校長室だより

2016年11月の記事一覧

ICTの活用

今日は、県内の家庭科の先生方の研修会が行われています。
先生方は、厚澤先生の家政科学科3年「ファッション造形」と
須田先生の保育科2年「子どもの発達と保育」の授業を見学。
両授業ともタブレットを活用した授業でした。
「ファッション造形」では、ジャケットのボタンホールの作成を行っていました。
生徒たちは、事前にボタンホールの縫い方のビデオを視聴し、
今日の授業に臨んでいます。
授業中もタブレットで縫い方を確認しながら、
とても丁寧に手縫い作業を進めることができたと思います。
「事前に映像を見ることで、今日やる作業がしっかり理解できました。」
「繰り返し何度も映像を見ることができるのでわかりやすいです。」と生徒たち。
中には、事前の視聴で縫い方を覚えてしまい、
今日は映像を見なくても縫えるようになっていた生徒もいました。

私もスマートフォンで映像を見てみましたが、
手元がアップで写っているので、作業工程がとてもわかりやすいと思いました。

今後、ICT活用はますます重要になってきます。
どのような活用が効果的なのか、先生方とともにさらに研究を進めていきたいと思います。

花と雛人形と笑顔

26日の土曜日、第34回鴻巣市青少年健全育成市民のつどいが
クレア鴻巣で開催されました。
今年は本校のチアダンス部がオープニングを飾らせていただき、
元気いっぱいに躍動感のあるダンスを披露いたしました。
チアの発表を見ていると、笑顔が弾けてこちらまで元気になってきます。
市民の皆様に元気をお贈りすることができたのではないかと思います。

今回の市民のつどいでは、
鴻巣市「のすっ子宣言」が各中学校代表生徒により発表されました。
の びのびとした心をもち、 す こやかな体をつくり、 
つ まずいてもくじけない のすっ子をめざした宣言です。
その後、作文の発表もありましたが、どの発表もとても立派なものでした。
中学生の力強さを感じる時間でした。
鴻巣はお花とお雛様の街ですが、
ぜひ、笑顔もあふれる街になることを願っています。

もうすぐ12月です。
保育科の3年生は、保育実習のお別れ会に向けて練習中です。
今年はどんな内容になるのか、私も今から楽しみです。

地域の力Ⅱ

昨日、鴻巣中学校で「鴻巣みまもりうんどう・オレンジリボン」贈呈式
を行っていただきました。
鴻巣市PTA連合さんが取り組まれているこの活動は、
シンボルに大人がオレンジ色のリボンなどをつけて
地域全体で子供たちを見守る活動です。
今回、本校もこの企画に参加させていただき、家政科学科や
生活委員の生徒が、オレンジ色の組紐風ストラップ400本を作成しました。
昨日は、わざわざ全校生徒とPTAの皆さんの前での贈呈式を
設定していただき、本当にありがとうございました。
当日の様子はトップページを御覧ください。

本校は、日頃より地域の方々にお世話になっています。
今後とも地域の方々には、本校の教育活動に御協力いただくとともに、
生徒たちも地域の力になれるよう努力していきたいと思っています。
お互いに助け合いながら、魅力ある地域となることを目指して…

地域の力

昨日のお菓子祭りは大盛況でした。
お天気があまり良くなく寒かったので、ちょっと心配していましたが、
「ひなの里」はあふれるほどのお客様。
茶道部の生徒たちも時間を早めてのお点前に大忙しだったようです。
地域の方々と触れ合うとても良い機会をいただきました。

今日は、この時期としては54年ぶりの初雪。
校長室からの雪景色は、とても素敵ですが、
この後の交通機関の乱れや積雪による事故等のないことを願っています。

さて、午前中は学校評議員会が行われました。
評議員の皆様には、授業観察をしていただくとともに、
より良い学校運営に向けて、貴重なご意見をいただきました。
本校の強みを再認識し広く発信していくとともに、さらなる改善を目指して
頑張っていきたいと思います。

地域の皆様のご支援ご協力により、生徒たちは大きく成長しています。
お世話になっている皆様に心から感謝したいと思います。

お菓子の魅力

また、今朝大きな地震がありました。
今のところ大きな被害は報告されていないようですが、
改めて、いつ何が起こるかわからないので、
危機管理が大切だということを強く感じました。

さて、以前お知らせしましたように、
明日、鴻巣市産業観光会館ひなの里で「お菓子まつり」が開催されます。
お菓子の手作り体験や、実演販売、餅つきなどが行われます。
〇午前10時~午後3時  雨天決行

