では鴻巣高校のA・Bチームとの対戦となりました。ふたつの試合とも盛り上がる接戦となりましたが、惜しくも敗てしまいました。来年は優勝を目指します。
 

アクティブラーニング研修会

「アクティブラーニング」の授業が色々な場面で行われています。これは、出題された課題(課題)に、生徒同士が話し合いや意見交換を行ったり、自分で調べ、まとめたことを発表したりして、学びを深めていこうとするものです。本校では、未来を拓く「学び」プロジェクト事業に参加し、授業研究を進めています。
先日は研修会を行い、先生同士で学びを深めました。
11月22日(水)には、埼玉県教育委員会をはじめ、県内の小・中・高・大学の先生や協力企業の方等をお招きして、アクティブラーニングのうち、ジグソー法と反転学習の公開研究授業を実施いたします。

JICA国際協力出前講座

11月16日(木)、普通科3年生の選択授業「英語会話」の授業で、出前講座が行われました。JICA青年海外協力隊に参加、アフリカのマラウィに派遣経験のある講師の方をお招きして、マラウィの生活や文化、また、国際貢献について、写真や動画を使いながら話していただきました。

現地の言葉(チュワ語)でのあいさつや歌の紹介、持参いただいた布地服(チテンジ)の試着と普段の生活を実感できる楽しい時間となりました。