部活動情報

2015年10月の記事一覧

花丸 バスケット部 練習試合・合同練習

 10/24()は白岡高校と練習試合を、25()は鴻巣高校と合同練習を本校にて行いました。

 両校とも新人戦において、県大会を目指すチームのため本校もテスト明け間もないコンディションではありましたが大変有意義な時間となりました。練習試合でのテーマは、「怪我をしない」ことでした。『怪我も実力のうち』といった言葉を耳にした方もいると思いますが、怪我をしないプレーを選択することも良い選手へのプロセスかと思います。この日は体が思うように動かなかったり、シュートタッチ等でボールの感覚と久々の実戦で、体に良い刺激が得られたのではないでしょうか。

合同練習では、「頭を使って体を動かす」のテーマで汗を流しました。鴻巣高校は今夏の県北大会で地区準優勝した強豪チームです。そういったチームと練習を共にし、相手をしてもらうことで普段の自分達だけでは得られない声や発想、意識といったものを本校生徒が感じてくれていることを願っています。

 2年生の修学旅行が終われば、あっという間に新人戦が始まります。新チームとなって約半年の成果を見せる大会です。個人でなく、鴻巣女子高校として結果を出せるよう選手は練習から頑張りましょう。

 練習試合・合同練習をしていただいた両校の先生・選手の皆さん、ありがとうございました。

チアダンス部10月活動報告


こんにちは!チアダンス部Preciousです!

10月の活動報告です。

10月7日(水)は本校実習棟で行われた

JICAブラジル貧困層への教育支援研修にて演技を披露しました。

ブラジルからのお客様にも大変喜んでいただきました。

10月17日(土)は創立50周年記念式典アトラクションにて演技を披露しました。

1、2年生ともにプロの照明の下、大ホールで踊るのは初めてでしたので貴重な経験となったと思います。

アトラクションでは今回初披露となる次の大会用の曲も踊りました。

生徒は時間がない中で、振り入れ・練習とよく頑張ったと思います。

式典にお越しいただいたご来賓の皆様、旧職員の皆様にもお褒めの言葉をいただき

大変うれしい限りです。ありがとうございました。

本校チアダンス部伝統の「トゥルル」も披露しました!

そして、10月24日(土)はコスモスアリーナふきあげで行われた

鴻巣市コスモスフェスティバルにて演技を披露しました。

コスモスフェスティバルはここ数年毎年呼んでいただいているイベントで

生徒も楽しみにしているイベントの1つです。

コスモス畑にて。天候にも恵まれました!
 

次の大会は11月16日(月)の高文連主催

マーチングバンド・バトントワリング大会です。本校はポンポンの部に出場します!

更にパワーアップした演技ができるように練習に励んでいきたいと思います。

応援よろしくお願いします。


総合教育センターの皆様

式典にお越しいただいたご来賓、旧職員、保護者の皆様

応援してくださった生徒の皆さん、先生方

クレアこうのすのスタッフの皆様
コスモスフェスティバル実行委員の皆様

ありがとうございました。


これからも応援よろしくお願いします。

Go! Precious! We are NO.1!!

ニヒヒ バスケット部 練習試合・新人戦組み合わせ

 10/3()に深谷第一・東京農大三と練習試合を行いました。前日に抽選会を終えて、各校大会モードでの試合となり熱の入った時間となりました。本校は1ヶ月に及ぶWカップを経験し、成長した部分を垣間見ることができたと思います。午前中で相手にやられた点を修正し、午後は自分達の良い流れに持って来ることが出来ました。ただし、新人戦はトーナメント戦ですので負けたら終わりの一発勝負です。練習試合とは違い、40分間で内容の修正をして、その試合や相手にアジャストしていかねばなりません。選手だけでなく、顧問自身も勉強していかないといけないと再認識させられた1日でした。

 練習試合をしていただいた、各学校の先生方と選手の皆さん、応援に足を運んでいただいた保護者の方々、ありがとうございました。

さて、先にも書きましたが、10/2()に北部地区の抽選会が行われました。本校の試合の予定は下記の通りとなっています。是非とも会場に足を運んでいただき、選手の戦う姿勢を見てあげて下さい。

1回戦 11月14日(土)第1試合 9:30~

vs 本庄東高校(@深谷商業高校)

2回戦 11月15日(日)第1試合 9:30~

vs 滑川総合高校(@本庄高校)

3回戦 11月21日(土)第1試合 10:00~

vs 未定(@シルクドーム)

※ご来場の際は公共交通機関をご利用ください。


   

  練習の様子です。新人戦に向けて頑張ってます!!

 

 

 

笑う バスケット部 Wカップ③・④

 9/22()27()に春日部女子高校と浦和第一女子高校を会場にWカップが行われました。本校の対戦相手は、松山女子・熊谷女子・秋草短大高校・久喜の4校です。まず、対戦チームを見ての感想ですが、『上手い!』そしてやはり、『大きい!』加えて『粘り強い!』の3点です。
 
1ヶ月に及ぶ交流大会も最終日となり、各チーム10月からの地区予選やその先に県大会を見据えての戦いをしていました。鴻巣女子の選手もこの1ヶ月を通して大きく成長してくれたと思います。しかしながら、本校が目標とするものが、現状では達成することが困難だと思われる今大会の結果。先に書いた『粘り強い!』強いチームには必ずこれが備わっています。高校バスケットの名門である桜花学園、能代工業は必ず試合終盤や接戦で相手や弱い自分に負けない強さを持っています。
 新人戦までの
1ヶ月(10/2に抽選会です)で技術面や体力面で大きく成長する選手もいると思いますが、鴻巣女子高校というチームとして声を出しながら『粘り強い!』バスケットを展開できるようこれからの練習に励みたいと思います。選手の諸君、新人戦まで時間はあるようで無いです。(テストや修学旅行などなど)目標達成の為に全員で頑張ろう!

 Wカップの企画・運営等々の諸業務をやっていただいた春日部女子高校の雪野先生、審判をしていただいた日本女子体育大学の方々と各バスケット連盟の方々、会場まで足を運んでいただいた保護者の方々、そして今大会で試合をしていただいた先生方と選手の方々、1ヶ月間本当にありがとうございました。

   
※写真は春日部女子高校会場での試合前の練習、試合前の集合の様子です。


W
カップ参加校が1校でも多く、新人戦の県大会のコートに立てるように頑張りましょう!!


ニヒヒ バスケット部 練習試合

9/21()に滑川総合高校、新島学園高校(群馬県)と練習試合を行いました。文化祭を前日に終え、生徒の気持ちと体力は万全ではなかったと思います。その中でも、今の鴻巣女子高校に出来ることを何とかやろうとした1日となりました。出来たか、出来ないかは別になりますが・・・・

滑川総合は地区大会でもよく顔を合わせるチームであり、ガード陣の敏捷性や個人技は本校もお手本にしたいところがいくつもあります。新島学園はバスケットの能力が非常に高い選手を有しながらも、そこに頼ることなくチームとして戦う姿勢があり『高校バスケット』の代名詞だなと感じました。機会があれば我々が群馬へ足を運び、練習試合をお願いしたいと強く思わせてくれるチームです。

練習試合をしていただいた先生方・選手の皆さん、応援に来ていただいた保護者の方々ありがとうございました。