日誌

2021年12月の記事一覧

2学期終業式

 クリスマス・イブとなる、12月24日(金)、第2学期の終業式・表彰を行いました。

 2学期は緊急事態宣言下、分散登校や時差通学で始まった2学期でしたが、いろいろな制限を受けることが多い中でも、考えて、工夫すること今までにない新しい企画や運営方法を創り出し、修学旅行や遠足、球技大会、一般公開はできませんでしたが文化祭や体育祭など、昨年度実施できなかった学校行事が行えた学期でもありました。

 校長講話の中で、2学期に行った授業観察を通して、「学び」の大切さについてお話がありました。特に、高校時代の「学び」は社会の基礎となることが多いため、学校生活を自分の大切な時間にしてほしいという話がありました。

 そして、本校の先生方が授業を通して、生徒の皆さんに語り掛けた、次の7つの「言葉」を紹介しました。

(1) 忘れることはよくあること。忘れたらまた確認する。何度も繰り返して覚えればよいのです。

(2) ただ写すだけでなく、しっかり見て考えて書くこと。この教科とコラボしている教科も大事にね!いろんなことを関連させながら覚えよう。

(3) 生きている以上、避けられない苦しみはある。それをどう切り抜けるかが人生の課題なんです。

(4) 「正しい情報」とは、自分の目で見て、耳で聞いて、自分でしっかり調べてわかったことだよ。

(5) 出来なくても、間違っていても、取り組むそのチャレンジ精神が素晴らしいよっ!!

(6) 並び順を覚えればできますよね…ここ、ポイントです。ひとつひとつ着実に頭の中に入れておこう!それが「わかることへの近道」なんです。

(7) 学んだことを意識して生活すること。生活の中に活かしていってくださいね。

 いかがですか? 先生方の「言葉」を励みに、3学期も頑張りましょう!

 さて、最近、新たな変異株の感染拡大の影響も心配されています。引き続き気を緩めることなく、基本的な感染防止対策を徹底してください。3学期元気な皆さんと再開できることを楽しみにしています。良いお年をお迎えください。

 最後に、今年も残り僅かとなりました。保護者の皆様、地域の皆様には本年も鴻巣女子高校の教育活動にご協力いただきありがとうございました。来年もどうぞよろしくお願いいたします。

  

     【終業式の様子】              【表彰の様子】