校長室だより

2018年1月の記事一覧

おむすび

今日は「防災とボランティアの日」です。
1月17日は、阪神・淡路大震災が発生した日ですが、
学生を中心にボランティア活動が活発化し、
これをきっかけにボランティア活動への認識が高まりました。
災害への備えの充実を図る目的で
「防災とボランティアの日」が制定されたそうです。

さらに、今日は「おむすびの日」にもなっています。
災害で食べるものもない大変な状況の中、
ボランティアによる炊き出しのおむすびに多くの方が助けられ
励まされたことから、いつまでもこの日を忘れないよう記念日となったそうです。
  
災害の恐ろしさと命の大切さ、そして人々のあたたかさ。
様々なことを改めて思う大切な日。
「おむすび」は、相手を思いながらむすぶ、心と心を結ぶ食べ物。
これからも大切に伝えていきたいものです。

学習の集大成

先日、保育科の3年生がピアノの発表会の
招待状を持ってきてくれました。
保育科では、毎年1月末にピアノとリトミックの発表会を実施しています。
ピアノの発表会は、生徒の司会進行によりクラスの代表者が演奏発表をします。
今年は27人が演奏を披露してくれるそうです。
また、リトミック発表会では、課題研究でリトミックを選択している生徒による発表です。
今年はどんな発表があるのか、今から楽しみにしています。

さらに、3年生普通科の芸術では、毎年芸術発表会を行っています。
本校の普通科では3年生まで芸術選択があり、
3年間の学習成果を、音楽・美術・書道それぞれが発表しあいます。
こちらも毎年、すばらしい作品や演奏があるので、とても楽しみです。

3年生は、いよいよ学習のまとめの時期。
3年間の集大成として、残りの高校生活をしっかりと過ごしましょう。

心からの応援

先週の土曜日は、今年度最後の学校説明会がありました。
大変寒い中、お集まりいただきました中学生と保護者の皆様、
ありがとうございました。

1月も中旬となり、受検生はラストスパートです。
インフルエンザも流行り始め、
不安になったり、心配になったりすることもあるかと思います。
でも、受検生はみんな同じ。
どうぞあせることなく、最後まであきらめることなく
頑張ってほしいと思います。
受検当日まで、まだまだ伸びる皆さんの力。
規則正しい生活と栄養のとれた食事で
受験勉強を乗り切ってほしいと、心から応援しています。

今後は、個別相談会が予定されています。
予定されている日程以外でも受け付けますので、
直接お電話でお申し込みください。

ワンワンワン

昨日は、1月11日でワンワンワン。
まさに戌年らしい日でした。
進化したAI搭載の犬型ロボットが発売されました。
愛らしい瞳とリアルな動作は、
本当に生きているようです。

日々進化するAI。
科学技術の進歩はめざましいものがあります。

11と言えば、サッカーの三浦選手。
やはり昨日、現役続行を発表したそうです。

50代でもなお、現役での活躍は素晴らしいことです。
本校も今年53年目となりますが、
オンリーワン‼の学校を目指して、
さらに頑張りたいと思います。

バッジの思い出

先日、保育科の3年生が保育所実習で子供たちに渡すバッジを
持ってきてくれました。かわいらしいペンギンのバッジ。
これで保育所実習のバッジは3個目となります。
以前、本校に附属幼稚園があった時には、
生徒たちは年間を通して附属幼稚園での実習を行っていました。
実習があるごとにバッジをプレゼントしていたものですから、
子供たちはたくさんのバッジを帽子やかばんにつけていたことを
懐かしく思い出します。
昨日、市内の3つの保育所での実習がありましたが、
保育科のお姉さん先生は、みな笑顔で学校に戻ってきました。
充実した貴重な時間を過ごすことができたようです。
お世話になった保育所の先生方には心から感謝申し上げます。
2回目の保育所実習は、また来週予定されています。

全てのことに意味がある

うれしいお知らせが届きました。
「JICA国際協力高校生エッセイコンテスト2017」において、
昨年に引き続き、本校が学校賞を受賞しました。
さらに、保育科2年の新井さんがJICA東京国際センター所長賞を受賞しました。

本コンテストには、全国の高校生31,685作品の応募があったそうで、
その中での受賞は、とても素晴らしいことだと思います。
新井さんのエッセイの題名は、「世界の人々と共に生きるために」
私も先日そのエッセイを読ませてもらいましたが、
JICAの出前授業で勉強したエチオピアにおける保育の現状から
学んだことが綴られていました。
異文化や価値観の違いを理解し、恵まれた環境の中で
不自由なく暮らせることに感謝することが重要であること
全てのことに意味がある・・・というJICAの言葉に強く心打たれ、
いつか自分も誰かの心を動かせるような保育者になりたいと
力強い言葉でまとめてある素敵なエッセイでした。

戌年に

3学期がはじまりました。
冬休み中は大きな事故等なく、無事に3学期を迎えられることを
うれしく思います。
年末年始は有意義に過ごすことができたでしょうか?
今年は戌年です。
犬は、嗅覚が人間の一億倍、聴覚も4~6倍などと言われており、
その能力を生かして、警察犬や盲導犬など様々な分野で活躍しています。
もちろんかわいい犬に、癒やされるという人も多いことでしょう。
戌年の今年、ぜひ様々な感覚を研ぎ澄ませ、
あふれる情報社会の中で、正しい判断ができるよう努力していきたいものです。

室内に飾ってある紅梅・白梅の花が開きました。
凛として高貴な、小さくても力強く咲く梅の花に
今年が笑顔あふれる充実した一年となりますようにと願いながら・・・

寒さ厳しく

今日は暦の上では、小寒です。
寒の入りと言われ、いよいよ寒さが一層厳しくなる時期です。
冬至と大寒の中間で、小寒から節分までを寒の内と言います。

まさに、今日は厳しい寒さ。
学校も廊下に出ると凍えてしまいそうです。
そんな中、今日も多くの生徒たちが部活動に励んでいます。

来週から3学期がはじまります。
3学期はとても短いですが、3年生は卒業に向けて
2年生は延期となっている修学旅行もあり、あわただしい学期となりそうです。
生徒の皆さん、準備は大丈夫でしょうか?

あっという間に過ぎてしまう日々、大切なことを忘れてしまわないように
一日一日を丁寧に過ごしていきましょう。

梅の花に

明けましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

仕事始めの今日、楽しみにしていたことの一つは校門前の梅の花。
昨年は、あたたかなお正月でしたので、紅梅に迎えられて一年がはじまりました。
寒さ厳しかった今年はまだだろうと思っていたのですが、
梅の木を見上げてみると・・・数輪咲いていました。
寒さの中、凛として、でもかわいらしく咲く紅梅です。
今年も頑張れと、小さな花から強ささえ伝わってきます。

今年のお正月は、年末にいただいた赤かぶと白かぶを
梅の形にして甘酢漬けにしていただきました。
とてもシンプルで簡単な料理ですが、心も身体も癒やされる一品となり、
一年のはじまりに、パワーをもらったような気がします。