本校の茶道部の生徒による野点もあり、
美味しいお菓子を食べながら、様々な体験ができそうです。

本日の埼玉新聞にも掲載されていますが、
鴻巣菓子工業組合さんと鴻巣市観光協会との共催のイベント。
洋菓子や和菓子など、様々なお菓子の魅力を知ることができそうです。

放課後に

11月も中旬、日がずいぶん短くなってしまったこの頃です。
寒さも増してきましたが、生徒たちは放課後も頑張っています。

ダンス発表会の練習をする3年生。
技術検定の補習をする家政科学科の生徒。
保育科の3年生は保育実習のお別れ会の練習です。
生徒会の生徒たちは、役員改選にむけての準備。
もちろん、各部活はいつものようにそれぞれ活動中です。

何でも自分たちで頑張らなければならない女子校ならではのパワー。
本校では、その力を発揮する場面がたくさんあります。
そして、それぞれの場面で期待以上に活躍をしてくれる生徒たち。
生徒たちの力を十分に伸ばし、その力を十分に発揮することができるよう
これからもそんな学校づくりを進めていきたいと思っています。

気づき

昨日のホームプロジェクト発表会では、
各クラスの代表の生徒が素晴らしい発表をしてくれました。
家庭科で学んだ知識や技術を活用して、
自ら家庭生活の課題を発見し、その解決に向けて計画を立てて実践する取組。
どの生徒も家族のことを思い、実践した取組をわかりやすく発表してくれました。
きっと取組を進める中で、家族の絆も深まったことと思います。

さて、11月は授業見学を積極的に行っています。
先生方の授業を見学していると、私も勉強になることが多くあります。
掲示物を活用したり、板書を工夫したり、
グループワークを取り入れている授業もあります。
今日の実験を取り入れた授業では、
生徒たちから「へーそうなんだ。」「すごーい。」などといった
気づきの発言がたくさんありました。
多くの生徒が興味をもって授業を受けている様子がよくわかります。
今後も生徒が主体的に学ぶことのできる授業を目指していきたいと考えています。

学んだ知識技術を生かして

今週は、家政科学科の授業でプロフェッショナルに学ぶ授業が行われています。
今回は専門学校の先生による和菓子の特別授業です。
練り切りでは紅葉と絞り菊を、さらにどら焼きを御指導いただきました。
プロの講師の先生による専門性の高い授業を受け、
生徒たちはいつも以上に生き生きと、積極的に取り組んでいる様子です。
私も少し試食させていただきましたが、
彩りもきれいで、とても美味しくいただきました。

さて、午後からは、1年生のホームプロジェクト発表会が行われます。
このホームプロジェクトとは、家庭科で学んだことを生かして、
各自の家庭生活の課題を見つけ、自ら計画を立て実行する課題解決型の学習です。
全ての学科の1年生が、この夏この課題に取り組みました。
今日の発表会では、各クラスの代表の生徒が発表します。
どんな取組を発表してくれるのか楽しみです。

魅力的な授業を

今日の午後は公開授業が行われました。
本校は、以前よりお知らせしているように
県の「未来を拓く学びプロジェクト」の研究開発校として
4教科6名の教員が中心となり授業改善を進めています。
さらに、今年は「近未来学校教育創造プロジェクト」事業の指定を受け
タブレットが配置され、反転学習の研究も行っています。

公開授業には、高校の先生方だけでなく、大学、企業、そして中学校の先生方まで、
お忙しい中、お越しいただき本当にありがとうございました。
今日は数学と家庭科(保育と被服)の授業を公開しましたが、
生徒たちはよく活動していたと思います。
研究協議も大変有意義なものとなりました。
皆さんからいただいたご意見等を参考にしながら
さらに授業改善を進め、魅力的な授業を創造していきたいと思います。

女性の活躍

改修工事現場見学会に参加してきました。
大宮工業高校の女子生徒さん対象の説明会に引き続き、
本校生徒対象にした説明会です。
はじめに工事現場に入れていただき見学させてもらいました。
生徒たちは、体育館の屋根や天井近くまでのぼらせていただき、
丁寧な説明を受けることができました。
本校の現場には、女性専用トイレも設置されています。
実際に現場で働いていらっしゃる女性にお話を伺うと、
危険なこともなく、とても働きやすいとのこと。

建設業は男性の職場というイメージでしたが、
最近では女性の就業者も増えていて、様々な職種で頑張っているそうです。

女性の活躍が大いに期待されています。
生徒たちにも将来自立した女性として、
様々な職種で生き生きと活躍してほしいと願っています。