部活動情報

2015年12月の記事一覧

ニヒヒ バスケット部 ワークアウトin春日部女子①

 年末3日間は春日部女子高校と合同で汗を流してきました。タイトルに「ワークアウト」と書かれていますが、通常の練習だと思っていただければかまいません。初日である27日は、バスケットボールに必要な『トレーニング』『栄養』について講義を交えつつ、頭をフル回転し勉強してきました。

午前中から午後までは、今泉氏(バスケット埼玉国体成年男子帯同トレーナー、元曙ブレーキバスケット部トレーナー)を招き日本のトップ選手が実践するトレーニングを体感してきました。トレーニングと聞いて連想するのは、重りや器具を使ったりするものだと思います。しかし、それは我々の思い込みであり、本日は一切の器具を使わず『自重』によるトレーニングでみっちり体をいじめてきました。なぜこのトレーニングをするのか?ということを選手が理解しながら行ったので、今後の練習で今日の内容が生きてくることを願うばかりです。

  
↑トレーニングの様子です。写真はほんの一部なので、これ以外に辛い?メニューが数多くありました。


 鴻巣女子高校の選手は、日常で取り組んでいるトレーニングの内容がいくつかありました。ですが、違う指導者から教わること、他校の選手と一緒にするといった環境の変化で普段とは違った刺激を数多く得る時間となりました。

その後は会場を移し、㈱明治より管理栄養士の方を招いて栄養講習が行われました。この講習内容は、練習後のリカバリー(回復)に必要な栄養補給の方法や、その種類とタイミングについてです。普段なんとなく食べている食事も、意識を変えれば練習の一部!と思える講義の内容。選手の意識改革にもってこいの時間となりました。『食べない選手は上達しない』トップ選手の食事内容の画像を見て、食べることの重要性が講義前と後で変化したことは言うまでもありません・・・

 ←栄養講習の様子です。食事に対する意識が変わってくれれば良いのですが・・・

 


 

 

人形劇部がクリスマスの訪問に行きました


人形劇部では、例年、期末考査後にクリスマスの訪問に行きます。
今年は、19日(土)に鴻巣常光公民館、20日(日)に鴻巣児童センター、そして今日25日(金)は、北本子育て支援センターを訪問しました。

鴻巣常光公民館

鴻巣児童センター

北本子育て支援センター:発表の他に参加された方々とトーンチャイムの演奏を行いました。

手作りのカードをプレゼントしました。

訪問先では、子どもたちや保護者の方に楽しんで頂きました。
また、子どもたちの笑顔や「ありがとう」の言葉は、部員たちにとって最高のクリスマスプレゼントになりました。
訪問でお世話になったみなさん、ありがとうございました。

華道部活動報告☆

メリークリスマス♪

華道部では今年最後の部活動でクリスマスの飾りを製作しました!



ヒイラギを土台にとめて靴下やリース、ハートそれぞれの形に仕上げました。
普段と違った作業に戸惑いながらも、一生懸命製作しました。


それぞれの個性がでていてどれも素敵です☆
サンタさんもこれを見て喜んでくれると思います♪

ひらめき バスケット部 合同練習・練習試合

 12/19()は熊谷荒川中と合同練習を、12/20()は鴻巣高校・本庄第一高校・大宮武蔵野高校を招いて練習試合を行いました。

荒川中とは先月にも合同練習をしており、今回が2回目になります。カテゴリー(年代)は違いますが、バスケットボールにおける基礎技術の重要性を改めて感じる時間となりました。ボールのもらい方、パスの出し方等々・・・普段の練習で何気なく(本当は良くないのですが)やっていることを強調したり、試合を想定したりすることで練習の効果が2倍にも3倍にもなっていきます。そして、中学生には『バスケットボールの楽しさ』を感じてもらえたらと思っています。また、一緒にバスケットをやりましょう!

   

↑合同練習の様子です。隣のコートではバレーボール部が活動しており、体育館に活気が満ちていました!



 練習試合では、今取り組んでいる『距離の長いパスを前に出す』『ボールを持った選手の
1on1』をテーマに取り組みました。加えて、北部地区2位の鴻巣高校と初めて試合をすることができ、改めて自分達の現在位置を再確認できたと思います。時間の関係で、各選手のプレイタイムは満足に取ることが出来ませんでした。そういった中で、今回のテーマに沿ってバスケットが出来た選手と、残念ながら今回はそうではない選手が見られました。チームとして取り組んでいることなので、もう一度全員で統一意識を持ち今後の冬休みを過ごしたいと思います。『これぞ鴻巣女子高校!!』といわれるようなバスケットを目指していきます!!

練習試合をしていただいた先生方、選手の方々、応援に足を運んでいただいた保護者の皆様ありがとうございました。


 

笑う バスケット部 合同練習・練習試合

 11/28()は熊谷荒川中と合同練習を行い、11/29()は東松山松山中と練習試合を行いました。 新人戦が終わり一息ついていた本校ですが、中学生とのバスケットを通じて新たな刺激をもらえた2日間となりました。

 合同練習では『パス』をメインテーマにし練習に汗を流しました。新人戦後は本校もこのテーマで練習しているため、部員達は普段教えられている事を、中学生に教える立場になります。教えあい・学びあいが生徒間で促され、普段の練習以上に理解・効果が深まったのではないでしょうか。中学生も高校生との合同練習で、普段は得られない刺激をもらえていれば、今回の合同練習が両校にとって良い時間になった事は言うまでもありません。

 松山中との練習試合では、テーマである『パス』に重点を置き試合に臨みました。実戦形式は新人戦以来なので、ぎこちなさには目をつむりつつ、テーマにそって選手はバスケットをしていたと思います。中学生のスキルの高さにも目を引かれながら、生徒は今のテーマを自覚しミスをしながらも、与えられたプレイタイムで積極的にバスケットに取り組んでいました。

 テスト休みを挟み、年末には他校にて合同合宿を行います。次の大会までは時間があるので、細かくテーマ(目標)を設定し、選手のモチベーションや技術・体力の向上に励んでいきます!

 合同練習・練習試合をしていただいた両校の先生方、選手の皆さん、本校に足を運んでいただいた保護者の皆様、ありがとうございました